2017年10月15日 (日)

東北本線黒磯-新白河間の車両変更

平成29年10月14日に、JR東日本でダイヤ改正がありました。

全社的な改正ではなく、首都圏各支社(水戸支社が中心で八王子支社は対象外)および仙台支社の一部が対象になっています。メインは常磐線(品川乗り入れの増発)および東北本線の黒磯-新白河間の車両運用変更になるものと思います。ここでは、東北本線黒磯-新白河間の車両変更についてお伝えいたします。
従来は、黒磯駅構内が直流電化と交流電化の境目として機能してきましたが、施設老朽化(黒磯以北の交流電化は昭和34年)もあり、黒磯-高久間に死電区間(デッドセクション)を設けるように変更されます。そのため、従来黒磯駅に乗り入れていた、(719系、701系、E721系)交流電車の黒磯駅発着ができなくなります。
Sdsc06255
東北本線黒磯-郡山間輸送体系の変更の告知文です。一部を除き、新白河駅において列車の乗り換えが必要になる旨の文章があります。今回のダイヤ改正から、東北本線黒磯-新白河間では、E531系交直流電車およびキハ110系気動車を使用するように変更されました。
Sdsc06279
新白河駅改札です。右側の自動改札が、新幹線の改札です。左側の通路が、在来線の改札です。在来線側は自動改札ではありません。またSuicaエリア外でもありますので、Suicaなどの交通系IC乗車券の利用もできません。エリアまたがり(黒磯-郡山間をSuicaで乗車するなど)もできませんのでご注意ください。
Sdsc06503
新白河駅のプラットホームへの階段です。6番線は黒磯・宇都宮方面、7番線は白河・郡山方面になっています。新白河駅では、従来の6番線(列車運行図表上のホームは中線)を南北に分断して、南側を6番線、北側を7番線とするように変更されました(従来の7番線は8番線に変更)。つまり、6番線ホーム(列車運行図表上のホームは中1)は黒磯側からの折返しホーム、7番線(列車運行図表上のホームは中2)は郡山側からの折返しホームということになります。
基本的には、6番線あるいは7番線から旅客列車の発着が行われると考えてもいいと思います。
Sdsc06520
新白河駅ホームです。手前の車両が停車している場所が7番線ホームで、向こう側に停車している車両がある場所が6番線ホームです。同一ホームでの乗り換えではありますが、隣(脇)に停車しているわけではありませんので、列車の乗車位置によっては、それなりの距離を歩く必要がある場合が出てきます。(黒磯・郡山方双方とも)新白河行きの列車では、進行方向前側に乗車すると、多少は新白河駅の乗り換えが楽になるということになります(当然のことながら、その場所が混み合うことにもなります)。ダイヤ改正初日ということもあり、新白河駅社員、仙台支社社員が案内人として待機しています。
Sdsc06501
通常は5番線ホーム(列車運行図表上のホームは上り本線)への通路は、画像のように行くことができないようになっています。なお、5番線から発車する旅客列車自体が存在しないわけではありませんので、その際には、もちろん通ることができるようになっています。
新白河駅5番線から発車する旅客列車は、以下の列車です(すべて黒磯行き)。
・5時23分(4120M)
・9時54分(4130D)
・22時26分(4154M)
そのため、新白河駅を同一ホームで乗り換えることができないパターンは、以下の2とおりとなります(上り列車のみ)。
・2132M(新白河着9時43分)から4130D(新白河発9時54分)に乗り換える場合
・2160M(新白河着22時09分)から4154M(新白河発22時26分)に乗り換える場合
Sdsc06615
画像は、新白河駅5番線ホームから撮影した画像です。
左側の列車は2132M(藤田発新白河行き、701系4両編成)で、右側の列車が4130D(新白河発黒磯行き、キハ110系2両編成)です。
新白河駅で同一ホームで乗り換えできない場合として掲載しましたが、このパターンのみ注意すればよいのではないかと思います。もう一つの、同一ホームで乗り換えできないパターンは、深夜帯の(黒磯から宇都宮方面の列車がない)ため、利用客がかなり少ないものと想定できるためです。
Sdsc06305
画像は、新白河駅8番線ホームにある、白河行き列車乗車口です。新白河駅8番線(列車運行図表上のホームは下り本線)から発車する旅客列車は23時24分発の4155M(最終列車)のみです。該当列車が1本しかないこともあって、白河方面ではなく、白河行きのような表記になっています。
Sdsc06529
画像の列車は4128Mです。E531系5両編成が使用されています。
E531系は勝田車両センター(水カツ)所属で、本来は常磐線・水戸線で運用されている車両ですが、今回のダイヤ改正から、東北本線の黒磯-新白河間にも使用されることになりました。この場合、小山-黒磯間は回送列車としての運用になります。なお、この区間を運用するE531系は準耐寒耐雪仕様の3000番台を使用しています(平成28年度までに7編成が落成していますが、それ以降の増備があるのかもしれません)。
なお、セミクロスシート車両は黒磯方3両(3~5号車)にあり、トイレは新白河方(1号車)にあります。水戸線を介して、水カツに出入区する運用になっているため、号車番号は他の東北本線の列車と逆順になっています。
Sdsc06570
画像の列車は4130Dです。キハ110系2両編成が使用されています。
キハ110系は郡山総合車両センター郡山派出所(仙コリ)所属で、本来は磐越東線で運用されている車両ですが、今回のダイヤ改正から、東北本線新白河-黒磯間にも使用されることになりました。この場合、郡山-新白河間は回送列車としての運用になります。
この列車も、郡山駅から回2130Dとして新白河駅まで回送され、ここで旅客列車になります。
Sdsc06310
画像は、新白河駅6番線ホームにある、黒磯方面列車乗車口です。5両乗車口はE531系、ワンマン・2両乗車口はキハ110系の乗車口です。なお、2両編成ではワンマン運転が行われるようです。
Sdsc06617
白坂駅です。向こうに作業員のような姿が見えますが、「乗車口」をホームの床に貼り付ける作業をしているようです。
Sdsc06565
豊原-白坂間に大宮支社と仙台支社の境界があります(栃木県と福島県の県境は、ここより若干黒磯寄りにある、黒川橋梁)。
Sdsc06635
黒磯駅4・5番線ホームから1番線側を撮影しています。右側の気動車が新白河からの列車で、奥に見える電車が宇都宮方面への列車です。
Sdsc06551
これも黒磯駅4・5番線ホームから1番線側を撮影しています。右側の電車が新白河からの列車で、奥に見える電車が宇都宮方面への列車です。なお、黒磯駅における、新白河方面へ(から)の列車は、基本的には、4・5番線ホームから発着しますが、4143M(黒磯16時22分発)のみ、2番線から発車しますので、注意が必要です(宇都宮駅から回4643Mで送り込むためと思われます)。
10月14日以降、黒磯-郡山間の乗車は、新白河駅で乗り換えが行われます。クロスシートに座りたい側からすると、(黒磯-新白河間に関しては)メリットがあるといえますが、乗り換えおよび結果的に所要時間がかかるため、接続の悪さが目立つようになっています(黒磯-新白河間2往復減便になっています)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

小幌駅

先日、小幌駅に行ってきました。

Dsc05272_640

上り列車から撮影した新礼文華山トンネルです。「小幌」の表記があるように、このトンネルを出ると、小幌駅に到着します。

Dsc05274_640

新礼文華山トンネルを出て、小幌駅に到着します。既に列車に向かって撮影している人々がいました。

 

Dsc05277_640

秘境駅として有名な駅のようですが、割に大量下車がありました。

Dsc05280_640

上り列車が発車しました。

Dsc05293_640

およそ10分後に特急列車が通過しました。

Dsc05304_640

小幌駅の上り時刻表および運賃表です。1日5本のみ列車が停車するようです。

Dsc05299_640

駅の海側には道路(というよりも通路)がありました。この駅には自動車で来るのは不可能のようです。

Dsc05301_640

先を行くと、このようになっています。夜間の歩行は遠慮した方がよいと思われます。

Dsc05302_640

少し行くと、このような案内表示がありました。岩屋観音・小幌洞窟の文字が見えます。

Dsc05284_640

小幌駅の下り時刻表および運賃表です。1日3本のみ列車が停車するようです。上りと下りの本数が異なるように見えますが、実際には、普通列車でも小幌駅を通過する列車があることと関係があるようです。

Dsc05316_640

小幌駅下りホームにある駅名標です。右下に箱のようなものが見えますが・・・

Dsc05317_640

駅ノートと周辺案内の文字が見えます。

Dsc05286_640

箱の中には、硬券入場券を模した「小幌駅来駅記念」の入ったものが用意されていて、黒色の部分は磁石になっていて、数字を貼り付けて、記念撮影等に活用できるようにしてありました。

Dsc05288_640  

裏面には、画像にあるような説明書きがしてありました。

Dsc05321_640

小幌駅ノートがありました。旅行者等が記念に書き残せるようにできる配慮が為されていました。

Dsc05324_640    

ノートには、画像にあるような言葉が書かれていました。

Dsc05322_640

簡易列車運行図表も用意されていました。

Dsc05328_640

このような「観光案内」も用意されていました。

Dsc05326_640    

最後にこのような言葉が書かれていました。

とって良いのは写真だけ、残して良いのは足跡だけ、です。
Dsc05340_640
しばらくすると、下り列車が来ましたので、乗車しました。   

小幌駅の時刻は以下のとおりです。(普通列車始発時刻前をのぞく)撮影可能時間と思われる時間帯のみ掲載しています。なお、通過列車の時刻は推測です。

下り列車
477D:7時09分
3057:7時19分
5001D:7時51分
8009:8時42分
2051:8時54分
479D:9時16分(小幌停車)
5003D:9時44分
3091:10時15分
3059:12時00分
5005D:12時10分
485D:13時40分
5007D:13時56分
3067:14時20分
5009D:15時28分
487D:15時40分(小幌停車)
3065:16時03分
5011D:16時40分
3051:17時09分
491D:17時55分(小幌停車)
99:18時27分
3063:18時40分
5013D:18時49分

上り列車
470D:7時14分(小幌停車)
472D:8時41分(小幌停車)
5002D:8時45分
5004D:9時38分
5006D:10時47分
474D:11時35分(小幌停車)
3084:11時56分
5008D:12時25分
5010D:14時16分
3056:14時25分
478D:15時12分(小幌停車)
94:15時28分
2050:15時49分
5012D:16時41分
480D:17時43分
5014D:18時51分
8010:19時00分
482D:19時12分(小幌停車)

上記列車の他に、臨時列車(貨物列車を含む)が運転されることがあり得ますので、撮影等にはご注意ください。

10月で廃止されると言われている小幌駅ですが、現時点でJR北海道の公式発表はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

留萌本線の留萌-増毛間廃止決定

JR北海道は、8月10日、留萌(るもい)本線の末端区間である、留萌-増毛(ましけ)間を、平成28年度中に廃止することを正式に発表しました。

廃止の理由としては、以下のことを挙げています。

・乗車人員(居住民)の減少

・防災(減災)にかかる多額の費用

・沿線の路線バスの存在

これにより、留萌本線の留萌-増毛間は大正10年11月5日開業以来、95年余の歴史を閉じる予定になります。

なお、JR北海道のプレスでは、「平成28年度中の廃止」と記述されていますが、北海道新聞では、「2016年秋に廃止する方針」と書いてあるため、正式な廃止日は、少なくとも、平成29年3月よりも前になることは十分想定できます。

Dsc03430_640

画像は、現在の留萌本線の終着駅である、増毛駅です。撮影者が若干いるのが見えます。今後は、現状以上には乗車人員が増加することが見込まれますが、喜ばしいとは言えないようです・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

小幌駅廃止へ・・・

JR北海道は、室蘭本線小幌(こぼろ)駅を10月をめどに廃止する予定であることを、北海道新聞等が記事にしています。JR北海道としては「維持費削減」の一環として、小幌駅廃止を地元豊浦町に提案しているようですが、小幌駅にとどまらず、他の駅にも「駅廃止」が拡大するようです。

Dscn4203_640

画像は、上り列車から見た小幌駅ホームです。利用客がほとんどおらず、いわゆる「秘境駅」として知る人ぞ知る駅になっています。

私はこの駅で下車したことはありませんが、下車する機会ができるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年10月17日 (金)

脇野田駅

先日、脇野田(わきのだ)駅に行ってきました。

脇野田駅は、JR東日本新潟支社管内にある、信越本線の駅です。

Dscn9598_640

脇野田駅舎の画像です。開業は大正10年で開業以来90年以上の年月が経過しています。

Dscn9533_640

駅舎正面右に出ていた、建物財産標です。大正10年と掲示されていることから、駅舎そのものは(後に手直しをしているとは言え)開業当時のものを使用しているものと思われます。

Dscn9535_640

脇野田駅内です。出札窓口と自動券売機があります。窓口営業時間は7時30分から17時45分です。

Dscn9522_640

脇野田駅の西側には、北陸新幹線の上越妙高(じょうえつみょうこう)駅がほとんど完成された状態で建設されています。今週末に上越妙高駅の地上部分に、脇野田駅が移転することになっています。

Dscn9530_640

脇野田駅構内に掲示してあった、脇野田駅移転の案内です。来る10月19日から新駅に移転するようです。

Dscn9531_640

「ありがとう脇野田駅」などの写真等も掲示されています。

Dscn9551_640

駅の西側に移動し5分くらい歩いたところで撮影した、上越妙高駅駅舎です。駅前にはまだ何もないようです。何もないからこそ、このような駅舎が建設できると言うことも言えるかもしれません。

Dscn9570_640

上越妙高駅の1階部分の駅名(赤矢印の部分)は、

Dscn9571_640

脇野田駅新駅です。上越妙高の地上部分が異なる駅になっているのは、何か違和感を感じます。脇野田駅も平成27年3月13日までで、翌日からは上越妙高駅に改称されるようです。よく見ると、右側にミラーのようなものがありますので、平成27年3月14日以降の列車(JR東日本から、第3セクター「えちごトキめき鉄道」へ移管)は、ワンマン運転される列車が設定されることが想定できます。

Dscn9588_640

列車で来るのが不便ということもありますが、自動車で「視察」する人もいたようです。

Dscn9504_640

上り列車(南高田-脇野田間)から撮影した画像です。線路上の白い部分から、右側に線路が敷かれていますが、この部分が18日夜から19日朝までに線路が切り替わる部分になります。

Dscn9616_640

上り列車(脇野田-北新井間)から撮影した画像です。線路上の白い部分に、右側から線路が敷かれていますが、この部分が18日夜から19日朝までに線路が切り替わる部分になります。

Dscn9610_640

脇野田駅に到着する、信越本線上り列車です。この区間を走行する115系や189系も、来年3月までになるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

新白島駅来春開業

JR西日本広島支社は、来春、広島駅と横川駅間に開業する新駅を新白島(しんはくしま)駅とすることを発表しました。

Dscn9195_640

画像は、広島駅と横川駅との間に来春開業予定の新白島駅ホームと思われる箇所です(下り列車から撮影)。

公式サイトによれば、住所は広島県広島市中区西白島町154-1になるようです。

いわゆる「広島市内」の駅になることも間違いないようです。

Dscn9354_640

上り列車から撮影した新白島駅ホームと思われる箇所です。アストラムラインとの乗換駅としても機能することが想定されているようです。

開業日は明確にされていませんが、おそらく北陸新幹線金沢開業と同日(平成27年3月14日)になることが予想できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

北海道新幹線の駅名決定

JR北海道は、平成28年3月頃開業予定(公式には平成27年度末と言っています)の北海道新幹線の駅名について、これまで未定であった駅名について決定したことを発表しました。

北海道新幹線の駅名(および信号場)は以下のとおりになります。

新青森(しんあおもり):東北新幹線の終点

新中小国(しんなかおぐに):信号場で津軽線と海峡線の分岐箇所

奥津軽いまべつ(おくつがるいまべつ):現津軽今別駅

湯の里知内(ゆのさとしりうち):信号場で今年3月まで知内駅として営業

木古内(きこない):江差線終着駅(江差方面は5月廃止)

新函館北斗(しんはこだてほくと):現渡島大野駅

Dsc04300_640

画像は渡島大野駅です(平成17年頃撮影)。かつてはこのような駅舎でした。

Dsc04306_640

渡島大野駅構内の画像です(平成17年頃撮影)。この時点では2012年(平成24年)の開業を目指していたようです。

Dscn0159_640

画像は、現在建設中の「新函館北斗駅」です(今年4月撮影)。かつての渡島大野駅舎とは全く異なっています。

Dscn0162_640

建設中の駅舎と反対側景色の画像です。まったく建物がないように見えます。これからいろいろな建築物が建造されると思われますが、どのようになるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

常磐線の広野-竜田間復旧

平成26年6月1日に、東日本大震災以降運転休止になっていた、常磐線の広野-竜田間が復旧しました。早速該当区間を乗車しました。

Dscn0147_640

画像はいわき駅です。いわき駅から常磐線竜田行きの列車に乗車しました。

Dscn0159_640

いわき駅ホームに掲示してある、常磐線下り時刻表です。

Dscn0161_640

時刻表の右下には「H26.6.1改訂」の表記がありました。

Dscn0156_640

いわき駅3番線の表示も「竜田方面」に貼り替えてありました。

Dscn0136_640

「竜田 FOR TATSUTA」の方向幕も用意されていました。運転再開の発表から施行までわずかな期間であったことを考えると、既に竜田駅まで復旧させることが発表のかなり前から想定していたことがうかがえます。

Dscn0169_640

いわき駅から竜田行き普通列車に乗車しました。

Dscn0173_640

向こうに普通列車が見えます。この区間の旅客列車は、一部を除き415系4両編成で運用されています。

Dscn0180_640

四ツ倉駅を出発します。ここから単線になります。

Dscn0187_640

広野駅に到着します。平成23年10月10日から平成26年5月31日までは、広野駅が終着駅でした。

Dscn0190_640

広野駅から木戸駅方面への画像です。バラストが新しく敷いてあるのがわかります。なお、木戸駅までは複線区間です。

Dscn0194_640

広野-木戸間です.架線柱等も新しくなっており、まるで新規開業区間を走行しているかのようです。

Dscn0205_640

木戸駅に到着します。木戸駅は無人駅です。ここから乗車する人はいなかったように思われます。

Dscn0208_640

木戸駅を発車します。木戸-竜田間は再び単線区間になります。

Dscn0212_640

木戸-竜田間です。単線区間ですが、バラストも新しく敷いてあるのが確認できます。

Dscn0216_640

竜田駅場内信号機が見えます。右側の信号機しか使用していないようで、上り1番線(竜田駅3番線)に到着します。

Dscn0221_640

竜田駅に到着します。プラットホームは杠上されているようです。

Dscn0229_640

竜田駅プラットホーム端から富岡方を見たところです。踏切の向こう側の線路が雑草で埋もれているように見えます。

Dscn0234_640

竜田駅3番線ホーム停車中の列車と駅名標の画像です。竜田駅では、折り返し乗車する旅客を含め、一旦全員下車した後で、ドアを閉め、再度ドアを開けるということを行っていました。

Dscn0232_640

竜田駅3番線ホームから改札の出入りは、跨線橋ではなく、上下本線を塞いで設置した仮の通路で行うようです。

Dscn0244_640

竜田駅1番線ホームでは、画像のような横断幕を掲げていて、運行再開を喜んでいたようです。

Dscn0254_640

上り列車発車の際には、ゆるキャラ(ゆずたろう)が手を振ってお見送りをしていました。

Dscn0256_640

竜田駅改札口上に、「空間線量率」の数値を表示していました。

Dscn0257_640

駅待合室内では、「JR東日本復興への取組み」として、復旧工事の写真が掲示してありました。

Dscn0265_640

竜田駅の時刻表です。8時33分発(666M)が8両編成の他は4両編成です(全列車415系で運転)。

Dscn8700_640

乗車記念を申し出ると、画像のような「乗車記念」のスタンプが押されました。

Dscn8701_640

入場券も購入しました。なお、駅営業時間は9時10分~17時00分です。

Dscn0262_640

竜田駅駅舎の画像です。

Dscn0264_640

駅の脇に、楢葉町観光案内図がありました。

Dscn0288_640

駅の近くを歩いてみました。未だに震災で壊れたままの箇所もあります。

Dscn0283_640

井出陸前浜街道踏切(起点:241K266M)から富岡方を見た状態です。線路が雑草で覆われている箇所があります。竜田以北がいつ復旧するのか現時点では不明です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

糸魚川駅橋上化

平成25年12月1日、JR西日本金沢支社管内の糸魚川(いといがわ)駅の橋上化工事がとりあえず完成し、式典が行われました。

Dscn0185_640

画像は糸魚川駅駅舎です。最終的には駅の南北を往来することができるようにするようですが、新幹線側については完成していませんので、とりあえずの橋上化完成と言ったところです。

Dscn0183_640

入口には、画像のような表示がありました。

Dscn0256_640

式典では、いろいろな要人がスピーチをしていました。画像は泉田裕彦新潟県知事が挨拶をしているところです。

Dscn0254_640

式典全景はこんな感じです。右上に薬玉がわずかに見えます。

Dscn0240_640

地元のテレビ局も取材に来ていました。

Dscn0284_640

ゆるキャラとともに、薬玉開披が行われます。

Dscn0297_640

薬玉開披後の画像です。ゆるキャラ(「ぬーな」という名前のようです)が撮影者に顔を向けています。

Dscn0180_640_2

コンコースには商品の販売も行われていました。

Dscn0161_640

糸魚川駅の改札部分の画像です(改札内から撮影)。糸魚川駅の改札は、現時点ではこの1箇所のみです。

Dscn0152_640

糸魚川駅1番線ホームの画像です。かつて使用されてきた跨線橋は使用停止になっています。

Dscn0199_640

待合室の画像です。用地の関係からか、コンコースから離れた場所にあるため、少しわかりにくいような気がします。

Dscn0201_640

待合室の脇に、売店があります(交通系ICカードの使用は不可)。

Dscn0202_640

待合室内の画像です。コンコースにはたくさんの人々がいましたが、待合室内には誰もいませんでした。

Dscn0303_640

上りホームの画像です。エレベーターが設置されました(エスカレーターの設置はありません)。

Dscn0306_640

北陸新幹線は平成27年春(おそらく3月)に長野-金沢間が延長開業します。在来線の改札が結構簡素になっていますが、これは、新幹線開業後には、在来線の経営分離と関係しているのではないかと考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

東海道本線新橋駅ホーム拡張工事

4月21日に、東海道本線新橋駅ホーム拡張工事が行われました。

当日は始発から18時30分頃まで東海道本線の東京品川間を区間運休しました。

Dscn8772_640

東京駅の7・8番線ホームへの階段の部分です。工事のためにホームに上がることができないようになっていました。山手線等で品川駅まで乗車して、東海道本線に乗り換える旨の案内表示がありました。

Dscn8780_640

東京駅丸の内北口にある案内表示です。18時30分頃まで運休となっていましたが、実際には18時25分発(879M)が、工事完了後の最初の営業列車になるようです。

Dscn8755_640

新橋駅銀座口改札を入ったところの画像です。東海道本線のホームには上がることができないように柵がついていました。

Dscn8756_640

新橋駅東海道本線のホーム有楽町寄りの画像です。ホーム拡張工事中の工事のようですが、一見では明らかに拡張しているようには見えません。

Dscn8766_640

新橋駅東海道本線のホームです。制限15km/hの表示が見えます。

Dscn8763_640_2

新橋駅3番線(京浜東北線南行)の画像です。矢印の部分の路盤が変わっているのが見えます。今回の工事と関係があるのでしょうか?

Dscn8760_640

新橋駅3番線のレール部分です。線路および枕木がバラストの上に直接載っていないようです。枕木が両側を固定されていて、その上にレールがひかれているのが見えます。

Dscn8783_640

品川駅11・12番線ホームへの入口にも画像のような表示がありました。8番線から東海道線の列車が発車する案内が見えます。

Dscn8784_640

当日は一部の列車を除き、通常はあまり使用しない7・8番線から発車していました。

Dscn8787_640

当日の品川駅東海道本線下り時刻表です。

Dscn8804_640

「普通品川」の表示が見えます。通常品川行きは深夜の一部でしか見ることはありません。

Dscn8809_640

品川駅8番線に到着する9871Mです。田町寄りから駅ホームに進入しました。この時間に8番線から営業列車が発車することはありませんので、貴重なシーンになります。なお、9871Mと臨時列車扱いになっています。

Dscn8815_640

品川駅発車直前の9869Mです。通常の日の列車よりも明らかに空いているのがわかります。

今回の新橋駅ホーム拡張工事は東北縦貫線の工事の一環ということになっているようです。今後もいくつかの駅のホーム改良工事が何度か行われる可能性があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧