2011年6月26日 (日)

特急「ゆふいんの森」(キハ71)に乗車

先月、特急「ゆふいんの森」に乗車しました。特急「ゆふいんの森」は、平成元年3月11日から運転を開始したJR九州の観光列車で、当初はキハ58・65を改造して運転されました。平成4年からはもう1本増備(183系・現「あそぼーい!」)し、平成11年に183系と入れ替わりに、キハ72を新製し現在に至っています(一旦撤退した183系は平成16年~23年まで「ゆふDX」として運転されていました)。

Dscn2707_640

由布院駅の画像です。当初は、由布院駅始発の普通列車に乗り換える予定でしたが、「ゆふいんの森3号」で大分駅に向かうことに急遽変更しました。

Dscn2704_640

由布院駅改札前に掲示してあったものです。「只今清掃中」の表示があります。

Dscn2706_640

由布院駅はオープンラッチの構造(改札口がない)になっています。

Dscn2705_640

この場所で「あし湯」券を販売しています。

Dscn2711_640

「足湯」券の画像です。駅入場券と同額にしています。

Dscn2698_640

1番線ホーム久留米寄りに「あし湯」があります。列車の待ち合わせ等に活用できます。

Dscn2702_640

「女性専用コーナー」があります。

Dscn2703_640

中はこのような感じになっています。「足湯」に浸かるため、衣服を脱ぐところではないように感じますが、椅子のようなものがあってもよいのではないかと思います(靴下かストッキング等を脱ぐことはあるでしょうから)。

Dscn2712_640

足湯はこんな感じです。

Dscn2713_640

しばらく足湯に浸かりました。

Dscn2709_640

「足湯」から撮影した、「ゆふいんの森」です。

Dscn2724_640

「足湯」を出てしばらくすると、特急「ゆふいんの森3号」が到着しました。外観からは分かりませんが、今では貴重な、キハ58・65系からの改造車です(先頭車はキハ65の改造で、中間車はキハ58の改造です)。

Dscn2732_640

特急「ゆふいんの森3号」に乗車します。由布院駅では3分停車します。乗客の乗降時間を取ってあるものと思われます。

Dscn5058_640

特急「ゆふいんの森3号」の特急券です。特急「ゆふいんの森1号」に乗車中に、e5489サービスを使用して確保しました。1号車1番A席は空いていましたが、あえて2番にしました。特急料金は所定で1100円ですが、e5489サービスのeきっぷを使用しているため、800円になっています。J-WESTカードでの決済ですが、JR西日本のエリアでなくても、受け取りが可能である(さらに若干ではあるが、割引がある)のは便利だと思います。

Dscn2802_640

特急「ゆふいんの森3号」の1号車(キハ71 2)の車内です。

Dscn2739_640

座席間にある収納テーブルです。収納テーブルは1つおきに設置されているため、座席を向かい合わせにしたときに、使用できる場合と使用できない場合があります。

Dscn2763_640

座席を向かい合わせにしたときの画像です。

Dscn2759_640

座席を向かい合わせにし、収納テーブルを引き出したところの画像です。左側の座席の背後には、収納テーブルがありません。

4名で座席を確保する場合には、事前に席番を調べてから確保する方が確実ですが、駅社員に訊いてもJR九州以外では理解してもらえるかどうか・・・

Dscn2733_640

キハ71 2の車両銘板です。「小倉工場平成元年改造」になっています(種車はキハ65 19:昭和45年日本車輌製造)。「小倉工場平成15年改造」のプレートもありますが、リニューアル改造したときのものです(エンジン換装、床を天然木のフローリング化など)。

Dscn2741_640

各車に設けられたミニサロンです。

Dscn2754_640

3号車に設けられたサロンです。平成15年のリニューアル時にサロン化されました。

Dscn2785_640

2号車にあるビュッフェです。

Dscn2789_640

ビュッフェには「私たちが見つけた由布院」のタイトルで観光案内が書いてあります。

Dscn2790_640

「私たちが見つけた由布院」にはこのような観光案内が掲載されています。

Dscn2773_640

その隣にあった「ゆふいんの森号思い出ノート」にはこのような記述がありました。何が書いてあるかは分かりません。日付の箇所はしかたないでしょう(「平成2010年」になっていますが・・・)

Dscn2748_640

2号車(キハ70 1、種車はキハ58 490:昭和39年新潟鐵工所製造)の車内です。手前の座席は「ボックスシート」になっています。席番は、下り列車に対して左側が11番・右側が12番になっています。

Dscn2747_640

「ボックスシート」です。2号車12番ABCD席(向こう側がAB席、手前側がCD席です)になります。

Dscn2801_640

列車は45分ほどで、大分駅に到着します。

Dscn2803_640

大分駅到着直後の「ゆふいんの森3号」です。

Dscn2809_640

大分駅で並んだ「ゆふいんの森」と「ゆふ」です。かつては別府駅が終着駅でしたが、大分駅高架化工事の関係で、大分までの運転になっています。日豊本線の高架化工事が完成すれば、再び別府発着になるものと思われます。

「ゆふいんの森号」の主な区間の運賃・料金は以下のとおりです(通常期乗車で計算)。

博多-大分:5420円(運賃3570円・料金1850円)

博多-由布院:4430円(運賃2730円・料金1700円)

博多-由布院:3900円(「JR九州ネットきっぷ」利用の場合)

福岡市内-由布院(2枚きっぷ):7800円(1人片道あたり3900円)

なお、福岡市内-大分間の2枚きっぷでは「ゆふいんの森」に乗車できません(「2枚きっぷ」・「4枚きっぷ」とも日豊本線経由限定のため)

由布院-大分:2010円(運賃910円・料金1100円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

嬉野温泉に宿泊

先日、嬉野温泉に宿泊しました。
嬉野温泉には、武雄温泉駅側から入りました(大村線彼杵駅側から入る方法もあります)。

Dsc05206_640
画像は武雄温泉までの指定料金券です。鳥栖駅から乗車したため、座席の確保が必要と思い、発車直前に出しました(原券はコロプラ★乗り放題きっぷです)。500円で特急列車の指定席が確保できるのは、ありがたいことです。
なお、「英語表記」で出していただきましたが、列車名は英語ではありません。

Dsc04052_640
画像は武雄温泉の駅舎です(バス乗り場と反対側)。高架化後に初めて下車しました(高架化は平成20年2月)。

Dsc04076_640
画像は、嬉野温泉バスセンターです。観光案内所も兼ねているようです。運賃は武雄温泉駅から640円です。

Dsc04078_640
私が宿泊した部屋の画像です。

Dsc04080_640
宿泊地から徒歩数分のところにある「シーボルトのあし湯」です。
Siebolds Fußbädとドイツ語で書いてあるようですが、Siebolds Fußbäderではないかと思います(英語のfoot bathsのつもりで書いてあれば)。余談ですが日本語では「シーボルト」と言う名前で定着していますが、「ジーボルト」の方がドイツ語の発音に多少近いと思います。

Dsc04085_640
足湯の画像です。無料で入ることができます。

Dsc04090_640
近くには「美肌の神様」を祭った神社があるようです。嬉野温泉は「美肌の湯」として有名です。

Dsc04098_640
嬉野温泉は「日本三大美肌の湯」のようで、確かにお湯がすべすべして肌にはよいような感じがしました。
また機会があれば行ってみたいと思います。

Dsc04099_640
武雄温泉の駅舎です(バス停留所がある側)。当日は雪が降っていました。

Dsc04101_640
武雄温泉駅前に、九州新幹線(西九州)の予定地を示す目印があります。「西九州」とは、九州新幹線の西九州ルートのことで、長崎県では「長崎ルート」、佐賀県では「西九州ルート」と、地元に配慮した形で呼ばれています。武雄温泉駅から諫早駅までは、新線を建設(フル規格ではない)をすることになっており、嬉野温泉駅も新設する予定になっています。
しかし、現政権では新線建設については「白紙」と表明していることと、地元では必ずしも建設賛成が多数ではないようで(博多からの時間短縮が大幅にはできないため、費用対効果としては疑問と考えている人が多い)、いつ実現するか、どのような料金体系になるかなど、不明な部分が多いのが現状です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

飯坂温泉に宿泊

先日、飯坂温泉に宿泊しました。

新幹線で大宮駅から福島駅まで乗車しました。

Dsc02314_640
画像は乗車した新幹線「つばさ」号のグリーン車です。400系取り替え用に増備された、E3系2000番台です。
JR東日本のグリーン車は4列シートで定着した感がありますが、在来線仕様の場合では、3列でもよいと思います。なお、グリーン席のC席はマルス発売をしていません。

Dsc02315_640
こちらはE3系2000番台の普通車の車内です。

Dsc02321_640
こちらはE3系2000番台の洋式トイレの画像です。

Dsc02320_640
よく見ると、温水洗浄便座(一般には、「ウォシュレット」や「シャワートイレ」といわれていますが、これらの名称は登録商標です)の設備が付いているのがわかります。在来線でも走行可能な車両で、温水洗浄便座が設置されているのは、ほかにはE655系くらいと思われます。

Dsc02342_640
E3系2000番台のグリーン車(E311-2005)の外観です。400系の置き換えで増備された車両で、400系はこの時点で1編成(L3編成)しか残っていません。

Dsc02371_640
福島駅の阿武隈急行及び福島交通のプラットホームです。改札も共通です。なお、JR線から乗り換えの場合は、連絡通路が設定されて、入口に簡易Suica改札機が設置されています。ちなみに、福島-飯坂温泉間の運賃は360円です。

Dsc02376_640
福島交通で使用されている7000系(元東急電鉄7000系の改造)です。なお、来年以降に東急1000系で置き換える話があるようです。

Dsc02428_640
福島交通7000系の車内です。東急電鉄時代とあまり変わっていません。なお、ワンマン運転ではなく、車掌が乗務しています。

Dsc02423_640
飯坂温泉駅の駅舎です。

Dsc02377_640
今回宿泊した部屋の画像です。美又温泉のときのように、昔ながらの宿という感じです。

Dsc02410_640
宿泊した宿にある、「源泉掛け流しの露天風呂」です。

Dsc02412_640
「露天風呂」の画像です。内湯もありましたが、私にとっては浸かるのが苦手なほど熱い風呂でしたが、露天風呂は多少ぬるいくらいでちょうどよかったと感じました。

Dsc02419_640
宿泊した宿の近くにある、公衆浴場です。時間がなかったため、入浴はしませんでした。
入浴料金は200円(大人)になっていました。なお、バリアフリーには対応していませんので、高齢者の方には、多少歩くのがきついと思われます。

Dsc02420_640
これも、宿泊した宿の近くにある足湯処です。昨今の景気低迷を反映しているのか(?)人通りがほとんどありませんでした。

翌日チェックアウト後に福島駅に戻り、団体列車に乗車しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

美又温泉に宿泊

「ありがとうほのぼのSUN-IN」2号乗車後、宿泊地へ向かいました。この日の宿は、美又(みまた)温泉にあります。

Dsc00720_640
美又温泉に行くには、浜田駅から高速バス(いさりび号)で、金城(かなぎ)PAまで乗車(所要時間16分)し、そこから、送迎していただきました。送迎していただいた方には、この場を借りて、御礼を申し上げます。

Dsc00724_640
浜田駅で購入した、金城までの乗車券です。

Dsc00725_640
金城PAの画像です。

Dsc00729_640
私が宿泊した部屋です。30年くらい前の宿という感じです。なお、WillcomとE-mobileは圏外になります。Willcom3Gは使用できましたので(FOMA回線を使用しているためと思われます)、DoCoMoは使用できるものと思われます。

Dsc00746_640
美又温泉です。この一角のみに温泉宿等が数件あります。

Dsc00739_640
美又温泉にある「国民保養センター」です。美又温泉付近にはコンビニはなく、この「国民保養センター」内以外には食事をするところもありません。

Dsc00740_640
美又温泉案内図です。「美人の湯」として、知る人ぞ知る温泉のようで、私も美又温泉の存在を知ってから、聞いたくらいです。

Dsc00744_640
美又温泉の中心街(?)です。

Dsc00753_640
宿の浴槽です。さすがに温泉は「美人の湯」と呼ばれるくらいで、すべすべして、肌にも良さそうな感じがしました。

Dsc00760_640
翌日、チェックアウト後にも送迎していただきましたが、金城PAから7キロあるようです。

Dsc00761_640
金城PA(浜田方面)のバス停留所です。
高速バス「いさりび号」は、石見交通、、広島電鉄、中国ジェイアールバスが共同で運行していますが、広島電鉄、中国ジェイアールバス使用の車両は、PASPYエリア内に含まれるため、ICOCAで運賃を支払うことも可能です(Suica・PiTaPa等は使用できません)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

一畑電車に乗車

「だんだんお座敷」乗車後、一畑電車に乗車しました。

Dsc00301_640
一畑電車の「電鉄出雲市」駅です。JR出雲市駅改札から高架下沿いに1~2分歩いた場所にあります。
なお、「一畑電車株式会社」が正式名称ですが、かつての「一畑電気鉄道」の名残からか、「電鉄」出雲市駅となっているようです。

Dsc00306_640
一畑電車5000系です。元京王5000系を改造したものです。

Dsc00307_640
車内はセミクロスシートです。なお、2人がけが回転シートで、1人がけが転換シートになっています。

Dsc00320_640
一畑電車3000系です。元南海21000系を改造したものです。

Dsc00335_640
車内はロングシートになっています。

Dsc00340_640
一畑電車の出雲大社駅の表示です。かつての大社駅(JR大社線:平成2年廃線、なお大社駅舎は現存)よりも出雲大社に近い場所にあります。

Dsc00384_640
一畑電車2100系です。元京王5000系を改造したものです。先ほどの5000系よりも、京王時代の面影を感じます。

Dsc00381_640
雲州平田駅(一畑電車の本社最寄り駅)構内に停車中の電車です。左側の電車が一畑電車の名物である「デハニ50系」です。

Dsc00393_640
雲州平田駅3番線に到着のデハニ52(後ろの車両はデハニ53)です。

Dsc00394_640
デハニ52のドアです。「手動扉」の表示が時代を感じさせます。なお、昭和の始めにはすでに省線電車にはドアエンジンが装備されています。客車で自動ドアが設置された車両は12系客車(製造初年は昭和44年)からと思われます。

Dsc00856_640
この日に「デハニ50系」に乗車しました。画像は乗車証明書です。

Dsc00431_640
車内のポスターです。なお、上側にある黄色の表示は1995年に受賞した「エバーグリーン賞」の表示です。

Dsc00428_640
デハニ53の製造プレートです。昭和四年と右側から表記してあるのが、時代を感じさせます。

Dsc00471_640
デハニ53の車内です。お座敷になっています。

Dsc00454_640
デハニ52の製造プレートです。デハニ53よりも古く、昭和三年と表記されています。現役最古参でしょうか?

Dsc00468_640
デハニ52の車内です。お座敷になっていますが、デハニ53と違い、脇に通路がありまので、お座席としては、デハニ53より若干狭くなっています。

Dsc00473_640
松江しんじ湖温泉駅に停車中のデハニ50系の編成です。部品確保が困難になったことなどから、来年にも引退することになっているようです。

Dsc00478_640
松江しんじ湖温泉駅の画像です。デハニ乗車の翌日に撮影したものです。

Dsc00489_640
駅の脇には無料の足湯があります。電車及びバス等の待ち時間中に、利用可能です。

Dsc00490_640
松江しんじ湖温泉駅からJR松江駅までゆっくり歩いて30分弱ではないかと思われます。
なお、一畑電車では1500円で「一畑電車フリー乗車券」が発売されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

年末年始の旅2007-2008(おまけその1)

「年末年始の旅2007-2008」の途上、島原鉄道乗車の途中で日帰りで入浴してきました。

Dsc00329_640
温泉最寄り駅で下車したところを撮影しました(秩父が浦駅)。

Dsc00333_640
入浴したホテルの中に書いてあった温泉の種類のようです。露天風呂は柚子湯になっていました。露天風呂の方が暖かいくらいでした。
なお、ここの入浴料金は840円でした。

Dsc00334_640
画像にあるように「天皇皇后両陛下御宿泊記念」とあるために、老舗の宿と思われます。

この翌日、別府市内の有名な銭湯に行ってきました。

Dsc00660_640
営業時間が書いてありますが、観光地のようで、中国語(繁体字と思われる)、韓国語が表記されています。

Dsc00661_640
結構レトロな感じの休憩所があります。もっとも、浴室内の方がもっとレトロですが・・・

Dsc00666_640
この銭湯には、砂湯もありました(時間的に入れませんでしたが・・・)。なお、私が入浴した日は、入浴のみ「無料」になっていました(通常は、入浴は100円で砂湯は1000円です)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)