2017年3月11日 (土)

地下鉄銀座線01系最後の定期列車に乗車

平成29年3月10日をもって、東京メトロ銀座線の01系の定期運用が終了しました。東京メトロ銀座線01系は、昭和58年から平成9年にかけて製造され、それ以前に製造された在来車を置き換えました。
Sdsc06704
東京メトロ銀座線渋谷駅ホームの画像です。すでに撮影者が何人もいるのがわかります。
Sdsc06716
01系に渋谷駅からあえて乗車しませんでした。画像は渋谷駅発車直後の画像です。01系の渋谷行きの最後の定期列車が見えます。
Sdsc06721
途中駅でも撮影者がたくさんいました。
Sdsc06761
途中から、最後の01系定期列車(列車番号はA1403)に乗車しました。通勤時間帯並みの混雑でした。
Sdsc06782
最後の定期列車が上野駅に到着した直後の画像です。このあと、上野検車区に入区しました。
Sdsc06884
上野検車区近くの踏切付近の画像です。たくさんの人々がいるのがわかります。柵の向こうには・・
Sdsc06878
奥に、01系が見えます。よく見ると・・・
Sdsc06874
トリミングした画像です。「銀座」の方向幕を出していました。
なお、01系は3月12日にイベント(抽選による招待客100人が乗車)で運転するのが最後になります。これにより、昭和59年1月1日から33年間の01系の時代が終了します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

小幌駅

先日、小幌駅に行ってきました。

Dsc05272_640

上り列車から撮影した新礼文華山トンネルです。「小幌」の表記があるように、このトンネルを出ると、小幌駅に到着します。

Dsc05274_640

新礼文華山トンネルを出て、小幌駅に到着します。既に列車に向かって撮影している人々がいました。

 

Dsc05277_640

秘境駅として有名な駅のようですが、割に大量下車がありました。

Dsc05280_640

上り列車が発車しました。

Dsc05293_640

およそ10分後に特急列車が通過しました。

Dsc05304_640

小幌駅の上り時刻表および運賃表です。1日5本のみ列車が停車するようです。

Dsc05299_640

駅の海側には道路(というよりも通路)がありました。この駅には自動車で来るのは不可能のようです。

Dsc05301_640

先を行くと、このようになっています。夜間の歩行は遠慮した方がよいと思われます。

Dsc05302_640

少し行くと、このような案内表示がありました。岩屋観音・小幌洞窟の文字が見えます。

Dsc05284_640

小幌駅の下り時刻表および運賃表です。1日3本のみ列車が停車するようです。上りと下りの本数が異なるように見えますが、実際には、普通列車でも小幌駅を通過する列車があることと関係があるようです。

Dsc05316_640

小幌駅下りホームにある駅名標です。右下に箱のようなものが見えますが・・・

Dsc05317_640

駅ノートと周辺案内の文字が見えます。

Dsc05286_640

箱の中には、硬券入場券を模した「小幌駅来駅記念」の入ったものが用意されていて、黒色の部分は磁石になっていて、数字を貼り付けて、記念撮影等に活用できるようにしてありました。

Dsc05288_640  

裏面には、画像にあるような説明書きがしてありました。

Dsc05321_640

小幌駅ノートがありました。旅行者等が記念に書き残せるようにできる配慮が為されていました。

Dsc05324_640    

ノートには、画像にあるような言葉が書かれていました。

Dsc05322_640

簡易列車運行図表も用意されていました。

Dsc05328_640

このような「観光案内」も用意されていました。

Dsc05326_640    

最後にこのような言葉が書かれていました。

とって良いのは写真だけ、残して良いのは足跡だけ、です。
Dsc05340_640
しばらくすると、下り列車が来ましたので、乗車しました。   

小幌駅の時刻は以下のとおりです。(普通列車始発時刻前をのぞく)撮影可能時間と思われる時間帯のみ掲載しています。なお、通過列車の時刻は推測です。

下り列車
477D:7時09分
3057:7時19分
5001D:7時51分
8009:8時42分
2051:8時54分
479D:9時16分(小幌停車)
5003D:9時44分
3091:10時15分
3059:12時00分
5005D:12時10分
485D:13時40分
5007D:13時56分
3067:14時20分
5009D:15時28分
487D:15時40分(小幌停車)
3065:16時03分
5011D:16時40分
3051:17時09分
491D:17時55分(小幌停車)
99:18時27分
3063:18時40分
5013D:18時49分

上り列車
470D:7時14分(小幌停車)
472D:8時41分(小幌停車)
5002D:8時45分
5004D:9時38分
5006D:10時47分
474D:11時35分(小幌停車)
3084:11時56分
5008D:12時25分
5010D:14時16分
3056:14時25分
478D:15時12分(小幌停車)
94:15時28分
2050:15時49分
5012D:16時41分
480D:17時43分
5014D:18時51分
8010:19時00分
482D:19時12分(小幌停車)

上記列車の他に、臨時列車(貨物列車を含む)が運転されることがあり得ますので、撮影等にはご注意ください。

10月で廃止されると言われている小幌駅ですが、現時点でJR北海道の公式発表はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

Y156記念列車に乗車

先日、Y156記念列車に乗車しました。

Y156とは、横浜開港150周年の平成22年から毎年行われているイベント(平成22年はY151)で、今年はY156としてイベントが行われました。この一環で記念列車が団体列車として運転されました。

Dsc00822_640

JR石川町駅構内に掲示してあったポスターです。石川町発着の団体列車が設定されました。今年は583系が使用されました。

Dsc00821_640

JR石川町駅(元町口)です。かつては南口と言われていました。かつて北口といわれていた箇所は、現在、中華街口と言われています。

Dsc00829_640

石川町駅1番線ホームで撮影した画像です。

Dsc00830_640

石川町駅1番線ホームにも「Y156記念列車」の表示が見えます。

Dsc00832_640

石川町駅1番線ホームに入線した、「Y156記念列車」です。

「Y156記念列車」の編成は以下のとおりです。

大船方

1号車:クハネ583-8(昭和45年川崎重工製造)
2号車:モハネ582-106(昭和47年川崎重工製造)
3号車:モハネ583-106(昭和47年川崎重工製造)
4号車:モハネ582-100(昭和46年川崎重工製造)
5号車:モハネ583-100(昭和46年川崎重工製造)
6号車:クハネ583-17(昭和45年日立製作所製造)


横浜方

今回「Y156記念列車」に使用された583系は、昭和42年に昼行・夜行兼用で運転可能な車両として製造された国鉄の特急電車で、当初は581系と称していましたが、翌年に3電源対応の583系が誕生しました。なお、クハネに関しては、581・583形と双方ありますが、これは3電源対応と関係なく、特急列車の編成増強の関係で、それに対応した電動発電機を搭載する必要があり、形式変更がおこなわれたものです。

583系は定期運用は平成6年12月以降ありませんが、昼行・夜行兼用という特殊性もあって、今でもこの1編成のみ、秋田車両センター(秋アキ)所属で活躍しています。

Dsc00847_640

583系の車内です(モハネ583-106)。座席仕様になっていますが、寝台仕様にすることも可能な設備になっています。寝台にする場合には、座席を引いて下段寝台を設置し、網棚の上に格納してある上・中寝台をセットすることにより、寝台を設置するようです。

Dsc00814_640

今回の団体列車の指定券です。石川町9時08分発になっています。目的地は横須賀になっていますが、指定券で到着時刻がない券は、久しぶりに見たような気がします。

Dsc00850_640

列車は9時08分に石川町駅を発車しました(列車番号は9721M)。

Dsc00852_640

通常、根岸線では見ることができない車両であることもあり、沿線には撮影者がたくさんいました。列車は大船駅で運転停車して、横須賀線に入りました。

Dsc00870_640

横須賀駅到着後の9721Mです(9時54分着)。ここで折り返し9722Mになります。

Dsc00815_640

横須賀からの指定席券です。着駅が武蔵小杉になっていますが、実際には武蔵小杉まで行くことはありません。それにしても、時刻表示のない指定券は非常に珍しい・・・

Dsc00922_640

横須賀駅発車直前の9722Mです(横須賀駅発車は10時25分)。

Dsc00944_640

9722Mは戸塚から東海道本線の線路に入りました。画像は横浜駅を通過しているところです(11時07分通過)。

Dsc00956_640

鶴見駅を通過します(11時12分)。鶴見駅の手前で、貨物線に入っています。鶴見駅ホームから撮影している人がいるのが見えます。

Dsc00958_640

東海道本線をオーバークロスします。向こうに見える高架線は、横須賀線・湘南新宿ラインが通る線路です。列車はいわゆる品鶴線を通ります。

Dsc00963_640

この近辺は、かつて、国鉄の貨物操車場である、新鶴見操車場があった場所です。昭和59年2月1日国鉄ダイヤ改正により、新鶴見操車場が廃止になり、現在は、新鶴見信号場として存続しています。

Dsc00979_640

新鶴見信号場に到着しました(11時20分着)。指定券の券面には武蔵小杉となっていましたが、おそらく新鶴見信号場は旅客駅ではないため、武蔵小杉にしたものと思われます。

新鶴見信号場は、いまでも貨物列車の輸送の拠点になっており、品川方面・武蔵野貨物線方面・鶴見方面・尻手方面の4方に分岐することができます。東海道本線の定期回送列車も新鶴見信号場発着とする列車が存在します。

Dsc00816_640

新鶴見信号場で折り返し、浜川崎へ向かいます。列車番号も9823Mに変わります(新鶴見11時28分発)。

Dsc00987_640

鶴見までは、先ほど来た道を戻ります。画像は鶴見川付近で列車を撮影している人々です。

Dsc00994_640

再び、鶴見到着です(11時36分着)。ホームから撮影している人々と、警備(監視)している駅社員が見えます。

Dsc01001_640

鶴見では、列車折り返しとなります。運転士は車内ではなく、画像のように列車の外で歩いているのが見えます。

ここで列車番号が9824Mに変わります。発車は11時43分です。

Dsc01015_640

東海道本線から分かれ、浜川崎方面へ向かいます。

Dsc01019_640

八丁畷駅を通過します。通常、八丁畷駅は列車の発着時間以外は閑散としていますが、本日ばかりはそうでもなかったようです。

Dsc01040_640

浜川崎に到着しました(11時51分)。なお、南武支線・鶴見線の浜川崎からは若干離れた箇所に停車しました。

Dsc00817_640

最後の指定券です。浜川崎から石川町までになっています。

浜川崎の発車時刻は12時03分です。

Dsc01056_640

再び鶴見を通過します(12時10分)。ここから高島貨物線に入ります。

Dsc01069_640

京浜急行線をオーバークロスします。

Dsc01077_640

首都高速横羽線の海側を通ります。なにか裏道を通っている感覚があります。

Dsc01100_640

そごう横浜店とシーバスが見えます。そごう横浜店の裏側に横浜駅があります。

Dsc01115_640

桜木町の手前で、根岸線と合流します。向こう側には、かつて、東急東横線の線路があり、平成16年まで運転が行われていました。

Dsc01143_640

12時24分に石川町駅に到着しました。駅ホームでは、画像のような横断幕を掲げていました。

Dsc01148_640

12時26分に、回9825Mは大船に向けて出発しました。

Dsc01158_640

13時19分頃に、回9826Mが石川町駅を通過します。このあと、大宮総合車両センター東大宮センター(宮オオ)へ回送されました。

583系は、しばらくは臨時列車・団体列車として使用されるものと思われますが、車両の老朽化がかなり進んでいるものと思われます(製造後45年経過している車両もあります)。

いつ引退しても不思議ではないと思われますので、乗車・撮影はできるうちに行うことが望まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

「伊予灘ものがたり」に乗車

先日、臨時快速「伊予灘ものがたり」に乗車しました。

「伊予灘ものがたり」は、平成26年7月26日から、松山-伊予大洲・八幡浜間を、伊予長浜(海線)経由で結ぶ、臨時快速列車です(基本的に土休日運転)。

「伊予灘ものがたり」といっていますが、厳密には、以下の4列車があります。

・伊予灘ものがたり(大洲編)

・伊予灘ものがたり(双海編)

・伊予灘ものがたり(八幡浜編)

・伊予灘ものがたり(道後編)

Dsc09357_640

画像が、JR四国の観光列車である「伊予灘ものがたり」です。既存のキハ47を改造して誕生しました。

Dsc09963_640

1号車(茜の章)である、キロ471401です。キハ47501として、昭和53年に新潟鐵工所で製造されました。当初は、新潟運転所(新ニイ)配置でしたが、越後線電化による余剰で、昭和60年に高松運転所(四カマ)に転属になりました。以降、四国管内の所属でしたが、平成23年3月31日付けで除籍になりました。除籍になっても解体を免れたため、「伊予灘ものがたり」の種車になり、平成26年に多度津工場でキロ471401に改造されました。

Dsc09962_640

2号車(黄金の章)である、キロ471402です。キハ471501として、昭和53年に新潟鐵工所で製造されました。当初は、新潟運転所(新ニイ)配置でしたが、越後線電化による余剰で、昭和60年に高松運転所(四カマ)に転属になりました。以降、四国管内の所属でしたが、平成23年3月31日付けで除籍になりました。除籍になっても解体を免れたため、「伊予灘ものがたり」の種車になり、平成26年に多度津工場でキロ471402に改造されました。

Dsc00173_640

画像はJR松山駅です。「伊予灘ものがたり」は松山駅を基準に伊予大洲駅および八幡浜駅を1往復します。

「伊予灘ものがたり」に乗車する場合の、運賃・料金の合計は、以下のとおりです(全区間乗車した場合で計算)。

松山-伊予大洲:1930円(内訳は、乗車券950円・普通列車用グリーン券980円)

松山-八幡浜:2260円(内訳は、乗車券1280円・普通列車用グリーン券980円)

Dsc09512_640

「伊予灘ものがたり大洲編」は松山駅3番線から発車します。

Dsc09515_640

乗車位置と思われる箇所には、駅社員の手で絨毯が敷かれ、多少なりともゴージャスな雰囲気を出しているようです。

Dsc09519_640

このような感じで乗車することになります。

Dsc09518_640

2号車の乗車位置は、このような感じです。

Dsc09520_640

1号車出入り口にある「伊予灘ものがたり大洲編」の案内です。座席位置も明示されており、自分の利用する座席がどの位置にあるかがわかるようになっています。なお、列車毎にこの案内表示を取り替えるようです。

Dsc09769_640

1号車(茜の章)のキロ471401の車内です。画像左側が「山側席」、右側が「海側席」、そして、奥が「BOX席」になります。「山側席」、「海側席」、「BOX」は、マルス券に表示があります。

Dscn9238_640

「伊予灘ものがたり」のマルス券です。画像にあるように「伊予灘八幡浜編 山側席」の表示になっています。

前述したように、「伊予灘ものがたり」には、4つの列車がありますが、マルス発券時には、それぞれの列車に「山側席」、「海側席」、「BOX」とありますので、マルス端末上の列車名としては、12個存在します。

・伊予灘ものがたり(大洲編)には、伊予灘大洲編  山側席  海側席  BOX

・伊予灘ものがたり(双海編)には、伊予灘双海編  山側席  海側席  BOX

・伊予灘ものがたり(八幡浜編)には、伊予灘八幡浜編  山側席  海側席  BOX

・伊予灘ものがたり(道後編)には、伊予灘道後編  山側席  海側席  BOX

そのため、海側席が満席でも、山側席に空席がある場合がありますので、指定席確保の際には、注意が必要です(JR四国以外で、そのことを理解している駅社員がどのくらいいるかは疑問です)。

Dscn9537_640

画像は2号車(黄金の章)のキロ471402の車内です。画像左側が「海側席」、右側が「山側席」、そして、奥が「BOX席」になります。

Dsc09526_640

松山駅3番線ホームで発車を待つ、「伊予灘ものがたり大洲編」です。松山駅社員がお見送りのため、整列しているようです。この列車に乗車しました。

Dsc09538_640

松山駅発車(8時26分)直後の画像です。松山駅社員がお見送りをしているのが見えます。

Dsc09543_640

発車後の1号車車内です。

Dscn9533_640

床の部分は、山側を少し高くすることにより、海側の景色を多少なりとも見やすくする「配慮」がなされているようです。

Dsc09532_640

1号車後位側にあるトイレです。

Dsc09534_640

トイレは、いわゆる、シャワートイレになっています。新幹線車両ですら、ここ数年内で出現したシャワートイレです。私の知る限り、気動車でシャワートイレが設置されているのは、このトイレくらいではないかと思われます。

Dsc09544_640

洗面所の画像です。陶器を使用してゴージャスに見せているのは、JR九州の「ななつ星in九州」を意識しているのかもしれません。

Dsc09546_640

2号車後位側にある、カウンター部分です。

Dsc09550_640

各座席前にあるテーブル部分の画像です。メニューがあるのがわかります。

Dsc09551_640

各列車の食事が掲載されています。2箇月毎に、食事内容が変更されるようです。ここに出ている食事については、事前に予約が必要です。

Dsc09529_640

予約した食事が用意されていました。

Dscn9239_640

画像は、「伊予灘ものがたり」の食事予約券です。食事予約券は、JR東日本、JR四国、JR九州のみどりの窓口等で、乗車日の1箇月前から4日前まで発売しています。食事予約券を購入して乗車する場合は、食事提供時間の関係で、全区間乗車をお願いしているようです。払いもどしについては、乗車日の4日前まで可能です(手数料は無料)。それ以降の払いもどしはできません(列車指定券の払いもどしと取扱いが異なりますのでご注意ください)。

Dsc09553_640

もちろん、予約しない場合は、食事そのものができないということはなく、車内で注文して食事をとることは可能です。

一例を挙げると、

みかんジュース:500円

生ビール:700円

ウイスキー:800円

チーズと燻製の盛り合わせ:800円などです。

このほか、スイーツのセットが1000円というものもあります(金額は税込価格)。

Dsc00045_640

画像は、私が食べた「フランス菓子エスプリのエスプリショートケーキセット」です(1000円)。

Dsc00166_640

市坪(いちつぼ)駅です。松山中央公園野球場(「坊ちゃんスタジアム」といわれている場所)に隣接して駅があります。「の・ボール(野球)」とあるのは、伊予国温泉郡(現在の松山市)出身の歌人である正岡子規が一時使用していた雅号とされています。正岡子規は、現在野球で使用されている用語のいくつかを、日本語にした人物です(バッターを打者、ランナーを走者とするなど)。この功績が評価され、正岡子規は平成14年に野球殿堂入りしています。

Dsc09588_640

北伊予-伊予横田間で撮影した画像です。現在、工事が行われているのがわかります。これは、愛媛県のまちづくりの一環で、松山駅高架化と、松山運転所(四マツ)および貨物駅の移転が行われるようです。なお、松山-市坪間も複線化されるようです(松山駅と新松山運転所までの回送列車が新設されるため)。

Dsc09600_640

伊予市駅に到着しました(8時38分15秒着)。伊予市駅は主要駅として扱われているのか、定期列車は特急列車を含め、全列車停車するようです。「伊予灘ものがたり大洲編」は運転停車のため、2分30秒停車します。

Dsc09608_640

伊予市駅を出ると、海側に、「ヤマキ」、「マルトモ」という鰹節で全国的に有名な会社が見えます。私もアテンダントの案内があるまで知りませんでしたが、ここが「ヤマキ」、「マルトモ」の本社のようです。

Dsc09610_640

伊予市駅の次の向井原駅で、予讃線が分岐します。分岐する方は、昭和61年3月に短絡線として開業し、内子線の一部を含めて、特急列車等の速達列車はすべて新線経由になりました。「伊予灘ものがたり」は、のんびり走る観光列車のため、従来どおりの海線経由で運転します。

なお、向井原-伊予大洲間は選択乗車区間(旅客営業規則第157条)で、向井原-伊予大洲間を伊予長浜経由で乗車する場合であっても、(距離の短い)内子経由の乗車券で乗車可能であるという区間になっています。なお、選択乗車区間のため、伊予長浜経由の乗車券を発売することは可能です。

Dsc09627_640

向井原駅を出てしばらくすると、伊予灘を望むことができます。青い海ということを一般的に言うことがありますが、まさに青い海です。

景色をよく見せるためか、列車は30~40km/hくらいのスピードで走行します。

Dsc09635_640

この近辺はツツジの名所のようです(伊予上灘駅運転停車中に撮影)。

Dsc09653_640

下灘(しもなだ)駅です。「伊予灘ものがたり大洲編」の途中唯一の客扱い停車駅です。海に近い駅として有名な駅です。

Dsc09646_640

下灘駅にある「ラブラブベンチ」です。「伊予灘ものがたり」運転開始当初にはありませんでしたので、あとから新設したようです。

Dsc09651_640

下灘駅には「伊予灘ものがたり」各列車の停車時間が掲載されています。「伊予灘ものがたり」の撮影のため、自動車等で来る人も少なくないようです。

Dsc09655_640

下灘駅停車中に、たくさんの人が撮影しているのが見えます。

Dsc09662_640

私も撮影しました。

Dsc09681_640

串駅付近の眺めです。列車も最徐行して景色を見やすくする配慮が行われています。

Dsc09699_640

喜多灘駅です。この駅で30秒運転停車します。右側のイラストは、伊予灘ものがたり乗務のアテンダントが作成したようです。ここは愛媛県大洲市と伊予市の境界に当たる部分です。

Dsc09703_640

アテンダントからいただいた、「坊っちゃん団子」です。

Dsc09701_640

車内で注文した「ミカンジュース」です。

Dsc09720_640

車内で「伊予灘ものがたりグッズ」を発売しています。

Dsc09727_640

五郎付近です。「伊予灘ものがたり」の通過を歓迎している人がいます。

Dsc09732_640

車内から手を振っている人々がいます。

Dsc09736_640

五郎駅を通過します(10時21分15秒)。五郎駅名物(?)「たぬき駅長」を見ることができます。

Dsc09758_640

五郎駅通過後5分ほどで、伊予若宮信号場を通過します。向井原駅から分岐した予讃線は内子線を経由して、伊予若宮信号場で再び合流します。

Dsc09777_640

終点、伊予大洲駅に到着しました。このあと「伊予灘ものがたり双海編」になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

予土線に乗車

先日、予土(よど)線に乗車しました。

予土線とは、列車運行上で言えば、宇和島駅と窪川駅を結ぶ四国旅客鉄道(JR四国)の路線です。

Dsc08924_640

画像は、窪川駅です。この駅から予土線に乗車しました。

窪川(くぼかわ)駅は、昭和26年に国鉄土讃本線の駅として開業しました。昭和38年に延長区間が開業しましたが、中村線という路線名になったため、窪川駅が、土讃線の事実上の終着駅になりました。

Dsc08927_640

こちらは、JR窪川駅に隣接する、土佐くろしお鉄道の窪川駅です。昭和38年に開業した中村線は、事実上、土讃本線の延長でしたが、中村線という路線名であることから、いわゆる国鉄再建法に基づく第3次特定地方交通線として扱われ、昭和63年4月1日に第3セクター土佐くろしお鉄道として、JR旅客鉄道会社線から経営分離することになりました。

Dsc08952_640

画像は、窪川駅4番線に停車中の予土線宇和島行きの列車です(キハ323)。キハ32形は昭和62年の国鉄民営化直前に新会社(JR旅客鉄道)の経営基盤が脆弱であると想定された「三島会社」(JR北海道、JR四国、JR九州のこと)向けに、老朽車両の取り替えを名目に製造された気動車の1形式で、キハ32は四国向けに製造された気動車です。ローカル線での運用を前提としているため、製造には、廃車発生品やバスの部品も一部流用されて製造されたようで、ワンマン運転にも対応することを前提に21両が製造されました。

反対側は・・・

Dsc08948_640

反対側から撮影した車両です。この車両は鉄道ホビートレインという愛称が付いていて、0系新幹線を模した形にしてあります。「日本一遅い新幹線」として、マスコミに登場したことが何度もあります。

Dscn0132_640

鉄道ホビートレインの車内です。

Dsc09075_640

鉄道模型が飾ってあるのが見えます。

Dscn0142_640

窪川寄りの座席の一部を、かつての0系新幹線で使用されていた転換シートに改装してあります。

Dsc09112_640

ワンマン列車の運賃表です。「鉄道ホビートレイン」のためか、東京・新横浜など東海道新幹線の駅名が入っているのは「演出」のようです。なお、熱海の隣が静岡になっているのは、誤りではなく、昭和39年の東海道新幹線開業当時は、三島駅がなかったためでしょう(東海道新幹線三島駅の開業は昭和44年です)。

Dsc08939_640

窪川駅4番線に掲示されている案内です。予土線の列車は、定期列車は全列車4番線から発車するようです。「普通列車内にはトイレはありません」と掲示されています。予土線車内での飲み食いには制限がありませんが、予土線にはトイレは設置されていないという前提で利用する必要があるようです。

Dsc08966_640

列車は窪川駅を発車しました。

Dsc08969_640_2

窪川駅場内を過ぎる前に、四国旅客鉄道と土佐くろしお鉄道との会社境界があります。これ以降、土佐くろしお鉄道内に入ります。

Dsc08972_640_2

若井(わかい)駅に到着します。若井駅は、昭和38年12月に、国鉄中村線の駅として開業しました。昭和63年4月1日に、四国旅客鉄道中村線から、土佐くろしお鉄道中村線に経営分離することになりました。

Dsc08941_640

このため、予土線に乗車して窪川-若井間を通過する場合、「青春18きっぷ」や「フルムーン」などのフリーきっぷを使用して乗車する場合は、窪川-若井間の土佐くろしお鉄道の運賃(210円)が別途必要になりますので、ご注意ください。なお、「四国フリーきっぷ」などの窪川-若井間がフリー区間に含まれる特企券で乗車する場合は、追加運賃は不要になります。画像は、窪川駅跨線橋に掲示されていた、土佐くろしお鉄道窪川-若井間乗車する場合の注意書きです。英語表記にも対応しているようです。

Dsc08975_640

若井駅を発車後、3分後くらいに、川奥(かわおく)信号場を通過します。

Dsc08980_640

川奥信号場は、昭和49年3月に予土線と中村線の分岐点として開業した信号場です。これにより、予土線が全通しました。なお、営業上の(運賃計算上の)分岐点は若井駅になります。

原則として、中村線の列車は1番線(右側の線路)を通過し、予土線の列車は2番線(左側の線路)を通過します。時刻によっては、川奥信号場で運転停車を行い、反対側から来る列車の待ち合わせを行うこともあります。

Dsc08982_640

川奥信号場の(予土線側の)場内信号機のところに「土佐くろしお鉄道」と表記してある表示が見えます。ここが土佐くろしお鉄道と四国旅客鉄道の会社境界になります。これ以降はJR四国になります。

Dsc08985_640

川奥信号場を過ぎて3分くらいで家地川(いえぢがわ)駅に到着します。なお、「71」と表示されているのはキロ程(起点からの距離)です。起点から71kmということになりますが、予土線の起点は北宇和島駅です。本来は、起点から終点に向かうのが下り(宇和島から窪川方面へ)ということになりますが、予土線の運行形態は、予讃線や土讃線に合わせて、宇和島方面の列車を下り列車としています。

Dsc09005_640

予土線の川奥信号場-江川崎までの区間は、四万十川に多少なりとも並行して敷設されている区間であり、昭和49年に開業した新線区間です。そのため、ローカル線とはいえ、橋梁もそれなりに立派な作りになっていて、トンネルについてもいくつもあり、ある程度の高速運転が可能なように敷設されています(といっても最高速度は85km/hですが・・)。

昭和47年以降に開業したローカル線が全国にいくつかありますが、当時の田中角栄元首相が主導した日本列島改造ブームの影響が多少なりともあるようです。

Dsc09007_640

土佐大正駅に到着します。予土線最初の列車交換可能駅です。列車に向かって撮影している人があるようです。

Dsc09014_640

走行中の列車から見た四万十川です。

Dsc09021_640

土佐大正駅の次の駅である、土佐昭和駅に到着します。ここでも列車に向かって撮影している人々が見えます。なお、土佐昭和駅の次の駅は土佐平成ではありません。

Dsc09029_640

土佐昭和駅を出ると、左側に四万十川を見ることができます。この先には・・・

Dsc09030_640

この時期ならではの景色が見えます。川の両岸をたくさんの鯉のぼりが泳いでいるのが見えます。

Dsc09031_640

少し引いて撮影した画像です。

Dsc09058_640

半家駅に到着します。これも難読駅の一つになるようです。

Dsc09060_640

駅名標です。カタカナで表記していなくてよかったと思っている人もいるのでは?

Dsc09068_640

江川崎(えかわさき)駅に到着します。窪川行きの列車が向こうに見えます。江川崎駅は昭和28年に、当時の宇和島線の終着駅として開業しました。昭和49年に宇和島線を予土線と改称した際に中間駅になりました。

江川崎は、平成25年8月12日に日本最高気温41℃を観測した地域として有名になりました。

Dsc09078_640

江川崎駅を発車すると、列車の最高速度が65km/hとさらに低速になります。レールも貧弱になり、カーブの箇所は脱線防止レールが付くようになっています。

Dsc09093_640

吉野生(よしのぶ)駅に到着します。

Dsc09102_640

吉野生駅では臨時列車「しまんトロッコ2号」の待ち合わせをします。

Dsc09098_640

予土線の列車には、トイレがないこともあり、トイレ休憩も兼ねているようです。

Dsc09118_640

松丸駅に到着します。

Dsc09121_640

松丸駅は、松野町ふれあい交流館との合築駅舎になっており、「森の国ぽっぽ温泉」という温泉施設もあります。営業時間は10時から22時までで、定休日は第2月曜日(この日が休日の場合はその翌日が定休日)です。なお、8月のみ、第1月曜日が定休日になります。入浴料金は510円(高校生以上)です。

Dsc09127_640

近永(ちかなが)駅に到着します。近永駅は大正3年、宇和島鉄道(のちに国有化して宇和島線になる)の終着駅として開業しました。現行ダイヤでは、宇和島駅からこの駅折り返し列車が設定されています。

Dsc09132_640

「200」の表示が見えます。これは曲線半径が200mであることを表しています。宇和島線(現:予土線)は、元来軽便鉄道として敷設されたため、線路規格が低く、カーブもきつい区間がいくつもあります。

Dsc09146_640

伊予宮野下(いよみやのした)駅に到着します。ここでも窪川行き上り列車と列車交換します。

Dsc09150_640

務田(むでん)駅に到着します。終点宇和島駅まであと2駅です。

Dsc09160_640

務田から北宇和島までは、6.3kmあります。列車は急勾配や急カーブが連続する箇所を走行するため、務田-北宇和島間で12分15秒かかります(ダイヤ上の時刻)。

Dsc09171_640

北宇和島駅場内信号機が見えます。ここで予讃線と合流します。

Dsc09177_640

北宇和島駅です。矢印の部分に「0キロポスト」(起点を現す表示)が見えます。予讃線上り列車が進入するのも見えます。

Dsc09179_640

予讃線上り列車が停車中です。

Dsc09181_640

北宇和島駅を発車します。北宇和島-宇和島間は予讃線になります。「296」の数字が見えますが、これは予讃線のキロポストです(予讃線の起点は高松駅)。

Dsc09191_640

北宇和島駅から3分ほどで、終点の宇和島駅に到着します。

Dsc09198_640

宇和島駅到着後でも、写真撮影をしている人が何人もいました。

予土線にこのような車両を導入したのは、予土線がJR四国管内では、輸送力が一番少ない路線であり(2番目に少ないのは、予讃線の向井原-伊予大洲)、乗客数を少しでも増やそうと工夫した結果なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

団体列車「ばんえつ物語やまなし」に乗車

平成26年11月16日に、団体列車「ばんえつ物語やまなし」が、甲府-八王子間で運転されました。

これは、同日に運転された「My Premiumやまなし」で使用された車両を返却する過程で、客扱いを団体列車で行ったようです。

Dscn9414_640

画像は、甲府駅で撮影したものです。「団体ばんえつ物語やまなし」と表示されています。

Dscn9419_640

甲府駅2番線ホームで撮影した画像です。発車は15時45分になります。

Dscn9397_640

発車数分前に、甲府駅2番線に列車が入線しました。

Dscn9423_640

甲府駅では、駅社員が横断幕を掲げてお見送りをしていました。

Dscn942_640

列車は、15時45分に発車しました。

Dscn9392_640

車内の画像です。元々12系客車であるため、大幅な変更は為されていません。照明や窓脇のテーブルの形状、および座席のモケット等が変更されています。

Dscn9434_640

売店車の画像です。鉄道グッズが販売されているようです。

Dscn9477_640

4号車の展望車車内の画像です。

Dscn9474_640

1号車の「オコジョ展望車両」の画像です。

Dscn9421_640

7号車の車内です。グリーン車扱いになっていて、3列座席になっています。

Dscn9519_640

団体列車の指定席券です。旅行商品扱いのため、いわゆる○契乗車券になっています。

Dscn9439_640

甲府駅発車後、最初の停車駅は、山梨市駅です(16時00分着、07分発)。22Mの通過待ちをしましたが、運転停車のため、ドアは開きませんでした。

Dscn9453_640

次の停車駅は、甲斐大和駅です(16時25分着、37分発)。3018Mの通過待ちを行いましたが、ここではドアを開けていました。なお、甲斐大和駅は平成5年まで初鹿野(はじかの)という駅名でした。

Dscn9454_640

弁当の提供がありました。しかし・・・

Dscn9456_640

なんと、消費期限が17時になっていました。

弁当の配布から消費期限まで30分もない状態だったため、お詫びの放送がありました。

乗車券類発行箇所(びゅうプラザ)に申し出れば、食事代金分を返金するとのお知らせがありました(金額は不明です)。

Dscn9461_640

大月駅は通過しました(16時55分)。なお、次の猿橋駅で46分停車しましたがドアは開きませんでした。猿橋駅では普通列車を含め、数本の列車を待避しました。

Dscn9466_640

次の停車駅は四方津駅です(17時58分着、18時04分発)。8080Mを待避しました。ここでもドア扱いが行われました。

Dscn9482_640

次の停車駅は相模湖駅です(18時17分着、23分発)。ここでは3020Mを待避しました。列車の撮影をしている人がいるのが見えます。

Dscn9486_640

八王子駅には18時42分に到着しました(3番線ホーム)。

Dscn9490_640

八王子駅2番線ホーム(中央線東京方面)はこのような状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

「とれいゆつばさ」に乗車

先日、「とれいゆつばさ」に乗車しました。

「とれいゆつばさ」とは、新幹線車両として初めて改造されたジョイフルトレインで、「とれいゆ」とは「train」(列車)と「soleil」(フランス語で「太陽」の意味)を合わせた造語ということです。

Dscn9113_640

「とれいゆつばさ」の始発駅である、福島駅(西口)です。「とれいゆつばさ」の運転区間は福島-新庄間です。

Dscn8728_640

福島駅5番線ホームに停車している「とれいゆつばさ」です(入線時刻は9時40分)。「とれいゆつばさ」は、福島駅では在来線ホームから発着します。時刻表にもそれを示す記述があります。

Dscn8730_640

福島駅5番線停車中の「とれいゆつばさ」です(11号車寄りの画像)。

Dscn8732_640

「とれいゆつばさ」の乗車位置も用意されていました。

Dscn8736_640

福島駅社員による横断幕も用意されていました。

Dscn8742_640

画像は16号車の出入り口部分です。ここからは出入りできないということのようですが、それであれば、ドアを閉めた状態にしておけばよいのではないかと思います。

Scan2014_640

画像は、乗車時に使用した特急券です。

「とれいゆつばさ」に乗車した場合の運賃・料金の合計は、以下のとおりです(通常期で計算)。

福島-新庄:5140円(乗車券2590円+特急券2350円)

福島-山形:3390円(乗車券1490円+特急券1700円)

山形-新庄:3040円(乗車券1140円+特急券1700円)

上記画像の特急券で、料金は(繁忙期で)2550円ではなく2450円になっていますが、これは「えきねっと割引」が適用されているからです。

なお、福島駅まで東北新幹線を利用した上で、乗車当日に「とれいゆつばさ」に福島駅から乗車した場合、上記特急料金は、いわゆる幹在特料金が適用されるため、2550円の箇所が1790円になります(「とれいゆつばさ」(上り)から東北新幹線に福島で乗り継ぐ場合も同様です)。通常期の場合は1650円です。

運賃・料金については上記の通りですが、仙台支社の「とれいゆつばさ」のサイトを見ても、なぜか運賃・料金を明確に表示していません。

Dscn9209_640

「とれいゆつばさ」は、以前、E3系「こまち」で使用されていた車両(R18編成:平成14年製造)を平成26年に川崎重工車両カンパニーで改造したものです。画像はE3系「こまち」です(R18編成ではありません)。

Dscn8930_640

画像の車両は「とれいゆつばさ」11号車である、E321-701です。E311-18から改造されました。

Dscn8731_640

11号車デッキで撮影したE321-701の車両表示です(銘板ではなく、シールになっています)。種車の型式であるE311からE321に変更されていますが、E311はE3系グリーン車の型式で、E321は普通車の型式のためです。

Dscn8904_640

E321-701の車内です。E311の頃と座席配置に変更はありません。E3系グリーン車をそのまま普通車に改造したのは、サービスと受け取る向きもあるようですが、普通車とほとんど代わり映えのない車両に今までグリーン料金を徴収してきたと見る向きもあり、私は後者の考えの方が実態に合っているように感じます。

Dscn8926_640

画像は12号車である、E326-701です。E326-18から改造されました。

Dscn8923_640

画像は13号車である、E329-701です。E329-18から改造されました。

Dscn8921_640

画像は14号車である、E328-701です。E328-18から改造されました。

Dscn8759_640

画像は14号車の車内です(12号車・13号車もほぼ同一の車内です)。3列座席のようになっていて、左側が2人がけ、右側が1人がけの座席になっています(14号車車内を13号車側に向けて撮影しているため、下り列車では2人がけが進行方向右側になります)。

Dscn8770_640

画像は2人がけの座席です。下り列車の場合は、進行方向右側になります。いすの部分が畳敷きになっているのがわかります。窓側がAD席で、通路側がBC席になります。

Dscn8763_640

画像は1人がけの座席です。1人あたりの横幅が少し広くなっているように感じます。こちらもいすの部分が畳敷きになっています。

Dscn8764_640

1人がけの座席はEF席になっているようです(下り列車に乗車する場合は、E席が前向きになります)。

Dscn8917_640

画像は15号車である、E325-701です。E325-18から改造されました。

Dscn8743_640

画像は15号車の車内です。「湯上がりラウンジ」と称した場所があり、手前で飲み食いができるスペースが用意されています。奥側にカウンターがあり、飲み物等を注文できるようになっています。

Dscn8751_640

カウンターに出ていた飲み物類(一部)です。ワインが並んでいるようです。

Dscn9005_640

車内販売メニューです。飲み物、食べ物、お土産品などが掲載されています。

Dscn8915_640

画像は16号車である、E322-701です。E322-18から改造されました。

Dscn9010_640

16号車は足湯車両ですが、入口にはこのような掲示が出ていました。

JR東日本のポータルサイトには、「「足湯」は、びゅう旅行商品ご利用のお客さまに限り、足湯利用券をあらかじめご購入いただけます。」との記述があります。これは「びゅう旅行商品」を購入した旅客に対して、優先的に足湯を利用できるようにしているようです。

なお、「びゅう旅行商品」を購入していない旅客であっても、足湯利用券を購入できる場合があるようです。

Dscn9007_640

当日に足湯利用が可能な場合、15号車カウンターで足湯券を販売します(タオル付きで380円)。支払いにはSuicaなどの交通系ICカードも利用できます。

Dscn8757_640

これが足湯利用券です。時間を指定して申し込みます。

Dscn8758_640

足湯利用券の裏面です。利用上の注意が書いてあります。利用時間は(着替えの時間を含めて)15分ということになっています。

Dscn8801_640

私が足湯利用券を購入してしばらくすると、画像のように「完売」表示が出ました。アテンダントによれば、当日の足湯利用券が何枚発売されるかについては「わからない」とのことでした。おそらく「びゅう旅行商品」を購入した旅客のうち、どのくらいの数の足湯利用券が売れるかによるようです。

Dscn8816_640

山形駅では7分停車します。

Dscn8818_640

山形駅でも駅社員が歓迎の横断幕を掲げていました。

Dscn8827_640

山形駅発車直前に撮影した画像です。

Dscn8894_640

山形駅発車後しばらくしてから、足湯利用時間になりました。画像は足湯入口(16号車デッキ)です。

Dscn8841_640

足湯は2槽あるようです。

Dscn8881_640

足湯は3つの区画に分かれています。

Dscn8844_640

中央の区画に入りました。ジェットバスのようにお湯が噴射していました。なお、足湯のお湯は温泉ではありません。アテンダントによれば、(下り列車で)新庄到着後にお湯を入れ換えることもないようです。

Dscn8860_640

列車の揺れ等により、お湯がこぼれるのを極力防ぐために、指の第一関節くらいの長さの「返し」が付いているようです。3区画に分かれているのも「対策」の一環のようです。

Dscn9066_640

別角度からの画像です。「返し」があるのがわかります。

Dscn8878_640

足湯から旅客が出るたびに「湯守アテンダント」が掃除をしているところです。

Dscn8861_640

足湯の反対側には、いすが用意されています。

Dscn8907_640

新庄到着直後の「とれいゆつばさ」です。

Dscn8911_640

新庄駅でも、駅社員が横断幕を掲げて「歓迎」していました。

Dscn8935_640

「とれいゆつばさ」の新庄到着の12分後に、「リゾートみのり」が到着します。「とれいゆつばさ」の旅行商品は往路または復路に「リゾートみのり」を組み込んだ行程になっています。

Dscn8961_640

「とれいゆつばさ」の終着駅である、新庄駅です。現駅舎に改築されたのは、平成11年です。新庄駅の特徴として、改札からすべてのホーム(1~5番線)まで、階段等を使用しないで行くことができるようになっています(それまでの奥羽本線を分断したため、結果的にそうなったとも言えます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月30日 (月)

「つばさ」エクステリアデザイン車両に乗車

昨日、「つばさ」号に乗車しました。

Dscn9880_640

大宮駅から乗車しました。まさかエクステリアデザイン車両が来るとは想定していなかったため、前部の撮影ができませんでした。

Dscn9882_640

「つばさ」に使用されているE3系2000番台は窓側の下部に電源コンセント(赤矢印の箇所)が設置されていて、PCやスマホなどの充電ができる環境にあるのは良いことと思います。なお、コンセントの設置はエクステリアデザイン車両とは関係ありません。一部の「つばさ」には、E3系1000番台も使用されておりますが、1000番台は電源コンセントは用意されていません。

エクステリアデザイン車両の内装には基本的に変更はありません。

Dscn9892_640

「つばさ」(右側の列車)と併結している「やまびこ」(左側の列車)の画像です。

Dscn9896_640

郡山駅を発車する「つばさ・やまびこ」です。

Dscn0153_640

福島駅に掲示してあった「エクステリアデザイン車両運行時間」です。これを見る限り、少なくとも2編成が「エクステリアデザイン車両」になっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

常磐線の広野-竜田間復旧

平成26年6月1日に、東日本大震災以降運転休止になっていた、常磐線の広野-竜田間が復旧しました。早速該当区間を乗車しました。

Dscn0147_640

画像はいわき駅です。いわき駅から常磐線竜田行きの列車に乗車しました。

Dscn0159_640

いわき駅ホームに掲示してある、常磐線下り時刻表です。

Dscn0161_640

時刻表の右下には「H26.6.1改訂」の表記がありました。

Dscn0156_640

いわき駅3番線の表示も「竜田方面」に貼り替えてありました。

Dscn0136_640

「竜田 FOR TATSUTA」の方向幕も用意されていました。運転再開の発表から施行までわずかな期間であったことを考えると、既に竜田駅まで復旧させることが発表のかなり前から想定していたことがうかがえます。

Dscn0169_640

いわき駅から竜田行き普通列車に乗車しました。

Dscn0173_640

向こうに普通列車が見えます。この区間の旅客列車は、一部を除き415系4両編成で運用されています。

Dscn0180_640

四ツ倉駅を出発します。ここから単線になります。

Dscn0187_640

広野駅に到着します。平成23年10月10日から平成26年5月31日までは、広野駅が終着駅でした。

Dscn0190_640

広野駅から木戸駅方面への画像です。バラストが新しく敷いてあるのがわかります。なお、木戸駅までは複線区間です。

Dscn0194_640

広野-木戸間です.架線柱等も新しくなっており、まるで新規開業区間を走行しているかのようです。

Dscn0205_640

木戸駅に到着します。木戸駅は無人駅です。ここから乗車する人はいなかったように思われます。

Dscn0208_640

木戸駅を発車します。木戸-竜田間は再び単線区間になります。

Dscn0212_640

木戸-竜田間です。単線区間ですが、バラストも新しく敷いてあるのが確認できます。

Dscn0216_640

竜田駅場内信号機が見えます。右側の信号機しか使用していないようで、上り1番線(竜田駅3番線)に到着します。

Dscn0221_640

竜田駅に到着します。プラットホームは杠上されているようです。

Dscn0229_640

竜田駅プラットホーム端から富岡方を見たところです。踏切の向こう側の線路が雑草で埋もれているように見えます。

Dscn0234_640

竜田駅3番線ホーム停車中の列車と駅名標の画像です。竜田駅では、折り返し乗車する旅客を含め、一旦全員下車した後で、ドアを閉め、再度ドアを開けるということを行っていました。

Dscn0232_640

竜田駅3番線ホームから改札の出入りは、跨線橋ではなく、上下本線を塞いで設置した仮の通路で行うようです。

Dscn0244_640

竜田駅1番線ホームでは、画像のような横断幕を掲げていて、運行再開を喜んでいたようです。

Dscn0254_640

上り列車発車の際には、ゆるキャラ(ゆずたろう)が手を振ってお見送りをしていました。

Dscn0256_640

竜田駅改札口上に、「空間線量率」の数値を表示していました。

Dscn0257_640

駅待合室内では、「JR東日本復興への取組み」として、復旧工事の写真が掲示してありました。

Dscn0265_640

竜田駅の時刻表です。8時33分発(666M)が8両編成の他は4両編成です(全列車415系で運転)。

Dscn8700_640

乗車記念を申し出ると、画像のような「乗車記念」のスタンプが押されました。

Dscn8701_640

入場券も購入しました。なお、駅営業時間は9時10分~17時00分です。

Dscn0262_640

竜田駅駅舎の画像です。

Dscn0264_640

駅の脇に、楢葉町観光案内図がありました。

Dscn0288_640

駅の近くを歩いてみました。未だに震災で壊れたままの箇所もあります。

Dscn0283_640

井出陸前浜街道踏切(起点:241K266M)から富岡方を見た状態です。線路が雑草で覆われている箇所があります。竜田以北がいつ復旧するのか現時点では不明です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

函館本線2151Mに乗車

先月、函館本線2151Mに乗車しました。

函館本線2151Mとは、小樽から旭川まで下り1本のみ直通運転する普通列車です。今年度中に引退が噂されている711系で運転される列車でもあります。

Dscn0348_640

函館本線2151Mの始発駅である、小樽駅の画像です。観光地としても有名ですが、平日は札幌方面への通勤・通学のターミナルとしての機能もあるようです。

Dscn0365_640

小樽駅改札口上にある行先案内表示です。(観光客対応?のため)、全列車札幌駅停車の表示が見えます。「改札中」のランプが付いていますが、自動改札になった今となっては、意味のある表示とも思えません。

Dscn0381_640

8時03分に124Mが小樽駅2番線ホームに到着します。この列車が折り返し2151Mになります。

Dscn0395_640

左側の列車が2151Mになる列車(711系6両)です。右側の列車は蘭越発札幌行き快速「ニセコライナー」です(キハ201系3両)。この列車は小樽駅で2151Mの発車を待ってから(小樽8時01分着)、8時18分に発車します。なお、札幌駅には、2151Mよりも「ニセコライナー」が先着します。

Dscn0398_640

2151Mは8時10分に小樽駅を発車しました。

Dscn0412_640

小樽築港(おたるちっこう)駅に到着します(8時16分30秒)。かつては小樽築港機関区があり、鉄道の要衝でしたが、現在は機関区も廃止になり、複合商業施設(マイカル小樽)が建設されました。

Dscn0419_640

小樽築港を出ると、左側に石狩湾が見え、しばらく海岸の風景を見ることができます。

Dscn0426_640

この近辺に平成18年まで張碓(はりうす)駅がありました(平成10年に事実上営業休止)。すでにプラットホームなどが撤去されていますが、妙に上下線が離れていることが、かつて駅があったのではないかと推察できます。

Dscn0438_640

銭函(ぜにばこ)駅に到着します(8時28分45秒)。中線(2番線)は、ほしみ駅からの回送列車に使用されます。なお、銭函まで小樽市に所属しています。

Dscn0444_640

ほしみ駅に到着します(8時32分15秒)。ほしみ駅は平成7年に開業した駅で、札幌市内最西端の駅です。ほしみ駅始発・終着列車が設定されていますが、画像にあるように、上下線の渡り線が存在しないため、一旦、銭函駅2番線まで列車を回送して対応しています。

Dscn0446_640

稲穂(いなほ)駅に到着します(8時37分15秒)。通勤客が列車を待っているのが見えます。なお、稲穂駅は無人駅ですが、札幌運転所(札サウ)の最寄り駅のため、JR北海道札幌運転所所属の運転士が、便乗することがよくあります。

Dscn0450_640

手稲(ていね)駅に到着します(8時41分15秒)。左側から延びている線路は、札幌運転所からの回送線です。

Dscn0461_640_2

手稲駅では、小樽駅で2151Mに連絡した、快速「ニセコライナー」の待ち合わせを行います。手稲駅はJR北海道で2番目に乗降客数が多い駅(平成24年度の1日平均乗降客数は14429人)です。それでも首都圏とは比較にならないほど少ないようです。

Dscn0473_640

稲積公園(いなづみこうえん)駅に到着します(8時48分30秒)。ここでも通勤客が何人もいるのが見えます。右側の車両は、現在増備中の733系です。今年度も増備するようですので、それで711系を置き換えるのではないかと思われます。

向こうに、手稲駅で追い抜いた、「ニセコライナー」がうっすらと見えます。

Dscn0475_640

既に札幌市内に入っていますが、車窓からはこのような景色を見ることができます。

Dscn0484_640

桑園(そうえん)駅に到着します(9時01分45秒着)。右側の列車は函館本線146Mで左側の列車は札沼線551Mのようです。桑園駅にはJR北海道の本社があります。

Dscn0495_640

札幌駅に到着します(9時05分15秒着)。札幌駅はJR北海道で最も乗降客数が多い駅で91575人いるようです。これは2位の手稲駅の6倍くらいあり、いかに札幌集中があるかわかる数値と思います。

北海道全体で5441621人(昨年末現在)の人口がありますが、そのうち札幌市のみで1921237人と全道の約3分の1の人口になっています。

Dscn0499_640

札幌駅停車中の2151Mです。札幌駅では3分停車します。運転士も交代しました。札幌駅では降車客がたくさんいましたが、それでも車内には座席がほとんど埋まるほどの乗客がいます。

Dscn0506_640

札幌駅を発車しました(9時08分15秒)。この区間はJR北海道で最も列車回数が多い区間になります。

Dscn0516_640

苗穂工場が見えます。苗穂駅に隣接しています。JRの現業機関で「工場」と呼ばれている箇所も少なくなってきました(JR北海道では苗穂工場のみで、JR東日本やJR九州では「工場」と呼ばれていた現業機関は「総合車両センター」などの名称になっています)。

Dscn0515_640

苗穂工場内にはフラノエクスプレスの車体が今でも解体されずに残っているのを見ることができます。

Dscn0524_640

白石(しろいし)駅に到着しました(9時15分)。この駅で割と大量の下車客がいました。

なお、白石駅は他の路線にもある関係で、マルス券面上は「(函)白石」と表記されます。東北本線の場合は「(北)白石」、肥薩線の場合は「(肥)白石」と表記されます。

Dscn0534_640

厚別駅場内信号機が見えます。右の高架橋は千歳線ですぐ向こうに新札幌駅があります。厚別駅と新札幌駅は徒歩で10分くらいで行くことができるため、列車乗り継ぎの裏技として使用されることがあります。私も新札幌駅から厚別駅まで徒歩で移動したことが何度かあります。

Dscn0540_640

野幌(のっぽろ)駅停車中です(9時30分15秒着・45秒発)。野幌駅は平成23年に高架化されました。

Dscn0542_640

江別駅に到着します(9時35分30秒)。江別駅も函館本線札幌圏内の拠点の駅で、江別から岩見沢方面の日中は、普通列車の列車本数が半減します。

Dscn0556_640

江別を過ぎると、車内はこのような感じになり、6両編成では輸送力過剰であることを感じます。

Dscn0564_640

幌向駅停車中です。4分停車中に、「スーパーカムイ9号」が通過していきます。

Dscn0567_640

上幌向駅を発車してからしばらくすると、右側に高架橋が見えます。これは室蘭本線の線路で、岩見沢まで並走します。

Dscn0582_640

岩見沢駅に到着します(10時02分)。3番線ホームに到着します。岩見沢で長時間停車します。

Dscn0588_640

岩見沢駅3番線ホームに到着しました。小樽駅からの6両編成でしたが、ここで後部3両を切り離します。

Dscn0592_640

後部3両の分割作業中です。右側の編成が岩見沢で切り離される編成です。

Dscn0598_640

後部編成を分割しました。後部編成は岩見沢駅構内の電留線に留置します。

Dscn0623_640

時間があったため、改札を出ました。岩見沢駅は平成12年の火災により全焼したため、駅舎を建て替えることになりました。

Dscn0635_640

手前の車両が、旭川行き2151Mで、向こう側に見える車両は、岩見沢まで連結していた後部3両編成です。列車分割と、特急「オホーツク3号」と「スーパーカムイ11号」の待避も行うため、発車は10時30分になります。

Dscn0647_640

岩見沢駅を発車後の車内の画像です。3両編成に減車になりましたが、それでも輸送力過剰な感じがするほど乗客が少ないようです。

Dscn0653_640

滝川駅に到着します(11時13分)。滝川駅でも長時間停車します。

Dscn0660_640

滝川駅停車中の2151Mです。発車時刻は11時55分30秒です。

Dscn0697_640

滝川駅停車中の2151Mの車内です。乗客がほとんどいないように見えますが、発車する頃には多少は乗客がくるのでしょう。

Dscn0704_640

滝川駅で特急「スーパーカムイ15号」の待避をします。「スーパーカムイ15号」が始発駅である新千歳空港駅を発車したとき、2151Mは岩見沢駅停車中でした。岩見沢・滝川駅停車時間が長時間であることを感じます。

Dscn0708_640

滝川駅を発車すると、右側に分岐する線路が見えますが、これが根室本線です。

Dscn0760_640

画像に見える「境界」とは、JR北海道鉄道事業本部(本社直轄)と旭川支社との境界です。

Dscn0721_640

深川駅に到着します(12時15分)。左側からの線路は留萌本線です。

Dscn0729_640

深川駅を発車しました。この付近まで深名線の線路がかつてあったのでしょう(深名線は平成7年9月廃止)。

Dscn0732_640

終点旭川駅にまもなく到着です。5番線に到着するようです。

Dscn0735_640

旭川駅到着直前に左側に見える建物は、JR北海道旭川支社です。

Dscn0737_640

旭川駅5番線ホームに到着します(12時42分15秒)。

Dscn0738_640

旭川駅到着直後の2151Mです。このあと、引上線に一旦留置し、2220Mの運用に入ります。

今年度中に711系引退の話が出てきています(現時点でJR北海道の公式な発表は出ていません)。711系引退以後は、このような小樽-旭川間直通の列車が設定されるか、あるいは、岩見沢で運用分断などになるかが、興味のあるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧