2014年11月23日 (日)

モバイルSuica再び機種変更

本日、モバイルSuicaの機種変更を行いました。

Dscn9521_640

機種変更に当たり、旧機種のモバイルSuicaを起動します。

Dscn9522_640

旧機種のモバイルSuicaを起動します。

Dscn9523_640

この画面からモバイルSuicaログインを行います。

Dscn9524_640

この画面で、6の「携帯端末の機種変更」を選択します。

Dscn9525_640

機種変更すると旧端末ではモバイルSuicaを使用することができなくなる旨の注意書きが書いてあります。

ここで「機種変更する」を選択すると・・・

Dscn9526_640

機種変更の処理が行われ・・・

Dscn9527_640

「この携帯情報端末でモバイルSuicaの機能はご利用いただけなくなりました」の表示が出ています。この操作をすることにより、旧機種のモバイルSuicaの情報をサーバーにアップロードしたことになります。

Dscn9528_640

新しい方の端末を起動します。「おサイフケータイ」のラインアップから「モバイルSuica」を選択します。

Dscn9535_640

この画面で「モバイルSuicaアプリダウンロードはこちら」をタップします。

現状ではAndroid端末のみ使用可能ですが、i-Phone端末で使用することも、一応可能になっているようです。i-Phone端末で使用する場合はこちらを参照。

Dscn9536_640

「インストール」をタップして、アプリをインストールします。

Dscn9541_640

アプリのインストールに際して、確認が行われます。

Dscn9542_640

アプリの初期設定を行います。

Dscn9545_640

処理中になり・・・

Dscn9546_640

モバイルSuicaの初期設定を行います。

初期設定は、改札の外で行う必要があります。なお、Gmailではメールの一部が正しく表示されない場合があるようですので。メールアドレスは携帯電話独自のアドレス(DoCoMoの場合は@docomo.ne.jpをドメインとするなど)で登録した方がよいようです。

Dscn9547_640

ここで「ログインへ」を選択します。機種変更ではなく初めてモバイルSuicaを使用する場合は「会員登録へ」を選択します。

Dscn9551_640

ログイン後に上記画面が表示されます。機種変更手続きについて確認を行います。ここで「実行する」をタップすると・・・

Dscn9552_640

「携帯情報端末の機種変更処理中です。」の表示が出て・・・

Dscn9554_640

機種変更が完了し、電子マネー等の情報を移すことができました。

Dscn9556_640

改めて、モバイルSuicaアプリを起動すると、SF(電子マネー)等が移行されているようです。なお、モバイルSuicaのIDは変更されています。

Dscn9557_640

必要な設定変更があれば、ここで行います。特に旧機種と新機種とで、携帯電話会社が異なる場合は、メールアドレスを変更することが事実上必須になるようです。メールアドレスを変更する場合は、「携帯情報端末の情報」をタップして、変更を行います。

Dscn9558_640

電話番号やメールアドレスを入力した後で「秘密の質問」も設定します。これを設定することにより、第3者に不正使用されるリスクを低減することができます。

Dscn9560_640

機種変更が終了し、正常に変更手続きが完了すると、携帯端末のメールアドレスに、上記内容のメールが送付されます。

Suicaポイントクラブには、変更されたモバイルSuicaのIDが自動的に変更されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

エクスプレス予約による「さくら」「みずほ」等の利用について

すでに公式に発表されていたことですが、7月21日から「エクスプレス予約」で、「みずほ」・「さくら」・「つばめ」の各列車が予約可能になりました。

3月17日のダイヤ改正から「ひかりレールスター」の大部分がことごとく「さくら」になったため、「エクスプレス予約」利用者にとっては事実上のサービスダウンになっていましたが、これで多少は改善されたようです。

Dscn1363_640

スマートフォンで操作した「エクスプレス予約」の画面です。「みずほ601号」が表示されているのが見えます。

Dscn1366_640

シートマップによる座席表示も可能になっています。

Dscn1367_640

画像に出ているように「喫煙ルーム付近」の表示も可能です。

なお、「みずほ」・「さくら」・「つばめ」の予約対象区間は山陽新幹線の区間(新大阪-博多)です。九州新幹線の区間は対象になっていませんのでご注意ください。

そのため、予約時に「みずほ」・「さくら」・「つばめ」の乗車区間によっては、「エクスプレス予約」にするか「e5489」にするかの判断が必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

「SeicomartでKitaca・Suicaを使って当てよう!」キャンペーンに当選!

先日「SeicomartでKitaca・Suicaを使って当てよう!キャンペーン事務局」からキャンペーンに当選の旨のメールが来ました。

Dscn0819_640

上記画像が当選メールの文面です。D賞とはいえ当選しました。なお、賞品送付先を先方にお知らせする必要があります。

Dscn0820_640

キャンペーン事務局は、株式会社北海道ジェイ・アール・エージェンシー(JR北海道の系列会社)が行っているようです。

Dscn0823_640

上記画像がキャンペーン内容です(SeicomartのHPから見ることができます)。キャンペーンはKitacaでもSuica(モバイルSuicaを含む)でも応募可能になっていました。

Dscn0824_640

当選の賞品が画像にあるように4種類ありました。Seicomartで一度に500円以上の買い物をKitacaやSuicaで利用して、カードの裏面にある番号(JHやJEで始まる番号)を入力して応募しました。

Dscn0821_640

住所を入力して手続きが完了しました。これで商品が届くことになりますが、商品到着まで1箇月くらいかかるようです。

昨年のゆうちょSuicaキャンペーンに当選!以来の当選になります。JR系のキャンペーンには割と当選しているようですが・・・

Dscn0783_640

余談になりますが、JR北海道のKitacaエリアで相互利用できるICカードはSuicaのみです。その他のICカード乗車券類は現時点では利用できませんのでご注意ください。

Dscn0495_640

新千歳空港駅構内(改札外)の画像です。「パスモはご利用になれません」と表示されているのが見えます。首都圏在住の旅行者が(飛行機で道内入りした場合)JR北海道管内で鉄道利用する際に利用する可能性が高い区間が、新千歳空港-札幌間であることは想像がつきます。

KitacaとSuicaが相互利用が可能で、SuicaとPASMOの相互利用も可能であるため、KitacaとPASMOの相互利用も可能であるという思い込みをしている人は以外にいるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

エクスプレス予約での「みずほ」、「さくら」の取り扱いが・・・

JR東海およびJR西日本は、東海道山陽新幹線のインターネット予約サービスである「エクスプレス予約」について、「さくら」、「みずほ」、「つばめ」の各列車について、(操作日基準で)7月21日5時30分以降に取り扱いが可能になることを発表しました。

ここで言う「取り扱い」とは、新規予約・変更・取消(払いもどしを含む)、EX-ICカードによる乗車等のことです。

なお、「さくら」、「みずほ」、「つばめ」の取扱区間は、山陽新幹線相互間のみです(九州新幹線区間は対象外になります)。

操作日基準のため、予約対象が7月21日以降の列車であっても、7月20日以前の予約等はできません。

予約可能になるのは便利なことですが、一部制限があります。

早特商品(EX-IC早特など)は予約不可です(「さくら」、「みずほ」、「つばめ」を一部区間でも利用する場合を含む)。

「さくら」、「みずほ」、「つばめ」の予約は、グリーンプログラムのポイント蓄積対象になりますが、「グリーン特典」を利用することはできません。

たとえば、新大阪-博多間を「さくら」、「みずほ」、「つばめ」をエクスプレス予約で確保した場合(一部区間を「さくら」、「みずほ」、「つばめ」利用の場合を含む)、110ポイントを獲得できますが、このポイントを「グリーン特典」の一部として使用することができません(「グリーン特典」が利用できるのは、「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」のみです)。

Dscn0036_640

画像は「エクスプレス予約」の時刻指定予約画面です。「さくら」、「みずほ」、「つばめ」の予約が可能になったのはよいことですが、一部機能制限があるのは、JR東海とJR九州との精算の関係なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

SuicaキャンペーンでSuicaポイントを獲得

先日、キャンペーンによりSuicaポイントを獲得しました。

Suicaポイントとは、Suica電子マネーを使用した場合等に、一定の条件によりポイントが付与されるもので、一定のポイントがたまった時点で、Suica電子マネーにチャージできるなどの特典があります。

ポイントを得るためには、記名式のSuica(カード)かモバイルSuicaを用意し、Suicaポイントクラブへの会員登録が必要です(会員登録は無料)。

Suicaのサイトではいろいろなキャンペーンが行われています。

Suicaキャンペーンの一つに「休日はSuicaでグリーン車に乗ろう!」キャンペーンと言うものがあり、エントリーの上、Suicaグリーン車システムを使用して普通列車グリーン車を利用した結果、ポイントを獲得しました。

Dscn0106_640

画像が「Suicaポイント獲得」のお知らせです。山分けポイントとは規定されたポイントを応募者で頭割りしたポイントが獲得されるものです(上限あり)。

Suicaのサイトを見ると、いろいろなキャンペーンが行われているのが分かります。

これをうまく利用して、なるべくたくさんのポイントをGetし、少しでも得をするようにしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

モバイルSuica機種変更

先日、モバイルSuicaの機種変更を行いました。

Dscn9669_640

機種変更前のモバイルSuicaの画面です。

Dscn9672_640

この中から「7 会員メニュー」を選択します。

Dscn9673_640

パスワード入力を促す画面になります。

Dscn9674_640

パスワードを入力すると、この画面になります。ここから「携帯電話の機種変更」を選択すると・・・

Dscn9675_640

携帯電話機種変更確認の画面になります。機種変更は改札の外で行うことと、機種変更後の携帯電話がモバイルSuica対応であることを事前に確認することを促す表記が出てきます(変更後の携帯電話がモバイルSuica対応でないと、モバイルSuicaが使用できないため)。「機種変更のご案内」をクリックすると・・・

Dscn9676_640

機種変更のご案内の画面になり、機種変更に伴う説明手順が表示されます。ここでも事前に「変更後の携帯電話がモバイルSuica対応であることを確認する」ことのメッセージが表示されます。手順1を行った段階で、モバイルSuicaの情報をサーバーにアップロードするものと思われます。

Dscn9677_640

手順2として、変更後の携帯電話に「モバイルSuicaアプリ」をダウンロードし、セットアップを行います。ダウンロード後にアプリを立ち上げ、ログインして、初期設定を行うと機種変更が完了するようです(サーバーにアップしたモバイルSuicaのデータが、変更後の携帯電話にダウンロードされるようです)。

Dscn9678_640

機種変更する場合で、変更前と変更後でメールアドレスが異なる場合(電話会社が異なる場合が多いものと思われますが)、初期設定前に携帯電話メールアドレスの変更が必要になります。

Dscn9679_640

機種変更後の携帯電話がモバイルSuica対応ではない場合、モバイルSuicaからカード式のSuicaには変更できない旨の表記が出ています。機種変更時にはご注意ください。

Dscn9680_640

「機種変更する」を選択すると・・・

Dscn9681_640

データ処理中となり、機種変更の処理が行われます(モバイルSuicaの情報がサーバーへアップロードされているものと思われます)。

Dscn9685_640

機種変更受付完了です。旧機種での操作はここまでです。これ以降は、機種変更後の携帯電話での処理が必要になります。

Dscn9687_640

機種変更後の携帯電話の画面です。モバイルSuicaアプリをダウンロードして、起動するとこの画面になります。これからモバイルSuica初期設定を行います。

Dscn9688_640

これからモバイルSuica初期設定が行われます。初期設定は改札の外で行うよう旨の表示が出ています。

Dscn9690_640

ログイン画面が表示されます。

Dscn9691_640

会員登録内容確認の画面が表示されます。「入力した携帯電話メールアドレス、Suicaパスワードで初期設定を行いますか」の表示があるように、(電話会社が異なる場合などのように)メールアドレスの変更が必要な場合は、事前にメールアドレスの変更を行う必要があります。

Dscn9692_640

携帯電話番号とメールアドレスを入力します。

Dscn9693_640

変更情報の各種設定を行います。

Dscn9694_640

各種変更情報を入力後に「変更確認」をクリックすると・・・

Dscn9695_640

会員情報変更完了の画面になり、これで初期設定を行う条件が整いました。ここで「初期設定する」をクリックすると・・・

Dscn9696_640

携帯電話機種変更手続きを実行する画面になります。ここで「実行する」をクリックすると・・・

Dscn9697_640

「データ処理中」の画面になり、しばらくすると・・・

Dscn9698_640

「携帯電話機種変更完了」の画面になり、機種変更前の情報が反映されています。

Dscn9699_640

機種変更後の携帯電話の初期画面です。金額等は引き継がれていますが、SuicaID番号は変更されています。なお、Suicaポイントクラブの会員登録は登録し直さなくても引き継がれるようです。

Pic_640

移行後に、機種変更前のモバイルSuicaを起動すると、以下のメッセージが表示されて、使用できないようになっています。

正常に機種変更された場合は、登録した携帯メールアドレスに「正常に機種変更」された旨のメールが届きます。

Suicaのサイトを見ると、(入学、就職を控えている時期でもあるためか)各種キャンペーンがあるようです。うまく活用して、有意義に使用できればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

モバイルSuicaバージョンアップ

先月より、モバイルSuicaがバージョンアップしています。

Dsc06929_640
モバイルSuicaの画面です。「Ver.3」と表示されています。

Dsc06931_640
「モバイルSuicaアプリ内のデータ更新を行います」の表示が出ています。「更新する」を選ぶと・・・

Dsc06934_640
「データ処理中」の画面になり・・・

Dsc06938_640
モバイルSuicaが「Ver.4」になりました。去る3月13日に、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」との相互利用が行われ、さらにモバイルSuicaでも「オートチャージ」の設定が可能になったため、それらに対応するためにバージョンアップしたものと思われます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

ICいーカード

先日、道後温泉に宿泊した際、伊予鉄道に乗車しました。

Dsc05519_640
画像は、伊予鉄道が発行している「ICいーカード」です。Suicaなどのように、電車やバス等に乗車、及び電子マネーとしても使用できます。このカードは無記名式ですが、記名式として発行することも可能です。その場合、紛失再発行が可能になります。なお、他のICカードとの相互利用は行っていません。
また、携帯電話にアプリをダウンロードすることで「モバイルいーカード」として使用することもできます(現在はNTTDoCoMoのみ対応しています)。携帯電話で電車に乗車できるサービスは、モバイルSuicaよりも先に実用化されました。

Dsc02932_640
画像は、伊予鉄道(市内電車)の車内です(車番は69)。運転台の背後に両替機付き運賃箱が設置されているのがわかります。

Dsc02931_640
両替機付き運賃箱の画像です。「ICいーカード」で支払う場合は、「タッチしてください」の箇所にカードをタッチすることで決済されます。運賃は表示されているように、大人150円ですが・・・

Dsc05538_640
「ICいーカード」で決済した際の画像です。150円のはずですが、運賃140円と表示されています。これは「ICいーカード」で支払った場合は、10円割り引くことになっているからです。そのため、伊予鉄道利用の際には、「ICいーカード」を所持(あるいはDoCoMoのケータイからアプリをダウンロードする)ことを推奨します。

Dsc05578_640
画像は(ぶれていますが)同じく、「ICいーカード」で決済した際の画像ですが、運賃120円と表示されています。同一日に3回乗車した場合、3回目に差し引かれる運賃は120円になるようです(2回目の場合は140円です)。

Dsc05795_640
画像は同じく、「ICいーカード」で決済した際の画像ですが、運賃0円と表示され、下の方に「1Dayチケットサービスが適用されました。」と表示されています。
これは、同一日に400円分支払うと、自動的に「1Dayチケットサービス」が適用され、それ以上には運賃が差し引かれることはないようになっているからです。「1Dayチケット」も発売していますが、400円分(3回以上)市内電車等に乗車するかどうかわからない場合にも、「ICいーカード」を使用する方がよいと思われます。

Dsc02957_640
本町六丁目にある自動販売機です。「ICいーカード」が使用できることがわかります。

Dsc05524_640
「ICいーカード」は郊外電車にも使用できます。画像は松山市駅の改札です。ICカード改札と磁気券専用改札とに分かれています。

Dsc05728_640
画像は古町駅の簡易改札機です(磁気券用の改札機はありません)。

Dsc05729_640
古町駅構内にある古町車両工場です。郊外電車が停車していますが、ほとんどの車両は元京王帝都(現:京王電鉄)所属車両です。昨年、元井の頭線の3000系が入線しました(画像中央のステンレス車両)。

「ICいーカード」では石崎汽船や中島汽船も使用できるようになりました。石崎汽船で呉や広島にも行くことができるようになるため、ICOCAやPASPYとの相互利用も考慮していただきたいものと思います(なお、石崎汽船ではPASPY及びICOCAを運賃として使用することができます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

Willcomでもエクスプレス予約が可能に

PHS業者のWillcomでも東海道・山陽新幹線の指定席予約「エクスプレス予約」が12月5日から利用可能になります。

プレスはこちら

公式サイト経由でアクセスできるようになりますが、モバイルSuica経由でも可能になるのかどうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

ウィルコムxモバイルSuicaキャンペーンに当選!

JR東日本とウィルコムが本年7月5日~8月31日に実施したキャンペーンに当選し、「チャージ2000円分」を獲得しました。
チャージには期限があり、期限内に「Suicaポケット」からダウンロードする必要があります。

Cimg0238_640
JR東日本から当選案内のメールが到着しました。
前回と同様の操作をすると、以下の画面が現れます。

Cimg0262_640
下にスクロールすると、以下の画面が現れます。ここで「1」を選ぶと、チャージされます。

Cimg0266_640
受け取りが完了すると、画像の表示が出ます。

Cimg0267_640
スクロールすると、画像の表示が出ます。
「Suicaはタッチ1秒!」の表示が現れます。

キャンペーンに両方当選するとは思いませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)