2019年1月17日 (木)

「モバイルSuica」一部サービス変更

JR東日本は、来年2月以降に、現行のモバイルSuicaのサービスについて、一部変更することを発表しました。

・年会費無料化
現在、モバイルSuicaでクレジットカードを登録して利用する場合、年会費が1030円(税込)かかっていましたが、来年2月26日以降は年会費が無料になります(登録クレジットカードにViewカードを選択している場合は、元々無料になっています)。ただし、来年2月25日まで利用した場合の年会費の返金はありません。
なお、本年10月に消費税10%が予定されていますが、その際に年会費が一時的に値上げになる可能性は残されています。
・フィーチャーフォン(いわゆる「ケータイ」)等でのモバイルSuicaの利用不可
来年2月以降、フィーチャーフォン(いわゆる携帯電話)の全機種、およびAndroidスマートフォンの一部について、「ログインを伴うサービス」が終了します。
これは、おそらく、インターネット通信のセキュリティに絡む部分のサービスが終了するということのようで、電子マネーによる鉄道利用および買い物については、これまでどおり利用可能です。従って、「チャージ」についても、現金によるチャージは来年以降も可能になります。
しかし、モバイルSuicaを使用している場合、フィーチャーフォンやAndroidのOSが4.4以下のスマートフォンを使用している場合は、これまでよりも不便になることは確実なため、モバイルSuicaを以降も使用し続ける場合は、サービス終了日以前に機種変更等を行うことが望ましいようです。
・モバイルSuica特急券の利用終了
2019年度末頃に「新たな新幹線IC乗車サービスの導入」が行われるため、現状のモバイルSuica特急券のサービスが終了するようです。
以降は、「えきねっと」や「e5489」で指定席を予約・購入する際に、利用する交通系IC乗車券(IC乗車券の裏面右下にある、JE・JH・JWで始まるアルファベットと数字の組み合わせの番号)を登録して、チケットレスで乗車することになります。
現状では、利用する交通系IC乗車券は、Suica、Kitaca、ICOCAが想定されているようです。JR東日本の新幹線乗車区間相互間を想定しているため、結果的にJR北海道およびJR西日本のIC乗車券も対象にしているものと思われます。
Dsc00346
画像はモバイルSuicaのアプリの画面です(Ver.6a時のもの)。モバイルSuica特急券から「新たな新幹線IC乗車サービス」になるようですが、これを口実に事実上の値上げになることも想定されます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

JR九州×Ponta

9月1日より、JR九州とPontaが提携を開始し、JR九州インターネット列車予約サービスの「eレールポイント」から「Pontaポイント」への交換が等価で可能になりました。

Dscn9557_640

画像は、月刊Ponta9月号に掲載されているものです。
JR九州インターネット列車予約サービスの「eレールポイント」とは、インターネット列車予約サービスで列車を予約した際に獲得可能なポイントのことで、JR九州完結列車の予約の場合は100円に付き1ポイント、JR西日本などの(JR九州ではない)列車の予約の際には200円に付き1ポイント獲得できますす。

たまったポイントは、以前は、JR九州旅行券やJQポイント(JQカードで決済した場合)に交換可能でしたが、9月からはPontaポイントに交換することも可能になりました。
eレールポイントは500ポイントからPontaポイント500ポイントに交換可能ですが、10月31日までは、キャンペーン期間のため、300ポイントから交換が可能になっています。
eレールポイントからPontaポイントに交換する際には、JR九州ネット会員のIDとPontaポイントのIDを連携させる手続きが必要になります。
JR九州インターネット列車予約サービスを利用する場合には、決済用のクレジットカードを登録する必要があります。クレジットカードを所持していないと、結果的にこのサービスを利用できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

えきねっとポイント改悪へ・・・

JR東日本では、「えきねっと」を利用して指定席を確保した場合に「えきねっとポイント」を(普通車・グリーン車などの)設備に応じて付与してきましたが、来年2月1日以降(乗車日基準)は「えきねっとポイント」の付与数が変更されます。

Dscn9375_640

画像はえきねっとチケットレスサービスで確保した「スワローあかぎ」の特急券です。チケットレスサービスでも「えきねっとポイント」が付与されます。

現行の「えきねっとポイント」は以下のように付与されています。

普通車:20ポイント

グリーン車;40ポイント

グランクラス:50ポイント

来年2月1日以降は、以下のように変更されます(設備にかかわらず同一の扱い)。

自社(JR東日本で完結する区間)列車

チケットレスサービス・指定席券売機での受け取り:30ポイント

みどりの窓口での受け取り:20ポイント

他社列車

チケットレスサービス・指定席券売機での受け取り:20ポイント

みどりの窓口での受け取り:10ポイント

ここで言う「他社列車」とは、JR東日本以外の区間の列車ですが、JR東日本とJR他社に跨がる列車も含まれるのではないかと思われます(プレスには明確に書いてありません)。

これにより、「えきねっと」で指定席を確保する場合、JR東日本で完結する区間を普通車で確保し、なおかつ指定席券売機での受け取りあるいは、えきねっとチケットレスサービスを利用した場合のみ、現行よりもポイントアップになりますが、それ以外の場合は、現行と同様か現行よりもポイント付与数が少なくなります。

指定席券売機での受け取りより、みどりの窓口で受け取る場合の方がポイント付与数が少ないのはいかにもJR東日本らしいと言えます。これにより「みどりの窓口での受け取り」を少なくして、窓口を廃止する口実にするのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

「JR東海 東海道・山陽新幹線時刻表」アプリ

本日より、東海旅客鉄道(JR東海)が作成したスマホアプリ「JR東海 東海道・山陽新幹線時刻表」が公開されています。

Dscn8741_640

画像はJR東海が一般向けに配布している「東海道・山陽新幹線時刻表」です。今回、これと同内容のものをスマホアプリにしています。

Dscn8732_640

Google play(App Store)から、アプリをダウンロードすることができます(画像はGoogle playのもの)。

Dscn8733_640

「インストール」をタップして、ソフトをインストールします。

Dscn8735_640

インストール中の画像です。ソフトのファイルサイズが47.81MBありますので、スマホ等の容量不足には注意が必要です。

Dscn8737_640

「開く」をタップすると、ソフトが起動します。

Dscn8738_640

ソフトを起動させると、以下の画像が表示されます。エクスプレス予約/プラスEX会員の場合、会員IDに番号を入れることにより、エクスプレス予約の際に、「クイックアクセス」が可能になります。会員IDを入れなくても、ソフトは使用可能です。

Dscn8739_640

東海道・山陽新幹線時刻表のアプリ画面です。下り・上りの時刻表表示が可能なばかりでなく、新幹線運行情報(JR東海のサイトに接続)や、エクスプレス予約へのリンクがなされており、紙の時刻表とは異なり、今の時代を反映した環境になっています。

Dscn8740_640

これが時刻表です。左右にスクロールしたり、英語表記(駅名がローマ字表記になるのみ)も可能になっています。使い勝手がいいかどうかは、使用した方々のご判断になるものと思います。なお、アプリのデータは定期的に更新されるようです(利用開始日の10日くらい前をめどに更新される予定です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

えきねっとトクだ値(新幹線用)

JR東日本には、インターネットによる列車予約システムである「えきねっと」があります。

「えきねっと」で予約する場合に、一定の条件を満たすことにより、割引で特急券等を購入することができます。JR東日本としては、割引で列車に乗車できることを呼び水に、「えきねっと」を利用して、受け取りを(「みどりの窓口」ではなく)指定席券売機で行うように推奨しています。

実際には窓口は長蛇の列で、その隣にある指定席券売機には利用客がほとんどいないという駅をいくつも見ていますが・・・・

Dscn7026_640

画像は「えきねっと列車限定割引 トクだ値30」で購入した「Maxとき」の特急券です(運賃加算)。

券面に「3割」と表示されているように、3割引になっています。なお、割引率は乗車日・列車により異なります。

東京(都区内)から新潟まで、上越新幹線の普通車指定席を利用した場合の運賃・料金の合計額は、

所定:10270円(通常期に指定席を利用した場合)

モバイルSuica:9400円

えきねっとトクだ値:9230円(「トクだ値10」を通常期に利用する場合)

お先にトクだ値:7180円(「トクだ値30」を通常期に利用する場合)

お先にトクだ値スペシャル:5130円(「トクだ値50を通常期に利用する場合」)

になります。

東北新幹線等のJR東日本の他の新幹線の区間についても設定があります。北陸新幹線(10月)、上越新幹線(11月)については、最大50%オフである「お先にトクだ値スペシャル」が設定される予定です。

なお、「トクだ値」については、設定日、設定列車、発売枚数、購入期限等に制限がありますので、利用の際にはご注意ください。

「えきねっとトクだ値」の購入期限は乗車当日の(午前)1時40分までに購入することが必要です。なお、発売枚数に制限があるため、該当列車に空席があっても、購入できなくなることがあります。

「お先にトクだ値(スペシャル)」については、乗車日の13日前の(午前)1時40分までに購入することが必要です。これも発売枚数に制限があるため、該当列車に空席があっても、購入できない場合があります。

受け取り前であれば(インターネット上でのみ)列車の変更が可能です(原則として回数制限なし)が、受け取り後の変更はできません。

払いもどしは、乗車券を発券前の場合は300円、発券後の場合は券面表示額の3割になります。

乗客側の都合による乗り遅れの救済はありません(一般のルールでは、乗車券は有効期間内の場合は使用でき、特急券は後続列車の自由席であれば乗車可能です)。

「えきねっと」への会員登録は無料ですが、決済をクレジットカードで行う関係で、クレジットカードを所持していない場合は利用できません。クレジットカードを所持しないということは、割引で列車に乗車できるチャンスが少なくなるということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

エクスプレス予約による「さくら」「みずほ」等の利用について

すでに公式に発表されていたことですが、7月21日から「エクスプレス予約」で、「みずほ」・「さくら」・「つばめ」の各列車が予約可能になりました。

3月17日のダイヤ改正から「ひかりレールスター」の大部分がことごとく「さくら」になったため、「エクスプレス予約」利用者にとっては事実上のサービスダウンになっていましたが、これで多少は改善されたようです。

Dscn1363_640

スマートフォンで操作した「エクスプレス予約」の画面です。「みずほ601号」が表示されているのが見えます。

Dscn1366_640

シートマップによる座席表示も可能になっています。

Dscn1367_640

画像に出ているように「喫煙ルーム付近」の表示も可能です。

なお、「みずほ」・「さくら」・「つばめ」の予約対象区間は山陽新幹線の区間(新大阪-博多)です。九州新幹線の区間は対象になっていませんのでご注意ください。

そのため、予約時に「みずほ」・「さくら」・「つばめ」の乗車区間によっては、「エクスプレス予約」にするか「e5489」にするかの判断が必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

エクスプレス予約での「みずほ」、「さくら」の取り扱いが・・・

JR東海およびJR西日本は、東海道山陽新幹線のインターネット予約サービスである「エクスプレス予約」について、「さくら」、「みずほ」、「つばめ」の各列車について、(操作日基準で)7月21日5時30分以降に取り扱いが可能になることを発表しました。

ここで言う「取り扱い」とは、新規予約・変更・取消(払いもどしを含む)、EX-ICカードによる乗車等のことです。

なお、「さくら」、「みずほ」、「つばめ」の取扱区間は、山陽新幹線相互間のみです(九州新幹線区間は対象外になります)。

操作日基準のため、予約対象が7月21日以降の列車であっても、7月20日以前の予約等はできません。

予約可能になるのは便利なことですが、一部制限があります。

早特商品(EX-IC早特など)は予約不可です(「さくら」、「みずほ」、「つばめ」を一部区間でも利用する場合を含む)。

「さくら」、「みずほ」、「つばめ」の予約は、グリーンプログラムのポイント蓄積対象になりますが、「グリーン特典」を利用することはできません。

たとえば、新大阪-博多間を「さくら」、「みずほ」、「つばめ」をエクスプレス予約で確保した場合(一部区間を「さくら」、「みずほ」、「つばめ」利用の場合を含む)、110ポイントを獲得できますが、このポイントを「グリーン特典」の一部として使用することができません(「グリーン特典」が利用できるのは、「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」のみです)。

Dscn0036_640

画像は「エクスプレス予約」の時刻指定予約画面です。「さくら」、「みずほ」、「つばめ」の予約が可能になったのはよいことですが、一部機能制限があるのは、JR東海とJR九州との精算の関係なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

SuicaキャンペーンでSuicaポイントを獲得

先日、キャンペーンによりSuicaポイントを獲得しました。

Suicaポイントとは、Suica電子マネーを使用した場合等に、一定の条件によりポイントが付与されるもので、一定のポイントがたまった時点で、Suica電子マネーにチャージできるなどの特典があります。

ポイントを得るためには、記名式のSuica(カード)かモバイルSuicaを用意し、Suicaポイントクラブへの会員登録が必要です(会員登録は無料)。

Suicaのサイトではいろいろなキャンペーンが行われています。

Suicaキャンペーンの一つに「休日はSuicaでグリーン車に乗ろう!」キャンペーンと言うものがあり、エントリーの上、Suicaグリーン車システムを使用して普通列車グリーン車を利用した結果、ポイントを獲得しました。

Dscn0106_640

画像が「Suicaポイント獲得」のお知らせです。山分けポイントとは規定されたポイントを応募者で頭割りしたポイントが獲得されるものです(上限あり)。

Suicaのサイトを見ると、いろいろなキャンペーンが行われているのが分かります。

これをうまく利用して、なるべくたくさんのポイントをGetし、少しでも得をするようにしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

エクスプレス予約で「さくら」「みずほ」乗車が

JR東海およびJR西日本の両社は、来年夏をめどにエクスプレス予約で「さくら」「みずほ」乗車の取り扱いを行うことを発表しました。

現行では、エクスプレス予約で自由席特急券を選択して、「さくら」「みずほ」に乗車することは可能ですが、指定席の取り扱いはありません(エクスプレス予約で指定席に乗車可能な列車は「のぞみ」「ひかり」「こだま」のみ)。

なお、「さくら」「みずほ」の乗車の取り扱いは、山陽新幹線内のみで、九州新幹線内の取り扱い予定はありません。

「さくら」「みずほ」乗車の際はエクスプレス予約にするかe5489にするか、乗車区間によって使い分けが必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

えきねっとトクだ値(在来線特急列車用)

JR東日本には、インターネットによる列車予約システムである「えきねっと」があります。

「えきねっと」で予約する場合に、一定の条件を満たすことにより、割引で特急券等を購入することができます。JR東日本としては、割引で列車に乗車できることを呼び水に、「えきねっと」を利用して、受け取りを(「みどりの窓口」ではなく)指定席券売機で行うように推奨しています。

近年行われている「みどりの窓口廃止」もその一環のようです(「便利な指定席券売機をご利用下さい」などという表示をいくつも見ることがあります)。

実際には窓口は長蛇の列で、その隣にある指定席券売機には利用客がほとんどいないという駅をいくつも見ていますが・・・・

Dscn8252_640

画像は「トクだ値30」で購入した「フレッシュひたち5号」の特急券です(運賃加算)。

勝田車両センターへの見学の往路に使用しました。この方が特企券「ひたち往復きっぷ」(往復で7000円)よりも安く行くことができます。

券面に「3割」と表示されているように、3割引になっています(所定運賃は4020円)。

なお、割引率は乗車日・列車により異なります。

購入期限は乗車当日の(午前)1時40分までに購入することが必要です。なお、発売枚数に制限があるため、空席があっても、購入できなくなることがあります。

受け取り前であれば列車の変更が可能です(原則として回数制限なし)が、受け取り後の変更はできません。

払いもどしは、乗車券を発券前の場合は300円、発券後の場合は券面表示額の3割になります。

乗客側の都合による乗り遅れの救済はありません(一般のルールでは、乗車券は有効期間内の場合は使用でき、特急券は後続列車の自由席であれば乗車可能です)。

画像の座席指定は3号車になっていますが、3号車に「えきねっと枠」があるのかもしれません。「フレッシュひたち5号」は付属編成(8~11号車)が勝田行きの車両のため、水戸駅・勝田駅まで利用の場合は、付属編成に「えきねっと枠」を割り当ててもよいのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)