« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月23日 (月)

寝台特急サンライズ瀬戸・出雲の個室寝台がe5489で予約可能に

JR西日本は、来たる4月1日より、寝台特急「サンライズ瀬戸」および「サンライズ出雲」の個室寝台の予約を「e5489」で取り扱うことを発表しました。

またノビノビ座席(普通車指定席)の「eきっぷ」も同日より発売します。

なお、寝台特急「サンライズ出雲」には乗車したことがあり、乗車記を弊blogで書いてありますので(当時とは一部異なった内容になっていますが)参考でご覧ください。

Sdscn9029

画像は、寝台特急「サンライズ瀬戸」のB寝台個室「シングル」の寝台券です。個室寝台はインターネット予約に対応していませんでしたが、やっと対応することになるようです。5月から運転する「WEST EXPRESS銀河」についても対応する予定です。

なお、JR東日本の予約サイトである「えきねっと」では個室寝台の取り扱いはありません(「ノビノビ座席」の取り扱いはあります)。

 

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

700系のぞみラストラン運休

JR東海は本日、来たる3月8日に運転する予定の「ありがとう東海道新幹線700系のぞみ号」(のぞみ315号)の運転を中止することを発表しました。

「新型コロナウイルス感染症」対策が理由のようです。

Sdsc08589

画像は、確保した「のぞみ315号」の特急券です(「EX予約」ファミリー早特で発券)。

通常は、東海道新幹線「のぞみ号」を東京-新大阪間で乗車する場合の運賃料金の合計額は14720円になります(内訳は、運賃8910円+新幹線特急料金5810円)が、「EX予約(ファミリー早特)」では12570円になっており、約15%の割引になっています。

なお、EX予約で発券した場合は運賃に「特定都区市内」の適用はありませんので、実際の乗車区間(特定都区市内の在来線も乗車する場合)を考慮すると、割引率が若干下がることになります。

列車運休のため、運賃・料金は全額払いもどしになります(払いもどし手数料はありません)。

なお、「のぞみ315号」は運転しませんが、車内で配布する予定の乗車記念品はいただくことができるようです。

詳細については発表されていませんが、東海道新幹線「のぞみ号」停車の各駅で、3月8日の「のぞみ315号」の特急券を確認のうえで配布されるようです。特急券はその場では回収されないため(払いもどしに必要なため)、3月8日を過ぎても手元に残しておくことが必要になります。

3月8日を過ぎても払いもどしは可能なため(来年3月8日まで可能)、確保した特急券は各自で管理することが必要になります。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »