« 特急「はるか」に新形式車両増備 | トップページ

2019年6月27日 (木)

磐越西線開通120周年記念列車で出発セレモニー

JR東日本仙台支社は、来たる7月15日に運転する「磐越西線120周年記念」団体専用列車の会津若松駅での出発(12時16分発)に際して、出発式のセレモニーを行うことを発表しました。
磐越西線は明治32年(1899年)7月15日に、上戸-会津若松間の開通により、郡山-会津若松間が開業しました。
ちなみに、磐越西線の全通は、大正3年に野沢-津川間の延伸開業によるもので、当時は岩越線の名称(建設当初の「岩越鉄道」が由来)で全通し、大正6年10月10日に、現在の磐越西線の名称に変更されました。

会津若松市も市政120周年を迎え(明治32年当時は「若松市」で現在の会津若松市の名称になったのは昭和30年4月1日)、地元の方々とセレモニーを盛り上げるとしています。
なお、出発セレモニーは11時50分頃から会津若松駅2番線ホームで行われるようです。

Sdsc05360

画像は、平成29年10月8日に運転された「磐越東線全線開通100周年号」の運転に際して、郡山駅で行われた出発式のセレモニーの画像です。

 

|

« 特急「はるか」に新形式車両増備 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特急「はるか」に新形式車両増備 | トップページ