« 新元号は「令和」 | トップページ | 中央線E233系でトイレ付き車両の運転を開始 »

2019年5月23日 (木)

「えきねっと」でサンライズ瀬戸/出雲のノビノビ座席の取り扱いを開始

寝台特急「サンライズ瀬戸」および「サンライズ出雲」は、平成10年7月10日から運転を開始した寝台列車ですが、この列車の「ノビノビ座席」(扱いは「普通車指定席」)について、JR東日本の「えきねっと」で7月1日乗車分から取り扱いを開始することになりました。なお、個室寝台は従前通り、取り扱いを行いません。

Snobinobi4

画像が、「サンライズ瀬戸/出雲」のノビノビ座席です。カーペット敷きの部分に横になることが可能で、普通車指定席扱いで乗車可能なため、運賃に最大で3760円(通常期)を追加した額で乗車可能になります(令和元年9月30日まで)。そのため、週末を中心に指定席のとりにくい列車になっているようです。

なお、「えきねっと」で確保した指定席券の受け取りは、出雲市や高松など、取り扱い対象外の地域では行われませんのでご注意ください。

 

 

|

« 新元号は「令和」 | トップページ | 中央線E233系でトイレ付き車両の運転を開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新元号は「令和」 | トップページ | 中央線E233系でトイレ付き車両の運転を開始 »