« 指定席券売機(MV30)終焉へ | トップページ | 地下鉄丸ノ内線2000系デビューへ »

2019年2月13日 (水)

中央・総武緩行線6扉車座席収納取りやめ

現在、JR東日本で6扉車を営業運転している、中央・総武緩行線のE231系6扉付き編成が、3月18日(ダイヤ改正後の最初の平日)より、6扉車の座席を収納しないで営業運転するようです。

Sdsc00288

中野駅に掲示してあった、6扉車の座席収納を行わない旨の案内です。新宿駅など、他の駅にも掲示してあるようです。

Sdsc02756

画像は、総武緩行線の6扉車の車内です(座席を収納した状態)。平日の始発から午前10時まで、6扉車の座席を収納しているようです。このような状態の車両に乗車できるのも、3月15日午前10時までになるようです。

中央・総武緩行線では、以前は、列車番号末尾のアルファベットが「B」の列車が6扉付き編成で、「C」の列車が、6扉非連結編成と区別されていましたが、東京総合車両センター(東トウ)から三鷹車両センター(八ミツ)へ、旧山手線E231系の編成が順次転属してくることで、その区別が事実上崩壊しているようです。

JR東日本で最初に6扉車を導入したのが山手線205系(サハ204形)で平成2年に導入されました。経緯は、混雑緩和(座席収納により、より多くの乗客を詰め込むことが可能になる)および乗降時間の短縮(多扉化により、乗客の乗降が容易になる)という目的でした。

山手線(205系→E231系)、京浜東北・根岸線(209系)、横浜線(205系)、埼京・川越線(205系)、中央・総武緩行線(E231系)および東急電鉄などにも導入されましたが、導入当初よりも混雑が若干緩和されてきたことと、ホームドアの設置により、6扉車が対応できないことなどでいち早く引退することになり、今や、中央・総武緩行線のみになったようです。

今後も東トウ→八ミツへの転属が続き、来年には6扉車の車両も現役を引退するものと予想されます。

|

« 指定席券売機(MV30)終焉へ | トップページ | 地下鉄丸ノ内線2000系デビューへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央・総武緩行線6扉車座席収納取りやめ:

« 指定席券売機(MV30)終焉へ | トップページ | 地下鉄丸ノ内線2000系デビューへ »