« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月26日 (月)

鉄道博物館でE5系グランクラス体験

鉄道博物館では、12月1日から25日まで「メリーてっぱクリスマスin2018」というイベントを開催します。

期間中の12月22・23・24日の3日間限定で、E5系グランクラス体験が「モックアップ車両」を使用して行われるようです。「モックアップ車両」とは、制御機器等を除き、実車と同じように製造された車両で、通常は非公開の車内を公開し、グランクラス体験が行われるようです(シートに着席でき、学芸員によるE5系グランクラスの解説を受けることが可能です)。
1日9回行われ(各回20分)、1回に6名受けられ、費用は1000円(シート利用および学芸員による解説)または4000円(シート利用、学芸員による解説およびグランクラスオリジナルグラスのセット付き)になります。なお、事前に整理券が配布され、指定された時間のみ参加可能になるようです。
Sdsc04587
画像は北陸新幹線のグランクラスです(車両はW714-508)。これと同等のシートに安価で着席できるチャンスはあまりないため、グランクラスに乗車したことがない人にとっては、いい経験になるのではないかと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

東急大井町線「Q SEAT」に乗車

東急電鉄大井町線は、来る12月14日から有料座席指定サービスである「Q SEAT」を開始することをすでに発表していますが、数日前より「Q SEAT」を連結した列車が運用を開始しています。

Sdsc05254
画像の車両が東急電鉄大井町線6020系(7両編成)です。手前から3両目に「QSEAT」が連結されています(オレンジ色の車体)。
Sdsc05255
3号車の「Q SEAT」車両です。なお「Q SEAT」のロゴは、東急電鉄が7月23日に商標登録出願を行っています。
Sdsc05245
先頭車には、二子玉川乗務区作成の「大井町線有料座席指定サービス」の表示が貼ってあります。
Sdsc05227
「Q SEAT」の車内です。「有料座席指定サービス」が正式に行われていないためか、ロングシートになっています。
Sdsc05220
車端部のロングシート部分は「優先席」になっています。なお、「有料座席指定サービス」を行う場合は、優先席の取り扱いは行わない旨の表示があります。したがって、このロングシート部分も座席指定として発売するということになります。
Sdsc05224
車端部のロングシート部分の画像です。肘掛けの通路側に電源コンセントがあるのが見えます。
Sdsc05221
壁側に「ランプ点灯時に使用できます」の表示があり、携帯端末のイラストがありますので、ランプが点灯している場合は使用してよいと考えられます。
Sdsc05222
電源コンセントの上にあるランプが点灯していました(矢印の部分)。
東急電鉄大井町線の「有料座席指定サービス」は、12月14日から平日の夜間5本の列車で行われる予定です(全列車大井町発長津田行き急行)。
東急電鉄6020系は2編成ありますが、「有料座席指定サービス」を行う際には2運用が必要になるため、当面は予備車なしで使用することになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

「きらきらうえつ」廃車へ・・・

JR東日本新潟支社所属のジョイフルトレイン「きらきらうえつ」が、来年9月で運転を終了し、その後廃車になると、複数の新聞や通信社が報道しています。

Sdsc07677
画像の車両が、ジョイフルトレイン「きらきらうえつ」です。485系を改造して、平成13年から新潟支社管内を中心に臨時列車等で運転してきました。車両老朽化(種車は昭和48~53年製造)もあり、来年10月からディーゼルハイブリッド車「海里」(かいり)を導入することがすでに決定しています。
これでまた485系が減少することになります。
「きらきらうえつ」廃止後の485系は、以下の4種類のジョイフルトレインのみになります。
・宴(平成6年改造):高崎車両センター(髙タカ)
・華(平成9年改造):高崎車両センター(髙タカ)
・リゾートやまどり(平成23年改造):高崎車両センター(髙タカ)
・ジパング(平成24年改造):盛岡車両センター(盛モリ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

東急7700系引退記念乗車券発売

東急電鉄は、7700系の引退に際して記念乗車券を11月10日から発売することを発表しました。

Sdsc04284
画像は東急電鉄7700系で、現在唯一、現役で稼働している編成です。
東急電鉄7700系は、昭和37年に日本最初のオールステンレス車両として製造された7000系を、昭和62年以降に冷房改造等を施した車両です。大井町線、目蒲線(平成12年8月6日以降は東急多摩川線)、池上線で使用されてきましたが、来る11月24日をもって引退します。
東急7700系引退記念乗車券は、五反田、蒲田、多摩川の各駅で合計7700部発売します。
発売開始は11月10日5時からです。
値段は1000円で、一人あたり最大5部までの発売になるようです。
記念乗車券は下敷き付きで、さらに購入特典としてポストカードとクリアファイルも用意されるようです。
なお、雪が谷検車区では11月24日に7700系の引退記念セレモニーが行われる予定です。
引退後の7700系は、養老鉄道へ「再就職」になることが決定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »