« 東急大井町線で座席指定サービスを開始 | トップページ | 「誕生いろは日光号」に乗車 »

2018年3月31日 (土)

三江線廃止、来年石勝線夕張支線も廃止

本日3月31日をもって、JR西日本の三江線が廃止になります。

Sdsc03297
画像は、三江線浜原駅前にある、「三江線全通記念」の碑です。
Sdsc03591
画像は、三江線口羽駅近くにある、「三江線全通記念碑」です。
昭和50年8月31日に、三江北線(当時)の浜原駅と三江南線(当時)の口羽駅がつながって、三江線が全線開通しました。しかし、すでに車社会になっていることから、利用客が伸びずに、いわゆる「特定地方交通線」になるところでしたが、代替輸送道路未整備ということで、特定地方交通線から除外された経緯があります。
しかし、特定地方交通線から除外されても、利用客が増えるわけではなく、平成28年9月にJR西日本が正式に三江線廃止届を国土交通省に提出しました。
三江線は営業キロは108.1キロありますが、営業キロが100キロを超える路線の全線廃止は、本州では初めてのようです(北海道では、「長大4線」といわれた、天北線、名寄本線、池北線、標津線の廃止という例があります)。
Sdsc03311
画像は粟屋駅に掲示されていた「さよなら三江線」の表示です。
JR西日本では、三江線が廃止になりますが、中国地方を中心に輸送人員が少ない線区があるため、今後どうなるのか、興味のあるところです。
Sdsc08094
画像はJR北海道石勝線の夕張駅です。平成31年3月31日をもって、石勝線の新夕張-夕張間(夕張支線と呼ばれている区間)が廃止になることが、JR北海道と夕張市との間で正式に合意されました。これで、明治25年開業以来、127年で鉄道営業が終了することになります。なお、現在の夕張支線の正式路線名称は石勝線ですが、昭和56年までは夕張線と呼ばれていました。
JR北海道では、「当社単独では維持することが困難な線区」等を抱えていることもあり、今後どうなるか・・・

|

« 東急大井町線で座席指定サービスを開始 | トップページ | 「誕生いろは日光号」に乗車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/73214091

この記事へのトラックバック一覧です: 三江線廃止、来年石勝線夕張支線も廃止:

« 東急大井町線で座席指定サービスを開始 | トップページ | 「誕生いろは日光号」に乗車 »