« 高崎支社管内115系引退 | トップページ | 京王ライナー2月22日Debut! »

2018年1月22日 (月)

大人の休日倶楽部パス(東日本)(平成30年度)

JR東日本は、平成30年度の「大人の休日倶楽部パス」の発売について発表しました。

Sdsc04732
画像は「大人の休日倶楽部パス(東日本)」(マルス商品番号:22020)です。
平成30年度の「大人の休日倶楽部パス」(東日本)の効力等は、以下のとおりです。
値段:15000円(「大人の休日倶楽部」会員限定)
有効期間:4日間
利用エリア:JR東日本全線・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・三陸鉄道・北越急行・伊豆急行・富士急行・えちごトキめき鉄道(直江津~新井)およびBRT
利用可能列車:新幹線を含む特急列車および普通列車の普通車自由席
指定席利用:6回まで無料(7回目以降は別途料金が必要、この場合、「大休」・「ジ割」は適用しない)
利用期間
平成30年6月21日~7月3日(第1回)
平成30年11月29日~12月11日(第2回)
平成31年1月17日~1月29日(第3回)
発売期間は、利用開始日の1箇月前から前日まで(利用開始日当日の発売は行わない)で、利用開始日ごとに30000枚を上限とする
なお、「指定券の交付」については、利用日当日でも可能です(「大人の休日倶楽部パス」自体の発売が利用開始日の前日までという制限があるのみです)。
「はやぶさ」・「はやて」・「ひたち」・「ときわ」・「成田エクスプレス」等の全車指定席の列車(指定席を必要とすることが事実上強制される列車)についても、6回までの制限の対象になります。たとえば、東京-新青森間で「はやぶさ」の立席を発行した場合でも6回までの制限の対象になります。
ただし、盛岡-新青森・秋田相互間で「はやぶさ」・「はやて」・「こまち」の立席に乗車する場合は、指定券(立席)の発行なしで乗車することが可能です(この場合、盛岡-新青森・秋田相互間の「指定券(立席)」を発券することは可能で、6回の制限の対象とはしません)。
また、「30000枚を上限とする」については「大人の休日倶楽部パス(東日本)/(北海道)/(東日本・北海道)」全3種類の合計枚数が基準になりますので、早めに購入することが望ましいと思います。
なお、支払いは、原則として「大人の休日倶楽部カード」で決済することが条件となります。複数人数分の「大人の休日倶楽部パス」を購入する場合、代表者が、委託者全員の「会員証(代理購入証明書)」を呈示することで購入することができます(この場合も「大人の休日倶楽部カード」での決済が必要です)。
50歳以上の方は、「大人の休日倶楽部」に入会することで、得をすることが多々あるものと思われますが、「大人の休日倶楽部カード」(クレジットカード)を発行していただく必要があります。なお、50歳の誕生日以降でないと入会の申し込みができませんが、50歳以上であっても、必ず入会可能とは限りません(クレジットカードの審査により入会拒否になる事例があるようです)。

|

« 高崎支社管内115系引退 | トップページ | 京王ライナー2月22日Debut! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の休日倶楽部パス(東日本)(平成30年度):

« 高崎支社管内115系引退 | トップページ | 京王ライナー2月22日Debut! »