« 北海道新幹線開業日と夜行列車廃止 | トップページ | 平成28年3月JRダイヤ改正(その1) »

2015年10月20日 (火)

北海道新幹線の特急料金

JR北海道とJR東日本は、先日、北海道新幹線にかかる特急料金を発表しました(なお、国土交通大臣に認可申請したものであるため、金額は変更される可能性があります)。

東北新幹線と北海道新幹線との相互間の料金は、基本的に新青森打ち切りで計算します(新青森までの料金を合算するということです)。

東京(都区内)-新函館北斗間の運賃・料金の合計は
普通車指定席:22690円
グリーン車:30060円
グランクラス:38280円
になります。

なお、東京(都区内)-新函館北斗間の営業キロは862.5キロになります(新青森-新函館北斗間の営業キロは148.8キロ)。運賃は11560円になります。
862.5キロに相当する「幹線の普通運賃表」では、11340円になります。これに「JR北海道内の幹線の加算額表」(新青森-新函館北斗間の営業キロ148.8キロ)である、220円を加えて、11560円になります。
海峡線は、運賃計算上は地方交通線となっていますが、北海道新幹線の開業時には、幹線として申請する可能性が可能性があるのかもしれません(JR北海道のプレスには、新青森から北海道新幹線の各駅までの営業キロは出ていますが、運賃計算キロとは表示されていません)。

特急料金は11130円になります(東京-新青森の特急料金は7200円、新青森-新函館北斗の特急料金は4450円、これに重複する座席指定料金520円を差し引く)。
特急料金は「はやぶさ」乗車で計算しています。繁忙期は200円増し、閑散期は200円引きになります。なお、北海道新幹線相互間のみの乗車であっても、繁忙期・通常期・閑散期の期日は、JR東日本管内乗車の場合と同じ日になります(JR北海道では、新幹線乗車と在来線乗車の場合では、繁忙期・通常期・閑散期の期日が、乗車日により異なることになります)。

北海道新幹線「はやぶさ」・「はやて」は、原則として全車指定席です(東北新幹線の盛岡-新青森間と同様の考え方と考えた方がわかりやすいと思います)。
グリーン車およびグランクラス利用の場合の特急料金は、東京-新函館北斗間乗車の場合、10610円になります。
これにグリーン料金7890円、グランクラス(アテンダントによるサービスあり)料金16110円が加わります。

なお、新青森-新函館北斗間のみ乗車する場合の運賃・料金の合計は、以下のようになります。
普通車指定席:7260円(立席あるいは特定特急券で乗車する場合は6740円)
グリーン車:9490円
グランクラス:14630円(シートのみの場合は、12580円)
になります。

Dsc05498_640

画像の奥に、新函館北斗駅が見えます(現在は、函館本線の渡島大野駅として使用されています)。このような閑散としたところが、北海道新幹線の(暫定の)終着駅となります。地元では冷ややかであるという報道もなされていますが、将来、札幌駅まで開業した際には、函館駅などがJR北海道から経営分離する予定であることと関係しているのかもしれません。

|

« 北海道新幹線開業日と夜行列車廃止 | トップページ | 平成28年3月JRダイヤ改正(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/62140363

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線の特急料金:

« 北海道新幹線開業日と夜行列車廃止 | トップページ | 平成28年3月JRダイヤ改正(その1) »