« 週末パス | トップページ | 「青春18きっぷ」を入手(平成27年度夏季用) »

2015年7月 1日 (水)

青春18きっぷで青函トンネルを利用できなくなる?

JR旅客鉄道会社の特企券である「青春18きっぷ」で、来春から青函トンネルを利用できなくなる可能性が高まっているという記事が、朝日新聞電子版に掲載されています。

Dscn8892_640

画像の列車は「スーパ-白鳥」です。新青森-函館間を結ぶ特急列車で、現在、青函トンネルを通る昼行旅客列車は「スーパ-白鳥」と「白鳥」のみになっています。

つまり、青函トンネルを日中に通過利用するためには、特急列車にしか乗車できないという現状があるため、JR北海道では、蟹田-木古内間を利用する場合に、特急列車の自由席に特急料金なしで乗車できる特例を設けています(市販の時刻表にも注記があります)。

来春の北海道新幹線開業に伴い、「(スーパー)白鳥」の廃止が事実上決定しているため、「青春18きっぷ」で同区間の特急列車自由席に乗車できる特例が廃止されると言われるゆえんになっています。

朝日新聞の記事によれば、JR関係者の話として「特例乗車は認めない可能性が高い」という記事を載せています。

私もそのようになるだろうと予想しています。

現在、「特例区間」を認められているのは、

・蟹田-木古内(海峡線:JR北海道)

・新夕張-新得(石勝線:JR北海道)

・青森-新青森(奥羽本線:JR東日本)

・宮崎-宮崎空港(宮崎空港線等:JR九州)

上記「特例区間」に特急券なしで乗車する場合、自由席に限っています。

来春、開業する北海道新幹線は、「はやぶさ」・「はやて」になるようですので、全車指定席になる可能性が高いものと想定されます。そのため「特例区間」がなくなる可能性が高いものと想定されます。

「北海道&東日本パス」ではどのような効力になるのか・・・

|

« 週末パス | トップページ | 「青春18きっぷ」を入手(平成27年度夏季用) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/60583651

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷで青函トンネルを利用できなくなる?:

« 週末パス | トップページ | 「青春18きっぷ」を入手(平成27年度夏季用) »