« 西武鉄道でも観光電車 | トップページ | 青春18きっぷで青函トンネルを利用できなくなる? »

2015年6月24日 (水)

週末パス

JR東日本では、土曜日・日曜日などの週末に鉄道を使用して旅行することを喚起するために、特企券「週末パス」を発売しています。

Dsc04285_640
画像にある乗車券が、特企券「週末パス」(マルス商品番号22003)です。
週末を中心とする設定になっており、基本的に土曜日とその翌日の日曜日の2日間を有効としている特別企画乗車券です。
「週末パス」の効力は、以下のとおりです。
有効期間:平成28年3月25日までの指定された連続する2日間
有効期間開始日;土曜日(8月15日と1月2日を除く)および7月19日、9月20・21・22日、10月11日、11月22日、1月10日
値段;8730円(子供2560円)。なお、利用開始日前日まで発売(利用開始当日の発売は不可)
フリー区間;酒田・湯沢・くりこま高原以南のJR東日本全線(小牛田以北の東北本線および気仙沼線を除く)、北越急行、伊豆急行、富士急行、鹿島臨海鉄道、ひたちなか海浜鉄道、福島交通、阿武隈急行、山形鉄道、しなの鉄道、上田電鉄、長野電鉄、アルピコ交通の各会社線全線、および会津鉄道(会津田島以北)、えちごトキめき鉄道(妙高高原ー直江津間)
乗車可能な列車;フリー区間内の普通列車(別途料金を必要としない列車)には、そのまま乗車可能。
なお、新幹線など、別途料金を必要とする列車に乗車する場合は、該当する料金を別途支払うことで乗車可能。
払いもどしをする場合の手数料は220円です。
なお、往復した場合に、元を取ることができる目安は以下をご参照ください。
東京(都区内)-本宮:8860円(本宮は、郡山から福島方面へ3つめの駅)
東京(都区内)-北堀之内:8860円(北堀之内は、浦佐から長岡方面へ4つめの駅)
東京(都区内)-飯山:8860円(長野-飯山間で飯山線に乗車する場合は9060円)
東京(都区内)-梓橋:8860円(梓橋は、松本から大糸線で4つめの駅)
仙台(市内)-宇都宮:8860円
仙台(市内)-新崎:8860円(仙山線・奥羽線・米坂線・羽越線・白新線経由)

|

« 西武鉄道でも観光電車 | トップページ | 青春18きっぷで青函トンネルを利用できなくなる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/60490009

この記事へのトラックバック一覧です: 週末パス:

« 西武鉄道でも観光電車 | トップページ | 青春18きっぷで青函トンネルを利用できなくなる? »