« 「伊予灘ものがたり」に乗車 | トップページ | Y156記念列車に乗車 »

2015年5月29日 (金)

一日散歩きっぷ

JR北海道では、土休日に使用できるフリーきっぷ「一日散歩きっぷ」を発売しています。

Dsc06807_640

画像が「一日散歩きっぷ」です。利用日とフリー区間が印刷されています。

フリー区間は、以下のとおりです。

函館本線:長万部-滝川間

根室本線:滝川-新得間

富良野線:富良野-美瑛間

室蘭本線・札沼線・千歳線・石勝線・日高本線:全線

利用可能日:

11月14日までの土休日のうちの1日間(利用開始日当日の発売で前売りはありません)

マルス端末のマルス機能ではなく「総販」のみの発売になっているのと関係しているかもしれません。

利用可能列車:

フリー区間内の普通列車(快速列車を含む)および新夕張-新得間の特急列車の自由席

JR北海道で発行しているパンフレットによれば、「ホームライナー」に乗車する場合にも、乗車整理券の他に運賃が必要になるようです。

発売駅等:

函館本線の小樽-岩見沢間、札沼線の桑園-石狩当別間、千歳線の苗穂-新千歳空港間のみどりの窓口設置駅(および区間内の駅にあるツインクルプラザ)で、フリー区間内の駅というわけではありませんのでご注意ください(例を挙げると、滝川駅や苫小牧駅などは「一日散歩きっぷ」の発売駅になっていません)。

新夕張-新得間では、特急列車の自由席に乗車可能ですが、この区間をまたいで特急列車に乗車する場合は、乗車全区間の運賃・料金も必要になりますのでご注意ください。

しかし、なぜ利用期間が11月14日までなのか・・・・

|

« 「伊予灘ものがたり」に乗車 | トップページ | Y156記念列車に乗車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/60171144

この記事へのトラックバック一覧です: 一日散歩きっぷ:

« 「伊予灘ものがたり」に乗車 | トップページ | Y156記念列車に乗車 »