« 平成27年3月JRダイヤ改正(その3) | トップページ | 平成27年3月JRダイヤ改正(その5) »

2014年12月25日 (木)

平成27年3月JRダイヤ改正(その4)

JR各社は、平成27年3月にダイヤ改正を行うことを発表しました。

ダイヤ改正日は平成27年3月14日(土曜日)です。

JR西日本では、以下のように変わる予定です。

新幹線では、

以前より工事中の、北陸新幹線金沢-長野間が開業します。

北陸新幹線では以下の愛称名の列車が運行します(JR西日本関連)。

「かがやき」:金沢-東京間(全車指定席)

「はくたか」:金沢-東京(一部、長野)間(自由席は4両)

「つるぎ」:金沢-富山間(自由席は4両、8~10号車および12号車は非営業)

金沢-東京(都区内)間を、北陸新幹線を利用した場合の運賃・料金は以下のとおりになります(現行との比較で掲載。「現行」とは、越後湯沢駅で、上越新幹線と「はくたか」を乗り継いだ場合のこと)。

指定席(通常期):14120円(現行は13050円)

自由席:13600円(現行は12170円)

グリーン席:18750円(現行は18850円)

グランクラス:26970円(現行の設定はなし)

現在、JR東日本で行っている「えきねっと」や、JR西日本で行っている「e5489」については、一部の駅において相互利用が可能になります(例えば「えきねっと」を利用して、東京-金沢間で新幹線特急券の予約をした後で、金沢駅で乗車券類を受け取ることが可能になる等)。

3月14日以降乗車分の「えきねっとトクだ値」で北陸新幹線の乗車券類を予約した場合の運賃・料金の合計は、

金沢-東京(都区内)12700円

富山-東京(都区内)11450円

になります(10%割引)。子供用の設定もありますが「お先にトクだ値」の設定はありません。

モバイルSuica特急券で予約した場合の運賃・料金の合計は、

金沢-東京:13380円

富山-東京:11990円

になります。なお、JR西日本相互間のみの区間でも、モバイルSuica特急券の設定があります(金沢-黒部宇奈月温泉間で、普通車指定席乗車の場合で3500円など)。

さらに、スーパーモバイルSuica特急券で予約した場合の運賃・料金の合計は、

金沢-東京:12030円

富山-東京:10780円

になります。なお、スーパーモバイルSuica特急券は東京・上野・大宮と富山・新高岡・金沢相互間のみの設定です(「つるぎ」の設定はありません)。

一方、JR西日本の「e5489」で予約した場合の特急料金は、

eきっぷ(J-WESTカード所持者限定):乗車当日の予約も可能

金沢-東京:6140円(運賃が別途必要)

富山-東京:5610円(運賃が別途必要)

になります。特急料金のみの割引のという設定になっていますが、これは、乗車券と新幹線特急券の区間が異なる場合を想定して設定してあるようです(乗車券が金沢-横浜市内、新幹線特急券が金沢-東京になる場合など)。

WEB早特1で(乗車前日の23時まで予約可能)予約した場合の運賃・料金の合計(インターネット会員登録をした一般クレジットカードを利用する場合)は、

金沢-東京(都区内):12700円

富山-東京(都区内):11450円

福井-東京(都区内):14520円

になります。福井発の設定があるように、在来線と新幹線を乗り継いだ場合の設定もあるようです。なお、上記の金額は、通常期に利用する場合の金額のため、繁忙期・閑散期には若干の変更があるようです。

e早特1で(乗車前日の23時まで予約可能)予約した場合の運賃・料金の合計(J-WESTカード所持者限定)は、

金沢-東京(都区内):12130円

富山-東京(都区内):10880円

福井-東京(都区内):13640円

になります。福井発の設定があるように、在来線と新幹線を乗り継いだ場合の設定もあるようです。なお、予約の変更はできません。

上記金額を総合すると、(東京-金沢間では)スーパーモバイルSuica特急券が最安になるようです。

金沢-東京間には「かがやき」を、定期列車では10往復設定します(最速列車は「かがやき509・514号」の2時間28分)。

上り1番列車は「かがやき500号」(金沢6時00分→東京8時32分)

下り1番列車は「かがやき501号」(東京6時16分→金沢8時46分)

長野発の下り1番列車は「はくたか591号」(長野6時11分→金沢7時38分)

なお、金沢-東京間での最終列車は以下のとおりです。

上り「かがやき518号」(金沢21時00分→東京23時32分)

下り「かがやき519号」(東京21時04分→金沢23時35分)

このほか、臨時「かがやき」を3往復程度運転します。

Dscn1347_640

画像は北陸新幹線の12号車、グランクラスの画像です。今回の長野-金沢間開業で、グランクラスの本格使用が開始されるようです。

山陽新幹線では、東海道新幹線での最高速度の向上により、東京方面の所要時間が3分短縮する列車があります(博多-東京間の最速は4時間47分)。

博多駅を発車する昼間時間帯の東京方面「のぞみ」のうち、毎時04分発を、新山口か徳山駅のいずれか、毎時32分発を福山駅停車に統一します。

金沢駅で新幹線に接続する、在来線特急列車を整備するようです。

「能登かがり火」:金沢-和倉温泉(5往復)

「ダイナスター」:金沢-福井(3往復)

なお、「サンダーバード」や「しらさぎ」に、金沢駅で接続する新幹線は「つるぎ」に基本的になるようです。これは、「つるぎ」が、金沢-富山間の在来線特急列車の廃止に伴う代替という位置づけなのかもしれません。なお、「しらさぎ」は6両編成になり、車両も681系に変更されるようです。

3月14日以降、新幹線と在来線特急列車を金沢駅で乗り継ぐ場合は、在来線の特急料金について、「乗継割引」を適用します。

特急「能登かがり火」を金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合にも、「乗継割引」が適用されますが、金沢-津幡間は、JR西日本から、IRいしかわ鉄道になるため、IRいしかわ鉄道の特急料金(大人200円)は割引にはなりません。

近畿統括本部

現行の「きのさき1号」の前に1本増発します(京都7時32分発→城崎温泉着9時52分)

現行の「こうのとり26号」の後に1本増発します(福知山20時22分→新大阪22時06分)

現行の3403M(大阪発7時17分発)の新快速姫路行きを野洲始発(6時11分)にします。

現行の3402M(大阪着6時48分)の姫路発の新快速を野洲行き(7時50分)にします。

平日夕方の大阪環状線から、阪和線・関西本線への直通列車を増発します。

「はるか33号」から「はるか41号」の天王寺以遠の所要時間を短縮します。

姫新線の余部発7時11分の姫路行きを増発します。

片町線の日中の快速を区間快速に変更します。これにより、四条畷-長尾間の普通列車を削減します。

和歌山支社

紀勢本線の和歌山-海南間に1往復増発します。

特急「くろしお」の車内販売を廃止します。381系(元「スーパーくろしお」車両)の取り替えをダイヤ改正以降に行います(正確な時期は未定)。

福知山支社

「きのさき1号」を現行の「きのさき1号」の1時間くらい前に増発し、福知山駅で「たんごリレー1号」に接続します。

福知山-豊岡間で特急列車を1往復廃止し、代替として「リレー号」を運転します。

金沢支社

「かがやき500号」(金沢発6時00分)に接続する普通列車として、小松発5時19分の金沢行きを、および高松発5時16分の金沢行きを設定します。

「かがやき519号」(金沢着23時35分)に接続する普通列車として、小松着0時19分の列車、および高松着0時16分の列車を設定します。

城端線に砺波発5時39分発の高岡行きを設定し、新高岡駅で「はくたか552号」に接続します。富山行き直通列車を引き続き設定します(高岡-富山間は、JR西日本からあいの風とやま鉄道に経営移管します)。

高山本線や大糸線の時刻を変更し、富山駅や糸魚川駅で新幹線に接続できるようにします。

寺井駅を能美根上(のみねあがり)駅に改称します。

岡山支社

「サンライズ出雲」号を備中高梁駅に停車します(下り7時14分着、上り21時48分発)。なお、これまで(「サンライズ瀬戸」の児島-高松間を除き)全区間でJR西日本で担当していた車掌の行路を変更し、基本的に自社管内の担当にするようです。

快速「サンライナー」が東福山駅に停車します(午前中の列車を1往復減便)。

平日朝、笠岡-福山間に1往復増発します。倉敷発岡山行きを1本増発します。

日中の岡山-糸崎・三原間の普通列車の一部を福山駅で乗り換えになります。

芸備線の新見発東城行きの最終列車の時刻を繰り上げます。

広島支社

227系電車の営業運転を開始します(115系3000番台以来の新形式車両)。

Dscn0658_640

画像の車両は115系3000番台です。広島支社管内での新型電車の投入は、国鉄民営化以来初めてになります。227系に次いで新しい車両は、画像の115系3000番台ですが、既に製造してから30年以上経過しています。

新白島(しんはくしま)駅を、広島-横川間に設置します(快速列車も停車)。

岩国-下関間の水曜運休の列車4往復を毎日運転します。

美祢線の列車2本を廃止します。

米子支社

日中の快速「とっとりライナー」が由良駅に停車します。

土休日の3430K「とっとりライナー」の倉吉-鳥取間を各駅停車とします。

浜田-益田間の普通列車を「アクアライナー」として米子方面へ(から)直通運転します。

「アクアライナー」で五十猛・石見福光を通過とする列車が設定されます。

 

|

« 平成27年3月JRダイヤ改正(その3) | トップページ | 平成27年3月JRダイヤ改正(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/58361585

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年3月JRダイヤ改正(その4):

« 平成27年3月JRダイヤ改正(その3) | トップページ | 平成27年3月JRダイヤ改正(その5) »