« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

休日乗り放題きっぷ

JR東海静岡支社では、特企券「休日乗り放題きっぷ」を発売しています。

土休日、年末年始(12月30日から1月3日)にJR東海静岡支社を中心とする区間の「在来線」に乗り放題の特別企画乗車券です。

具体的には、

東海道本線:熱海-豊橋間

御殿場線・身延線:全線

なお、甲府駅と国府津駅はフリー区間内の駅ですが、「休日乗り放題きっぷ」は発売されていません。これは甲府・国府津の両駅ともJR東日本の駅であることと関係しているようです。JR東海の特企券をJR東日本管内で発売すると、JR東海からJR東日本に販売手数料を支払うことになるため、それを嫌って発売しないものと想定できなす。なお、熱海駅では「休日乗り放題きっぷ」を発売しますが、JR東海の特企券のため、JR東海の窓口(新幹線)に限って発売します。

なお、東海鉄道事業本部管内の特企券「青空フリーパス」を発売している駅でも「休日乗り放題きっぷ」を購入することが可能です。ただし、フリー区間までの乗車券類の同時購入あるいは提示が必要です。

販売額は大人2670円(こども1330円)で、有効期間は1日(利用開始日当日に限る)です。

Dsc00147_640

画像は「休日乗り放題きっぷ」です(マルス商品番号:15078)です。

フリー区間の大半が自動改札設置駅かTOICAエリアですが、本券は自動改札機は利用できません。

フリー区間内で特急列車等に乗車する場合は、別途必要な料金券を支払うことで乗車できますが、寝台列車と新幹線は対象外になっています。例えば、三島-浜松間を乗車する場合、新幹線自由席特急券を購入しても、本券を乗車券として使用することはできません。

乗車中に有効期間を経過する(午前0時を過ぎて、日付跨がりになる)場合、0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効になります。

Dsc00439_640

画像は「休日乗り放題きっぷ」に付帯している「割引券」です。割引と言っても、列車乗車の際に、割引になるのではなく、フリー区間の沿線の施設を利用する場合に割引が適用されるようです。割引になる施設はこちらを参照してください。

払いもどし手数料は220円です。その際には有効期間内で、(「割引券」2枚も含め)未使用であることが必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

モバイルSuica再び機種変更

本日、モバイルSuicaの機種変更を行いました。

Dscn9521_640

機種変更に当たり、旧機種のモバイルSuicaを起動します。

Dscn9522_640

旧機種のモバイルSuicaを起動します。

Dscn9523_640

この画面からモバイルSuicaログインを行います。

Dscn9524_640

この画面で、6の「携帯端末の機種変更」を選択します。

Dscn9525_640

機種変更すると旧端末ではモバイルSuicaを使用することができなくなる旨の注意書きが書いてあります。

ここで「機種変更する」を選択すると・・・

Dscn9526_640

機種変更の処理が行われ・・・

Dscn9527_640

「この携帯情報端末でモバイルSuicaの機能はご利用いただけなくなりました」の表示が出ています。この操作をすることにより、旧機種のモバイルSuicaの情報をサーバーにアップロードしたことになります。

Dscn9528_640

新しい方の端末を起動します。「おサイフケータイ」のラインアップから「モバイルSuica」を選択します。

Dscn9535_640

この画面で「モバイルSuicaアプリダウンロードはこちら」をタップします。

現状ではAndroid端末のみ使用可能ですが、i-Phone端末で使用することも、一応可能になっているようです。i-Phone端末で使用する場合はこちらを参照。

Dscn9536_640

「インストール」をタップして、アプリをインストールします。

Dscn9541_640

アプリのインストールに際して、確認が行われます。

Dscn9542_640

アプリの初期設定を行います。

Dscn9545_640

処理中になり・・・

Dscn9546_640

モバイルSuicaの初期設定を行います。

初期設定は、改札の外で行う必要があります。なお、Gmailではメールの一部が正しく表示されない場合があるようですので。メールアドレスは携帯電話独自のアドレス(DoCoMoの場合は@docomo.ne.jpをドメインとするなど)で登録した方がよいようです。

Dscn9547_640

ここで「ログインへ」を選択します。機種変更ではなく初めてモバイルSuicaを使用する場合は「会員登録へ」を選択します。

Dscn9551_640

ログイン後に上記画面が表示されます。機種変更手続きについて確認を行います。ここで「実行する」をタップすると・・・

Dscn9552_640

「携帯情報端末の機種変更処理中です。」の表示が出て・・・

Dscn9554_640

機種変更が完了し、電子マネー等の情報を移すことができました。

Dscn9556_640

改めて、モバイルSuicaアプリを起動すると、SF(電子マネー)等が移行されているようです。なお、モバイルSuicaのIDは変更されています。

Dscn9557_640

必要な設定変更があれば、ここで行います。特に旧機種と新機種とで、携帯電話会社が異なる場合は、メールアドレスを変更することが事実上必須になるようです。メールアドレスを変更する場合は、「携帯情報端末の情報」をタップして、変更を行います。

Dscn9558_640

電話番号やメールアドレスを入力した後で「秘密の質問」も設定します。これを設定することにより、第3者に不正使用されるリスクを低減することができます。

Dscn9560_640

機種変更が終了し、正常に変更手続きが完了すると、携帯端末のメールアドレスに、上記内容のメールが送付されます。

Suicaポイントクラブには、変更されたモバイルSuicaのIDが自動的に変更されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

団体列車「ばんえつ物語やまなし」に乗車

平成26年11月16日に、団体列車「ばんえつ物語やまなし」が、甲府-八王子間で運転されました。

これは、同日に運転された「My Premiumやまなし」で使用された車両を返却する過程で、客扱いを団体列車で行ったようです。

Dscn9414_640

画像は、甲府駅で撮影したものです。「団体ばんえつ物語やまなし」と表示されています。

Dscn9419_640

甲府駅2番線ホームで撮影した画像です。発車は15時45分になります。

Dscn9397_640

発車数分前に、甲府駅2番線に列車が入線しました。

Dscn9423_640

甲府駅では、駅社員が横断幕を掲げてお見送りをしていました。

Dscn942_640

列車は、15時45分に発車しました。

Dscn9392_640

車内の画像です。元々12系客車であるため、大幅な変更は為されていません。照明や窓脇のテーブルの形状、および座席のモケット等が変更されています。

Dscn9434_640

売店車の画像です。鉄道グッズが販売されているようです。

Dscn9477_640

4号車の展望車車内の画像です。

Dscn9474_640

1号車の「オコジョ展望車両」の画像です。

Dscn9421_640

7号車の車内です。グリーン車扱いになっていて、3列座席になっています。

Dscn9519_640

団体列車の指定席券です。旅行商品扱いのため、いわゆる○契乗車券になっています。

Dscn9439_640

甲府駅発車後、最初の停車駅は、山梨市駅です(16時00分着、07分発)。22Mの通過待ちをしましたが、運転停車のため、ドアは開きませんでした。

Dscn9453_640

次の停車駅は、甲斐大和駅です(16時25分着、37分発)。3018Mの通過待ちを行いましたが、ここではドアを開けていました。なお、甲斐大和駅は平成5年まで初鹿野(はじかの)という駅名でした。

Dscn9454_640

弁当の提供がありました。しかし・・・

Dscn9456_640

なんと、消費期限が17時になっていました。

弁当の配布から消費期限まで30分もない状態だったため、お詫びの放送がありました。

乗車券類発行箇所(びゅうプラザ)に申し出れば、食事代金分を返金するとのお知らせがありました(金額は不明です)。

Dscn9461_640

大月駅は通過しました(16時55分)。なお、次の猿橋駅で46分停車しましたがドアは開きませんでした。猿橋駅では普通列車を含め、数本の列車を待避しました。

Dscn9466_640

次の停車駅は四方津駅です(17時58分着、18時04分発)。8080Mを待避しました。ここでもドア扱いが行われました。

Dscn9482_640

次の停車駅は相模湖駅です(18時17分着、23分発)。ここでは3020Mを待避しました。列車の撮影をしている人がいるのが見えます。

Dscn9486_640

八王子駅には18時42分に到着しました(3番線ホーム)。

Dscn9490_640

八王子駅2番線ホーム(中央線東京方面)はこのような状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

ウラデンフェスタ2014

平成26年11月8日に、「ウラデンフェスタ2014」が開催されました。

Dscn9102_640

「ウラデンフェスタ2014」の最寄り駅である、南浦和駅です。

「ウラデン」とは浦和電車区のことです。浦和電車区は昭和37年に開業した、京浜東北線の車両基地です。すでに京浜東北線の車両基地として、蒲田電車区および下十条電車区がありましたが、増発等により、車両基地を増設する必要が生じたものと思われます。

Dscn8914_640

浦和電車区への途上に、画像のような表示を掲げた社員が立っていて案内を行っていました。

Dscn9098_640

ここが浦和電車区の入口です。私は、来るのが遅かったためあまり見ることができませんでした。

Dscn8943_640

画像が、浦和電車区所属を表す「宮ウラ」の表記です。

浦和電車区は昭和37年に開設されましたが、当初は「東ウラ」と表記されていました(「東」は国鉄東京鉄道管理局を表す表示)。その後、昭和44年に「北ウラ」と表記が変更され(「北」とは国鉄東京北鉄道管理局を表す表示)、昭和62年4月の国鉄民営化に伴い、再び「東ウラ」と表記されるようになりました(「東」は東日本旅客鉄道東京地域本社を表す表記)。

その後、平成13年に大宮支社の発足に伴い、現在の「宮ウラ」に表記が変更されました。

なお、JR東日本の現業機関としては、今でも電車区の表記が残っているという、今となっては貴重な(?)現業機関になっています(平成16年頃を前後して、JR東日本にある、それまでの「○○電車区」のほとんどは「○○車両センター」に名称が変更されています)。

Dscn8919_640

「洗浄線通過体験」が行われるようです。

Dscn8925_640

これが「見学整理券」です。

Dscn8931_640

E233系が3編成並んでいますが、この真ん中の編成(宮ウラ139編成)が洗浄線通過体験に使用されました。

Dscn8969_640

洗浄線通過直後の画像です。窓枠の部分に水滴があるのが見えます。

Dscn8973_640

移動中に、社員がこちらに向かって、手を振っているのが見えます。

Dscn8988_640

隣の車両内では、清掃をしているのが見えます(側面表示は、普段使用しない「田町」の表示になっています)。

Dscn8995_640

E233系(クハE232-1039)の後位側の画像です。優先席付近を明確にして、吊り手についても、オレンジ色のものにしてあります。なお、車椅子スペース(ベビーカースペース)は優先席として扱っていないのがわかります(床の色が異なる、吊り手がオレンジ色にしていないことに注意。鉄道事業者により、この部分の扱いが異なっています)。

Dscn8998_640

体験車両は、ドアの開閉を1箇所しか行わない関係で、画像のようにドアコックを活用していました。

Dscn9001_640

E233系3編成の並びです。通常使用されていない表示が見えます(「快速田端」など)。

Dscn9028_640

絵画展・休憩スペースとして、車内を開放している車両もありました(宮ウラ182編成)。

Dscn9037_640

撮影用に並べてある車両です。各車にヘッドマークが取り付けてあります。

Dscn9036_640

一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラで撮影していた「社員」もいたようです。

Dscn9031_640

「祝さいたま市誕生」のHMを掲げ、品川の行き先表示がある、宮ウラ182編成です。

Dscn9040_640

「ありがとう京浜東北・根岸線209系」のHMを掲げた、E233系宮ウラ162編成です。HMと実態があっていませんが、イベントと言うこともあり、あえて掲げているのでしょう。

Dscn9046_640

左から、「ありがとう103」のHMをつけた宮ウラ110編成、「旅立ち205」のHMをつけた宮ウラ160編成、「901」のHMをつけた宮ウラ102編成です。列車番号の箇所がそれぞれ2014、11、8となっており、当日の日付を表しています。

Dscn9056_640

画像はクモヤ143-9です。首都圏地区のATC化に伴い、昭和50年代に新製された牽引車です。浦和電車区にも配属されたことがありますが、現在は配属がありません。今回のイベント用に、東京総合車両センター(東トウ)から回送されてきました。

Dscn9089_640

浦和電車区の建物の前にSuicaペンギンのかぶり物がいました。

Dscn9091_640

浦和電車区を後にする前に、京浜東北・根岸線南行電車を撮影しました。

今回のイベントは、大々的に公開していなかったこともあり、混雑していませんでした。

次回もいけるかどうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

超☆超IC早得を使用

今年10月に、東海道新幹線開業50周年という名目で、JR東海とJR西日本で新幹線に格安で乗車できる「超☆超IC早得」が設定されました。

Dscn9376_640

画像は「超☆超IC早得」で確保したIC乗車票です。EX-ICカードで乗車することを建前としていますが、画像のように、乗車前に意図的に乗車券を発券して乗車することも可能になっています。

広島から東京・品川まで、新幹線を利用する場合の運賃・料金の合計は以下のとおりです。

所定:19080円(「のぞみ」指定席を通常期に利用する場合)

乗車券+e特急券:17660円

EX-IC:17660円

IC早得:15940円

上記運賃・料金の合計と比べて「超☆超IC早得」はかなり格安で設定されていました。

「超☆超IC早得」で座席を確保するのは、かなり大変でした(発売開始時間になると、アクセスが困難になることがありました)が、どうにか確保できました。

また設定されれば良いと思いますが、いつになるのか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »