« 新白島駅来春開業 | トップページ | 臨時「サンライズ出雲」運転 »

2014年10月17日 (金)

脇野田駅

先日、脇野田(わきのだ)駅に行ってきました。

脇野田駅は、JR東日本新潟支社管内にある、信越本線の駅です。

Dscn9598_640

脇野田駅舎の画像です。開業は大正10年で開業以来90年以上の年月が経過しています。

Dscn9533_640

駅舎正面右に出ていた、建物財産標です。大正10年と掲示されていることから、駅舎そのものは(後に手直しをしているとは言え)開業当時のものを使用しているものと思われます。

Dscn9535_640

脇野田駅内です。出札窓口と自動券売機があります。窓口営業時間は7時30分から17時45分です。

Dscn9522_640

脇野田駅の西側には、北陸新幹線の上越妙高(じょうえつみょうこう)駅がほとんど完成された状態で建設されています。今週末に上越妙高駅の地上部分に、脇野田駅が移転することになっています。

Dscn9530_640

脇野田駅構内に掲示してあった、脇野田駅移転の案内です。来る10月19日から新駅に移転するようです。

Dscn9531_640

「ありがとう脇野田駅」などの写真等も掲示されています。

Dscn9551_640

駅の西側に移動し5分くらい歩いたところで撮影した、上越妙高駅駅舎です。駅前にはまだ何もないようです。何もないからこそ、このような駅舎が建設できると言うことも言えるかもしれません。

Dscn9570_640

上越妙高駅の1階部分の駅名(赤矢印の部分)は、

Dscn9571_640

脇野田駅新駅です。上越妙高の地上部分が異なる駅になっているのは、何か違和感を感じます。脇野田駅も平成27年3月13日までで、翌日からは上越妙高駅に改称されるようです。よく見ると、右側にミラーのようなものがありますので、平成27年3月14日以降の列車(JR東日本から、第3セクター「えちごトキめき鉄道」へ移管)は、ワンマン運転される列車が設定されることが想定できます。

Dscn9588_640

列車で来るのが不便ということもありますが、自動車で「視察」する人もいたようです。

Dscn9504_640

上り列車(南高田-脇野田間)から撮影した画像です。線路上の白い部分から、右側に線路が敷かれていますが、この部分が18日夜から19日朝までに線路が切り替わる部分になります。

Dscn9616_640

上り列車(脇野田-北新井間)から撮影した画像です。線路上の白い部分に、右側から線路が敷かれていますが、この部分が18日夜から19日朝までに線路が切り替わる部分になります。

Dscn9610_640

脇野田駅に到着する、信越本線上り列車です。この区間を走行する115系や189系も、来年3月までになるようです。

|

« 新白島駅来春開業 | トップページ | 臨時「サンライズ出雲」運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/57694398

この記事へのトラックバック一覧です: 脇野田駅:

« 新白島駅来春開業 | トップページ | 臨時「サンライズ出雲」運転 »