« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月30日 (木)

常磐線特急列車の輸送体系変更

常磐線の特急列車は、「スーパーひたち」と「フレッシュひたち」で運用されていますが、次期ダイヤ改正(平成27年3月14日)より、輸送体系等が変更されます。

Dscn9434_640

画像は、常磐線特急「スーパーひたち」、「フレッシュひたち」で運用されているE657系です。

現在、上野発着の常磐線特急列車として運用されていますが、次期ダイヤ改正より、発着駅が一部を除き、品川発着を基本とする運用に変更されます。

列車愛称名も以下のように変更されます。

「スーパーひたち」は「ひたち」

「フレッシュひたち」は「ときわ」

これを契機に、JR東日本文言による「新たな着席サービス」を名目に、全車指定席になります(自由席の設定は廃止されます)。

自由席特急券で「ひたち」、「ときわ」に乗車することができなくなります。

さらに、特急券を所持しないで「ひたち」、「ときわ」に乗車した場合は、特急券に260円を上乗せした金額(大人の場合)を車内で徴収されることになります(車内料金)。

ちなみに、上野から常磐線の主な駅までの特急料金は以下のようになります。

土浦まで:1000円(現行1450円・自由席特急券930円)

水戸まで:1550円(現行1860円・自由席特急券1340円)

高萩まで:2200円(現行2680円・自由席特急券2160円)

いわきまで:2500円(現行2900円・自由席特急券2380円)

変更後の特急料金は、特急券と自由席特急券の中間くらいの金額になっており、自由席を恒常的に利用している旅客にとっては、事実上の値上げになります。

なお、特急料金の「繁忙期」・「閑散期」・「通常期」の区別がなくなり、全期間同額になります。

Dsc05953_640

画像は、Suicaグリーン車システムを搭載した普通列車グリーン車の座席頭上です。

現在、E657系についても類似の改造が行われています(改造の関係で、E657系の運用本数が足りなくなる関係で、1運用、651系が使用されているようです)。なお、Suicaをかざして利用するものではないため、普通列車グリーン車の頭上にあるSuicaのロゴはありません。

緑ランプが点灯している場合は、その席がすでに発売済みになっていて、他の旅客は利用できないということになります。

赤ランプが点灯している場合は、その席が未発売で、他の旅客が利用可能になっている状態ということになります。

今回、黄色のランプが用意されることになり、「まもなく指定席発売済みの区間になるため、他の旅客が利用できなくなるため、注意してください。」の意味で使用されるようです。

Suicaグリーン車システム搭載車では、グリーン席が自由席のみのため黄色のランプが使用される機会がありませんでした。

特急券については、座席の指定がされている、従来の(指定席)特急券のほかに、「座席未指定券」という(指定席)特急券と同額の特急券が設定されるようです(「スワローあかぎ料金券」のような位置づけなのかもしれません)。そのため、マルスシステム(マルス発券方法)も変更されることになるものと推測できます。「座席未特急券」では座席の指定をしないため、空席を利用することができますが、既に座席が指定され特急券を所持している旅客が優先になるため、あまり意味があるものとも思えませんが、自由席利用客に指定席料金を徴収しようという、JR東日本の思惑が働いていることは容易に想像できます。

なお、「スワローあかぎ」などと同様に「えきねっとチケットレスサービス」が行われるようです。これは特急料金から100円割り引いた料金で、「ひたち」や「ときわ」を利用できるように設定されるようで、最初はキャンペーンによる割引も行われることは確実と考えられます(後日、利用客が減少したにもかかわらず、好評のため期間を延長するなどということを行うことも容易に想像できます)。

えきねっとトクだ値もあらたに設定されるようですが、(土休日の場合)30%割引から10%割引と事実上の値上げが行われるようです。

上野(山手線内)-水戸の場合、現行の3500円(土休日は2880円)(通常期乗車の場合で計算)が、3430円になります(山手線内発着になるため、品川・東京・上野とも同じ値段になります)。

この「新たな着席サービス」は、利用客からどのような評価を受けるのか・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

JTB時刻表11月号に誤植

先日、JTB時刻表11月号を購入しました。

山陽本線のページを見ると、

Dscn9865_640

JTB時刻表11月号217ページ(山陽本線上り)です。赤矢印の箇所に誤りがあります。

424M(三原糸崎間424M)と記述されています。しかし、全区間を424Mであれば(三原糸崎間424M)の記述は不要のはずです。

Dscn9864_640

先月号(JTB時刻表10月号)の217ページでは、1746M(三原糸崎間424M)と記述されていて、こちらは正当に記述されています。なぜ、10月号の記述が正しく、11月号の記述に誤りが出たかについては不明です。はたして12月号ではこの部分がどうなるか・・・

Dscn9015_640

ちなみに、424M~1746Mで運用される車両は、岡山電車区(岡オカ)所属の117系8両編成です。三原・糸崎間(424M)のみ8両編成で、糸崎駅で後部4両を切り離して、1746Mになります。切り離された4両は、後続の1748M岡山行きになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

臨時「サンライズ出雲」運転

JR旅客鉄道各社は、平成26年12月から平成27年2月までの臨時列車についてプレス発表しました。

その中で取り上げるのは、寝台特急「サンライズ出雲91・92号」が運転されることです。

Dsc09788_640

画像は、出雲市駅に停車中の寝台特急「サンライズ出雲」です。今回の冬臨で、定期列車である「サンライズ出雲」とは別に「サンライズ出雲91・92号」が設定されます。

運転日は以下のとおりです。

「サンライズ出雲92号」:出雲市発12月28日・1月3日

「サンライズ出雲91号」:東京発12月29日・1月4日

車両の所属が後藤総合車両所出雲支区(米トウ)であるため、出雲市駅を基準とする運用になることから、「サンライズ出雲92号」の翌日に「サンライズ出雲91号」が運転されるダイヤになります。厳密に言えば、「サンライズ瀬戸・出雲」に使用している285系は5編成あり、そのうちの2編成は大垣車両区(海カキ)所属になっています。

運転時刻(主な駅)は以下のとおりです。

「サンライズ出雲91号」:東京発22時40分→大阪着6時01分→岡山着8時43分→米子着11時45分→松江着12時20分→出雲市着13時25分

「サンライズ出雲92号」:出雲市発14時48分→松江発15時20分→米子発15時56分→岡山発19時49分→大阪発22時24分→横浜着5時34分→東京着6時00分

「サンライズ出雲」もテレビ等で取り上げられることがあるため、知名度はそれなりにあるようですが、「サンライズ出雲」(下り)の終着駅は「出雲市」であって「出雲」ではありません。某局のバラエティー番組で誤って(か、知らずにか)「出雲」と字幕が出ている例がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

脇野田駅

先日、脇野田(わきのだ)駅に行ってきました。

脇野田駅は、JR東日本新潟支社管内にある、信越本線の駅です。

Dscn9598_640

脇野田駅舎の画像です。開業は大正10年で開業以来90年以上の年月が経過しています。

Dscn9533_640

駅舎正面右に出ていた、建物財産標です。大正10年と掲示されていることから、駅舎そのものは(後に手直しをしているとは言え)開業当時のものを使用しているものと思われます。

Dscn9535_640

脇野田駅内です。出札窓口と自動券売機があります。窓口営業時間は7時30分から17時45分です。

Dscn9522_640

脇野田駅の西側には、北陸新幹線の上越妙高(じょうえつみょうこう)駅がほとんど完成された状態で建設されています。今週末に上越妙高駅の地上部分に、脇野田駅が移転することになっています。

Dscn9530_640

脇野田駅構内に掲示してあった、脇野田駅移転の案内です。来る10月19日から新駅に移転するようです。

Dscn9531_640

「ありがとう脇野田駅」などの写真等も掲示されています。

Dscn9551_640

駅の西側に移動し5分くらい歩いたところで撮影した、上越妙高駅駅舎です。駅前にはまだ何もないようです。何もないからこそ、このような駅舎が建設できると言うことも言えるかもしれません。

Dscn9570_640

上越妙高駅の1階部分の駅名(赤矢印の部分)は、

Dscn9571_640

脇野田駅新駅です。上越妙高の地上部分が異なる駅になっているのは、何か違和感を感じます。脇野田駅も平成27年3月13日までで、翌日からは上越妙高駅に改称されるようです。よく見ると、右側にミラーのようなものがありますので、平成27年3月14日以降の列車(JR東日本から、第3セクター「えちごトキめき鉄道」へ移管)は、ワンマン運転される列車が設定されることが想定できます。

Dscn9588_640

列車で来るのが不便ということもありますが、自動車で「視察」する人もいたようです。

Dscn9504_640

上り列車(南高田-脇野田間)から撮影した画像です。線路上の白い部分から、右側に線路が敷かれていますが、この部分が18日夜から19日朝までに線路が切り替わる部分になります。

Dscn9616_640

上り列車(脇野田-北新井間)から撮影した画像です。線路上の白い部分に、右側から線路が敷かれていますが、この部分が18日夜から19日朝までに線路が切り替わる部分になります。

Dscn9610_640

脇野田駅に到着する、信越本線上り列車です。この区間を走行する115系や189系も、来年3月までになるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

新白島駅来春開業

JR西日本広島支社は、来春、広島駅と横川駅間に開業する新駅を新白島(しんはくしま)駅とすることを発表しました。

Dscn9195_640

画像は、広島駅と横川駅との間に来春開業予定の新白島駅ホームと思われる箇所です(下り列車から撮影)。

公式サイトによれば、住所は広島県広島市中区西白島町154-1になるようです。

いわゆる「広島市内」の駅になることも間違いないようです。

Dscn9354_640

上り列車から撮影した新白島駅ホームと思われる箇所です。アストラムラインとの乗換駅としても機能することが想定されているようです。

開業日は明確にされていませんが、おそらく北陸新幹線金沢開業と同日(平成27年3月14日)になることが予想できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

北陸新幹線開業後の金沢駅アクセス特急

平成27年3月14日の北陸新幹線(長野-金沢)開業に合わせて、「ダイナスター」(金沢-福井)、「能登かがり火」(金沢-和倉温泉)の両特急列車が設定されます。

Dscn9686_640

683系の車内の画像です。公式サイトには「サンダーバードと同一車両」と記述されていますが、「はくたか」が廃止になることもあり、「はくたか」で使用されている車両を転用するのではないかと想定できます。

両特急列車とも、金沢駅で北陸新幹線に接続するダイヤになるものと想定されますが、金沢駅で新幹線から在来線に(在来線から新幹線に)乗り継ぐ際の在来線特急料金に、乗継割引が適用になるか、制度が注目されます。

なお、「能登かがり火」の金沢-津幡間は、JR西日本から経営分離されますので、乗継割引は適用にならないものと考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

新青森-青森間の特急料金

平成22年12月の東北新幹線全線開業以降、新青森-青森間で特急列車に乗車する場合、自由席に乗車の場合は、特急料金無料の特例があります。

Dscn1628_640

新青森駅構内に掲示してある、「青森駅までご乗車のお客さまへ」の表示です。

新青森-青森間を特急列車に乗車する場合、自由席に乗車する場合に限り、特急料金不要の記載があります。

なお、自由席乗車の場合の特例のため、指定席に乗車する場合は、B特急券が必要になります(通常期に乗車する場合は1030円)。

東北新幹線で新青森駅まで乗車し、新青森-青森間のみ、特急列車の指定席に乗車する場合も在来線の特急料金は(通常期乗車の場合)1030円です。いわゆる乗継割引の適用はありません。(東北新幹線で、新青森まで乗車し)新青森-函館間で特急列車に乗車する場合は、乗継割引が適用されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »