« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月27日 (水)

平成27年3月14日

平成27年3月14日(土曜日)に、現在建設中の北陸新幹線長野-金沢間が開業することが、JR東日本とJR西日本によってプレス発表されました。

北陸新幹線の愛称名は、以下の4種類が決定しています(一部は既に営業運転を開始)。

・かがやき:10往復
・はくたか:14往復(1往復は長野-金沢間)
・つるぎ:18往復
・あさま:16往復(平成9年より営業運転)

「かがやき」は最速達列車で、途中停車駅は、大宮・長野・富山です(一部は上野停車)。

「はくたか」は上越妙高-金沢間各駅停車の列車です(「かがやき」停車駅に加えて高崎-上田間と飯山駅にも停車する列車があります)

「つるぎ」は金沢-富山間のシャトル列車で、途中、新高岡駅に停車します。

「あさま」は東京-長野間の列車で、基本的に各駅停車です(熊谷・本庄早稲田・安中榛名の各駅は通過する列車があります)。

最短所要時間は

東京~金沢間 2時間28分
東京~富山間 2時間 8分

になります。

Dscn9366_640

画像は、北陸新幹線金沢開業を睨んで導入されたE7系です(JR西日本はW7系を導入)。すでに「あさま」で運用されています。今回の金沢開業で本格使用になりますが、一部の「あさま」はE2系で残るようです。

北陸新幹線金沢開業により、在来線の運転体系が変更されることになります。

廃止される列車
・「はくたか」・「北越」・「くびき野」・「妙高」

以下の列車は、一部区間が廃止になります。
・特急「サンダーバード」(1往復を除き廃止)
・特急「しらさぎ」(金沢~富山・和倉温泉間)
・特急「おはようエクスプレス」(金沢~富山・泊間)

新設される列車は、以下のとおりです。
・特急「しらゆき」(新潟~上越妙高・新井間)をE653系1100番台4両編成で運転
・金沢~和倉温泉間で、特急列車を5往復運転
・福井~金沢間で、特急列車を3往復運転
・新潟~新井間で、快速列車を2往復運転
・新潟~糸魚川間で、快速列車を1往復運転

Dscn9170_640

画像の列車はE653系「いなほ」です。E653系は、来年3月から「しらゆき」としても運転されますが、外部塗装は「いなほ」とは異なります。4両編成で運転されますが、グリーン車についてはプレスには記述されていませんので不明ですが、グリーン席の設定はないような気がします。

運賃・料金については現時点で発表がありませんが、運賃は従来より低廉になる可能性が高いようです(長野-金沢間では、現行の信越・北陸線経由よりも、新幹線ルートの方が距離が短いようです)が、新幹線特急料金については何とも言えません。

平成23年の山陽新幹線と九州新幹線の直通運転時には博多駅で特急料金打ち切り計算という「前科」があるため、どのようになるか、JR東日本とJR西日本との調整が気になるところです。また、「えきねっと」や「e5489」の割引などについても調整が必要になるようです(現行では「えきねっと」で購入した乗車券類をJR西日本の駅では受け取ることができない、「e5489」で購入した乗車券類をJR東日本の駅では受け取ることができないということがあるため)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

横浜線205系引退

JR横浜線では昭和63年9月22日以降、205系を営業運転で使用してきましたが、平成26年8月23日をもって営業運転を終了しました。

Dscn8720_640

画像は横浜線営業運転最終列車です(列車番号は846K)。引退に当たり、専用のヘッドマークを取り付けて運転されました。

Dscn8717_640

画像は町田駅の発車案内表示です。「ありがとう205系!お疲れ様でした」の表示も用意してありました。

Dscn8728_640

最後の列車を撮影している人が(電車の写真を普段撮らないような人を含めて)かなりいたようです。

Dscn8731_640

モハ205-182の番号表示の部分です。本来はプレートが貼ってある箇所なのに、このような表示になっているのは、プレートの盗難があったからでしょうか?

Dscn8735_640

いくつかの駅では、簡単なセレモニーが行われていたようです。前の方で右手を挙げて、駅長が出発合図をしているようです。

Dscn8747_640

大船駅到着後、鎌倉車両センター(横クラ)に回送されました。画像はその直後のものです。

Dscn8750_640

横浜線205系引退を記念して、JR東日本横浜支社では、「ありがとう横浜線205系 横浜線205系営業運転終了」記念入場券を販売しました。

Dscn8752_640

入場券はこのように専用の台紙にセットされていました。

東神奈川・菊名・小机・中山・町田・相模原・橋本・八王子の各駅のみで発売されました(1部980円)。駅により、発売枚数が異なっていたようで、早めに並ばないと購入できないことがあったようです(既に完売済みと思われます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

721系試運転

JR北海道は、8月30日にダイヤ改正を行うことをすでに明らかにしていますが、その中で、「711系電車30本のうち16本を721系に置き換えます」という記述があります。

Dscn9811_640

画像は(旭川方面から)滝川駅4番線に到着する試9572Mです。これまで721系は滝川以遠(旭川方面)の定期運用はありませんでした。

Dscn9812_640

画像は滝川駅停車中のクハ721-3です。車内にはJR北海道の社員が数人見えましたので、ダイヤ改正後の旭川方面の定期運用が開始されるための訓練運転と推定できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

えきねっとお先にトクだ値(やまびこ)

JR東日本には、インターネットによる列車予約システムである「えきねっと」があります。

「えきねっと」で予約する場合に、一定の条件を満たすことにより、割引で特急券等を購入することができます。JR東日本としては、割引で列車に乗車できることを呼び水に、「えきねっと」を利用して、受け取りを(「みどりの窓口」ではなく)指定席券売機で行うように推奨しています。

実際には窓口は長蛇の列で、その隣にある指定席券売機には利用客がほとんどいないという駅をいくつも見ていますが・・・・

Dscn8706_640

画像が「えきねっと列車限定割引 トクだ値30」で購入した「やまびこ」の特急券です(運賃加算)。

券面に「3割」と表示されているように、3割引になっています。なお、「やまびこ」の「お先にトクだ値」による割引率は乗車日・列車により30%か35%引きのいずれかになります。乗車率が低い列車に割引率が高く設定されているようです。なお、「お先にトクだ値」が設定されていない日がありますので、購入する際には注意が必要です。

それでも、うまく利用すればかなりお得に購入できるため、(JR東日本の列車を利用する場合は)「えきねっと」の会員になった方がよいものと思います。なお、会員登録にはクレジットカードが必要です(VIEWカードを推奨)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

サンライズ瀬戸の琴平延長

寝台特急「サンライズ瀬戸」について、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国の4社は共同で、高松-琴平間を延長運転することを先日発表しました。

「瀬戸内海国立公園指定80周年を記念」という名目で延長運転するようです。

延長運転日は、東京駅発基準で、9月から11月までの金曜、土曜と休前日(9月14日、22日・10月12日・11月2日、23日)です。

延長区間の着時刻は、以下のとおりです。

多度津着:8時33分

善通寺着:8時43分

琴平着:8時51分

なお、下り列車のみで、上り列車は従来どおり、高松発(21時26分)になります。

「サンライズ瀬戸」を東京-琴平間で乗車した場合の、運賃・料金の合計は以下のとおりです。

A寝台個室「シングルデラックス」:27960円(運賃10990円+特急券・A寝台券16970円)

B寝台個室「ソロ」:20710円(運賃10990円+特急券・B寝台券9720円)

B寝台個室「シングル」:21790円(運賃10990円+特急券・B寝台券10800円)

B寝台個室「シングルツイン」:23660円(運賃10990円+特急券・B寝台券12670円)

普通車指定席「ノビノビ座席」:14750円(運賃10990円+特急券3760円)、通常期に乗車

上記は1人で利用する場合で、下記は2人用個室利用の場合です。

B寝台個室「シングルツイン」:43290円(運賃21980円+特急券・B寝台券21310円)

B寝台個室「サンライズツイン」:43580円(運賃21980円+特急券・B寝台券21600円)

「シングルツイン」は1名でも、2名でも利用可能です(2名利用の場合は、補助ベッド利用と見なして計算)

なお、運転経路は、一部区間(運賃計算経路上は高松-宇多津間)折り返し乗車になりますが、途中下車しない場合、東海道本線・山陽本線・宇野線・本四備讃線・予讃線・土讃線経由の乗車券で「サンライズ瀬戸」を東京-琴平間で利用できます。

Expsunrise1_640

画像は、松山駅2番線に停車中の「サンライズ瀬戸」です。松山延長も久しく行われていませんが、もう実現することはないのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »