« 横浜線205系引退 | トップページ | 北陸本線ワンマン化 »

2014年8月27日 (水)

平成27年3月14日

平成27年3月14日(土曜日)に、現在建設中の北陸新幹線長野-金沢間が開業することが、JR東日本とJR西日本によってプレス発表されました。

北陸新幹線の愛称名は、以下の4種類が決定しています(一部は既に営業運転を開始)。

・かがやき:10往復
・はくたか:14往復(1往復は長野-金沢間)
・つるぎ:18往復
・あさま:16往復(平成9年より営業運転)

「かがやき」は最速達列車で、途中停車駅は、大宮・長野・富山です(一部は上野停車)。

「はくたか」は上越妙高-金沢間各駅停車の列車です(「かがやき」停車駅に加えて高崎-上田間と飯山駅にも停車する列車があります)

「つるぎ」は金沢-富山間のシャトル列車で、途中、新高岡駅に停車します。

「あさま」は東京-長野間の列車で、基本的に各駅停車です(熊谷・本庄早稲田・安中榛名の各駅は通過する列車があります)。

最短所要時間は

東京~金沢間 2時間28分
東京~富山間 2時間 8分

になります。

Dscn9366_640

画像は、北陸新幹線金沢開業を睨んで導入されたE7系です(JR西日本はW7系を導入)。すでに「あさま」で運用されています。今回の金沢開業で本格使用になりますが、一部の「あさま」はE2系で残るようです。

北陸新幹線金沢開業により、在来線の運転体系が変更されることになります。

廃止される列車
・「はくたか」・「北越」・「くびき野」・「妙高」

以下の列車は、一部区間が廃止になります。
・特急「サンダーバード」(1往復を除き廃止)
・特急「しらさぎ」(金沢~富山・和倉温泉間)
・特急「おはようエクスプレス」(金沢~富山・泊間)

新設される列車は、以下のとおりです。
・特急「しらゆき」(新潟~上越妙高・新井間)をE653系1100番台4両編成で運転
・金沢~和倉温泉間で、特急列車を5往復運転
・福井~金沢間で、特急列車を3往復運転
・新潟~新井間で、快速列車を2往復運転
・新潟~糸魚川間で、快速列車を1往復運転

Dscn9170_640

画像の列車はE653系「いなほ」です。E653系は、来年3月から「しらゆき」としても運転されますが、外部塗装は「いなほ」とは異なります。4両編成で運転されますが、グリーン車についてはプレスには記述されていませんので不明ですが、グリーン席の設定はないような気がします。

運賃・料金については現時点で発表がありませんが、運賃は従来より低廉になる可能性が高いようです(長野-金沢間では、現行の信越・北陸線経由よりも、新幹線ルートの方が距離が短いようです)が、新幹線特急料金については何とも言えません。

平成23年の山陽新幹線と九州新幹線の直通運転時には博多駅で特急料金打ち切り計算という「前科」があるため、どのようになるか、JR東日本とJR西日本との調整が気になるところです。また、「えきねっと」や「e5489」の割引などについても調整が必要になるようです(現行では「えきねっと」で購入した乗車券類をJR西日本の駅では受け取ることができない、「e5489」で購入した乗車券類をJR東日本の駅では受け取ることができないということがあるため)。

|

« 横浜線205系引退 | トップページ | 北陸本線ワンマン化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/57204503

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年3月14日:

« 横浜線205系引退 | トップページ | 北陸本線ワンマン化 »