« 北海道フリーパス | トップページ | 第3回鉄道テーマ検定の合否 »

2014年4月30日 (水)

廃止直前の江差線に乗車

先日、江差線に乗車しました。江差線は来る5月11日をもって、木古内-江差間の鉄道営業を終了します。

私は以前にも江差線に乗車しましたが、今回、廃止区間について最後の乗車を行いました。

Dscn0015_640_2

画像は木古内(きこない)駅舎です。江差線ラストラン5月11日の表記も見えます。

Dscn9873_640

木古内駅待合室内には、画像のような江差線廃止関連の画像等が掲示されていました。

Dscn9881_640

木古内を発車し、海峡線と分かれた後に、北海道新幹線の高架橋が見えます。架線も張ってあり、既に開業しているかのようです。

Dscn9884_640

渡島鶴岡(おしまつるおか)駅には、画像のような掲示が出ていました(江差行きの進行方向左側に見えます)。

Dscn9886_640

通常は、木古内-江差間の列車は全列車単行でしたが、廃止が間近になったためか、2両編成で運転していました。それでも画像にあるようにそれなりに人数が乗車していました。私の知る限り、この区間において座れない人がいる列車に乗車したことはありません。

Dscn9895_640

湯ノ岱(ゆのたい)駅に到着します。江差発の列車が待機しています。木古内-江差間で列車交換ができる駅は湯ノ岱のみです。

Dscn9897_640

湯ノ岱駅には、警備員が配置されるようになりました。廃止を間近にした混雑等に対応することがあるものと思われます。

Dscn9902_640

湯ノ岱-江差間はスタフ閉塞区間になっています。そのため、このような通票の受け渡しが行われます。JR北海道のスタフ閉塞区間は、湯ノ岱-江差間以外に、札沼線の石狩月形-新十津川間、留萌本線の留萌-増毛間にもあります。

Dscn9911_640

湯ノ岱-宮越間(五稜郭起点64キロ)に天ノ川のモニュメントがある箇所があります。ここにも警備員が配置されているようです。

Dscn9912_640

天ノ川(駅ではない)を通過するところです。

Dscn9916_640

列車に向かって撮影している男女がいるようです(上ノ国-江差間)。

Dscn9917_640

江差駅に到着します。ここでも撮影者がいるようです。なお、前回の時と異なり、江差駅では、ホーム側の全ドアが開きます。運転士によれば、「折り返し列車に乗車する場合でも、一旦、荷物を持って降りていただき、再度ホーム上に並んでください」とのアナウンスを行っていました。

Dscn9920_640

江差駅では、画像のような横断幕を掲げている人がいました。

Dscn9938_640

江差駅構内では、「さようなら江差線記念きっぷ」も発売していました。

Dscn9939_640

郵便局側でも記念切手を発売していました。

Dscn9931_640

江差駅舎です。最近建てられた「ありがとう江差線」の碑が見えます。

Dscn9945_640

江差駅改札口の脇に、「わたしの旅スタンプ台」と「旅の思い出帳」がありました。

Dscn9947_640

「旅の思い出帳」の一部です。

Dscn9925_640

江差駅前には「えさしおもてなしプラザ」があります。

Dscn0799_640

おもてなしプラザでは、画像のような「江差駅来駅証明書」が配布されていました。

Dscn0800_640

裏面の画像です。はがきサイズになっています。なお、この「来駅証明書」は数に限りがあるようです(4月18日から先着20000名まで)ので、最終日に手に入れられるかどうかはわかりません。

Dscn9937_640

江差駅停車中の木古内行き列車です。事実上の最後の列車に乗車します。

Dscn9958_640

列車が発車した際には、江差駅長が手を振ってお見送りをしていました。

昭和11年に今の区間が開業した江差線も、5月11日で鉄道営業が終了することになりました。残りの区間(五稜郭-木古内間)も、北海道新幹線の開業時に、JR北海道から経営分離ということになるため、江差線の路線名称が残るかどうかも不明です・・・

|

« 北海道フリーパス | トップページ | 第3回鉄道テーマ検定の合否 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/55986875

この記事へのトラックバック一覧です: 廃止直前の江差線に乗車:

» 消えゆく江差線、記念グッズ品切れも JR木古内駅に臨時窓口 [ローカルニュースの旅]
廃止が迫るJR江差線が連日のにぎわいをみせている。4日も通常は1両の列車を2、3両に増やして運行。大型連休を迎えて増加した観光客に対応するため、JR木古内駅では臨時窓口を設けた。記念グッズの中には品切れになる商品も出始めている。... [続きを読む]

受信: 2014年5月 6日 (火) 10時23分

» [ブログ巡り]廃線 [( ゜Д゜)イェア!トラックバックスパム?]
「鉄道旅行者」のblog を拝見する。 http://szh-449901.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-9cbf.html 先日、江差線に乗車しました。江差線は来る5月11日をもって、木古内−江差間の鉄道営業を終了します。 こういう記事を見ると、地元の県の鉄道も近い将来では無いとは... [続きを読む]

受信: 2014年5月11日 (日) 22時02分

« 北海道フリーパス | トップページ | 第3回鉄道テーマ検定の合否 »