« 烏山線でACCUM運転開始 | トップページ | 消費税増税に伴う運賃料金変更(その4) »

2014年3月23日 (日)

消費税増税に伴う運賃料金変更(その3)

国土交通省(太田昭宏大臣)は、3月4日付けで、来る4月1日から行われる消費税8%化に伴い、該当する各鉄道会社から申請のあった運賃・料金改定について、認可することを表明しました。

JR西日本では、JR東日本と異なり、ICカード乗車券が使用できるエリアにおいても、二重運賃を適用せず、10円単位で運賃を設定しました

初乗り運賃(1~3km)については変更ありません(電車特定区間・大阪環状線内は120円、それ以外の区間140円)。

電車特定区間・大阪環状線内は4~6kmについても160円と据え置いています。

主な区間の運賃は、以下のようになります(矢印の左側が現行運賃、右側が改定運賃)。

大阪-天王寺:190円(通勤1箇月定期:5670円→5830円)、乗車券は据え置き

大阪-京都:540円→560円(通勤1箇月定期:16070円→16530円)

大阪-姫路:1450円→1490円(通勤1箇月定期:40050円→41190円)

金沢-富山:950円→970円(通勤1箇月定期:27580円→28370円)

岡山-倉敷:320円(通勤1箇月定期:9450円→9720円)、乗車券は据え置き

広島-下深川:230円→240円(通勤1箇月定期:6930円→7130円)

新大阪・大阪-岡山:2940円→3020円

大阪市内-金沢:4620円→4750円

岡山-出雲市:6300円→6480円

福岡市内-神戸市内:9030円→9290円

特急料金も変更になります(自由席に乗車するものとして計算)。

新大阪(市内)-広島:9440円→9710円

博多(市内)-岡山:11550円→11880円

京都(市内)-富山:7250円→7460円

インターネット予約による「エクスプレス予約」も料金が変更になります。

年会費:1050円→1080円(EX-IC再発行、切替手数料についても同じ)

EX-ICサービスで新幹線に乗車する場合は、以下の金額になります(普通車乗車)。

新大阪-小倉:12040円→12380円

新大阪-博多:12880円→13240円

IC早得では、以下のようになります。

新大阪-小倉:11450円→11780円

新大阪-博多:11450円→11780円

岡山-東京:14000円→14400円

特企券も変更になります。

スーパー早得きっぷ(乗車日14日前の23時まで発売)

新大阪(市内)-小倉(市内):10000円→10290円

新大阪(市内)-博多(市内):10000円→10290円

新大阪(市内)-鹿児島中央:14000円→14400円

新大阪(市内)-長崎:12500円→12860円

e5489についても変更されます。

チケットレス特急券については、以下のように変更になります(別途、運賃が必要)

米原-大阪:1100円→1130円

京都-和歌山:900円→930円

大阪-篠山口:600円→620円

新大阪-姫路:700円→720円

マリンライナー乗車駅相互間:200円→210円(普通車)

マリンライナー乗車駅相互間:450円→460円(グリーン車)

3月下旬は値上げ対策による混雑が想定されます。

必要な乗車券類は早めにご購入ください。

なお、3月31日には、いつもより窓口終了時間が早くなる駅がありますので、ご注意ください。おそらく、マルス端末のソフトダウンロード(update)に時間がかかることがあるためと推測できます。

|

« 烏山線でACCUM運転開始 | トップページ | 消費税増税に伴う運賃料金変更(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/55488755

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税増税に伴う運賃料金変更(その3):

« 烏山線でACCUM運転開始 | トップページ | 消費税増税に伴う運賃料金変更(その4) »