« アラウンド九州きっぷ | トップページ | 「スワローあかぎ」デビュー記念キャンペーン »

2014年1月29日 (水)

指宿枕崎線に乗車(その4)

先日、再び指宿枕崎線に乗車しました。枕崎駅に「駅舎」が設置されたようで、再度乗車することにしました。

Dscn9593_640_3

画像は山川駅です。右側に駅舎があり、左側に列車が2本並んでいます。指宿枕崎線は山川駅まではそれなりに本数がありますが、山川-枕崎間は8往復(2往復は西頴娃駅まで)しかありません。

Dscn9613_640

山川駅では画像のような記念切符を販売しています。西大山駅の記念入場券、山川駅の入場券、山川→西大山の乗車券のセットで販売しています。

Dscn9624_640

JR日本最南端の駅、西大山駅に到着します。観光客がこちらに向けて撮影しているのが見えます。

なお、運転士は西大山駅で2分停車する旨のアナウンス、および駅発車前に汽笛吹鳴のお知らせを行います。

Dscn9630_640

駅に下車してみました。乗客と観光客が撮影等を行っています。

Dscn9629_640

西大山駅に掲載されていた案内図です。西大山駅は昭和35年3月22日に指宿線の山川-西頴娃間開業に合わせて設置されました。

Dscn9634_640

背後に開聞岳を入れて撮影しました。なお、発車30秒前に運転士が汽笛吹鳴を行い、発車の注意喚起を行います。

Dscn9638_640

西大山駅発車直後の画像です。発車する列車に向けて撮影しようとしている人々がいます。

Dscn9641_640

西頴娃(にしえい)駅に到着します。昭和35年当時の終着駅です。

Dscn9653_640

終点、枕崎駅に到着します。西頴娃-枕崎間は、昭和38年10月31日に開業し、路線名も指宿枕崎線に改称されました。前回来た際になかった、「駅舎」が設置されています。

Dscn9662_640

「ようこそ枕崎へ」の表示が見えます。

Dscn9699_640

おかげさまで全線開通50周年の幟が出ていました。

Dscn9663_640

枕崎駅構内には「南と北の始発・終着駅」の表示がありました。

Dscn9962_640

稚内駅にも同様の表示があります。

Dscn9693_640

枕崎駅舎と停車中の列車の画像です。

Dscn9696_640

別角度からの撮影です。

Dscn9656_640

枕崎駅銘板です。第三十六代木村庄之助の筆によるものです。

Dscn9657_640

地元の人々の寄付金で駅舎が建てられたようです。

Dscn9723_640

枕崎駅舎内の画像です。

Dscn9724_640

これも駅舎内の画像です。「山幸彦像の見やすい場所に立って願をかけてみましょう」と書いてあるのが見えます。

Dscn9678_640

枕崎駅舎完成記念のタイトルで駅舎略史等が記述されています。

Dscn9705_640

枕崎駅入口です。以前にはなかった「枕崎駅入口」の表示がありました。

Dscn9694_640

観光客のためにか、駅周辺トイレマップも掲げてありました。

Dscn9708_640

枕崎駅を海側から見た画像です。駅周辺の整備工事中のようです。

Dscn9710_640

枕崎駅舎前広場完成イメージです。ロータリーやスロープなどが設置されるようです。

Dscn9713_640

枕崎駅前観光案内所の画像です。最南端終着駅の表示も見えます。

Dscn9753_640

復路の列車の前から撮影した画像です。西大山駅にたくさんの人々がこちらに向けて撮影をしているようです・・・

|

« アラウンド九州きっぷ | トップページ | 「スワローあかぎ」デビュー記念キャンペーン »

コメント

こんばんは。
お写真、楽しませて頂きました。
指宿枕崎線の旅に出たくなります。私は一度しか乗ったことはありませんが、途中車窓に眺めた山川駅には降りてみたかったと今も思います。海を目の前にして、山が迫り、狭いところにある駅の様子は、まるで模型のように見えました。
枕崎駅は以前の鹿児島交通の駅と比べて、突然線路が切れてしまったような唐突さを感じさせますね。思えば稚内駅も1線だけの棒線駅になりましたので、最南端・最北端共に小さな駅になってしまったのですね。
またいつか、のんびりと旅したい路線です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

投稿: 風旅記 | 2016年2月10日 (水) 03時09分

風旅記様

コメントをいただき、ありがとうございました。
最北端や最南端の路線というのは、何か特別な思いが感じられます。特に終着駅は、枕崎・稚内とも棒線駅になりましたので、建物は新しくなりましたが、寂しさも感じます。
弊blogご訪問ありがとうございました。

投稿: SZH | 2016年2月10日 (水) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/54780293

この記事へのトラックバック一覧です: 指宿枕崎線に乗車(その4):

« アラウンド九州きっぷ | トップページ | 「スワローあかぎ」デビュー記念キャンペーン »