« 「SLクリスマストレイン」に乗車 | トップページ | 平成26年3月JRダイヤ改正(その2) »

2013年12月20日 (金)

平成26年3月JRダイヤ改正(その1)

JR各社は、平成26年3月にダイヤ改正を行うことを発表しました。

ダイヤ改正日は平成26年3月15日です。

JR北海道では、

東北新幹線の時刻変更(新青森発着は盛岡発着1往復を除き、「はやぶさ」になります)に伴い、接続する「白鳥」、「スーパ-白鳥」の時刻が変更されます。

急行「はまなす」の青森発を繰り上げます(現行:22時42分発→改正:22時18分発)。札幌着に変更はありません。

Dscn7061_640

画像は函館駅停車中の、急行「はまなす」です。次期ダイヤ改正後も運転されることが決定しましたが、下り列車は、北海道新幹線工事の関係で、青森-函館間の時刻が繰り上がります(上り列車には変更ありません)。

札幌-函館間の「(スーパー)北斗」は、12往復(うち、4往復は運休、3往復は臨時列車)設定されます。

始発の特急列車の時刻を繰り上げます(矢印の左側の時刻が現行、右側が改正後の時刻)。

「スーパー北斗1号」:函館発7時04分→6時22分、札幌着10時30分→9時58分

「スーパー北斗2号」:札幌発7時00分→6時36分、函館着10時31分→10時14分

「スーパー宗谷」の最高速度を120km/hにすることにより、所要時間が増大します(1号の札幌-稚内間が13分など)。「スーパー宗谷2号」から札幌駅で「スーパー北斗10号」への接続ができなくなります。

Dscn9887_640

画像は「スーパー宗谷」です。札幌-名寄間は従来の最高速度が130km/hでしたが、次期ダイヤからは120km/hに減速されます。

「サロベツ」は引き続き運休し、快速列車9461D9462Dを引き続き当面運転します。

Dscn9813_640

画像は、宗谷本線臨時快速9462Dです。次期ダイヤ以降も引き続き運転されます。私が乗車したときはキハ40でしたが、キハ54やキハ400で運転する日もあるようです。

札幌駅で「スーパー北斗3号」→「スーパーカムイ17号」、「北斗17号」→「スーパーカムイ47号」の接続が改善されます。

函館駅で「スーパー北斗2号」→「スーパ-白鳥20号」、「スーパー北斗8号」→「スーパ-白鳥28号」の接続が改善されます。

知内、竜飛海底、吉岡海底の3駅を廃止します。

Dscn9292_640

画像はJR北海道の733系です。733系は現在増備中です。今回のプレスには普通列車関係についての記述はありませんが、711系の取り替えが進んでいくことが想定されます。

|

« 「SLクリスマストレイン」に乗車 | トップページ | 平成26年3月JRダイヤ改正(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/54322397

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年3月JRダイヤ改正(その1):

« 「SLクリスマストレイン」に乗車 | トップページ | 平成26年3月JRダイヤ改正(その2) »