« 平成26年3月JRダイヤ改正(その4) | トップページ | 平成26年3月JRダイヤ改正(その6) »

2013年12月24日 (火)

平成26年3月JRダイヤ改正(その5)

JR各社は、平成26年3月にダイヤ改正を行うことを発表しました。

ダイヤ改正日は平成26年3月15日です

JR四国では、以下のように変わる予定です。

8000系特急「しおかぜ」のグリーン車の位置を(岡山・高松方から松山・宇和島方に)変更します。

Dsc05821_640

画像は松山駅1番線ホームで撮影した8000系「しおかぜ・いしづち」(左側の車両)と2000系「宇和海」(右側の車両)です。松山駅では特急列車の乗り継ぎが同一ホームで可能な場合がありますが、このようなきわどい状態で列車を停車させることがあります。

松山駅が3番線までしかないこともありますが、グリーン車で乗り継ぎをする場合、同一ホームとはいえ、250メートル以上の距離をわずかな時間で移動させられることになる場合があり、不便であると感じていました。

当初は、8000系のグリーン車は下り向きになっていましたが、宇多津または多度津駅での「いしづち」との分割・併合時間を短縮するため(岡山方面との所要時間を短縮するため)、上り向きに変更した経緯があります。

座席位置もAB席が海側になるように統一するようです。

「しおかぜ」と併結する「いしづち」の号数を揃えます。

例を挙げると、現行の「しおかぜ1号」は「いしづち5号」と併結していますが、「いしづち1号」に変更するようです。「しおかぜ」と併結しない「いしづち」は「いしづち101号」などの列車名にするようです。

「いしづち103号」(高松6時00分→松山8時36分)と「いしづち104号」(松山20時34分→高松22時58分)に、6月以降、8600系を導入するようです。

予讃線で、現行の4102M~105Mを土休日にも運転します。

「南風」、「しまんと」、「あしずり」の行き先を変更します。これにより高知駅で乗り換えになる場合と、直通運転する場合が出てきます。高知駅で乗り換えになる場合は、1番線と2番線で乗り換えができるようにするようです。

「あしずり51・52号」を廃止します。

「うずしお29号」が讃岐白鳥駅に停車します。

高徳線4304Dを土休日にも運転します。

「むろと1号」と「剣山9号」は、徳島駅で乗り換えになります。

「むろと1号」は阿波池田-徳島間「剣山4号」、「剣山9号」は牟岐-徳島間「むろと6号」として運転します。

鳴門線で朝1往復増発します。

|

« 平成26年3月JRダイヤ改正(その4) | トップページ | 平成26年3月JRダイヤ改正(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/54368065

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年3月JRダイヤ改正(その5):

« 平成26年3月JRダイヤ改正(その4) | トップページ | 平成26年3月JRダイヤ改正(その6) »