« みと鉄道ふれあいまつり | トップページ | 糸魚川駅橋上化 »

2013年11月30日 (土)

仙台近郊区間

JR東日本は、11月29日のプレス発表で、来年4月1日からSuicaを乗車券として利用できる駅が拡大する旨の発表を行いました。

ここで取り上げるのは、今回新たに「仙台近郊区間」というものが設定されるということです。

これまで大都市近郊区間は、国鉄時代からあった、東京近郊区間、大阪近郊区間、福岡近郊区間、そして平成16年に新設された新潟近郊区間がありましたが、これに仙台近郊区間が加わります。

具体的なエリアは

東北本線:矢吹-平泉間(岩切-利府間を含む)

常磐線:原ノ町-岩沼間(相馬-浜吉田間は、震災の影響で鉄道運行を行っていない)

仙山線:全線

仙石線:全線(高城町-陸前小野間は、震災の影響で鉄道運行を行っていない)

石巻線:全線(浦宿-女川間は、震災の影響で鉄道運行を行っていない)

磐越東線:郡山-船引間

磐越西線:郡山-喜多方間

奥羽本線:福島-新庄間

左沢線:全線

陸羽東線:全線

なお、新幹線に乗車する場合(奥羽本線で「つばさ」に乗車する場合を含む)は大都市近郊区間には含まないとしています。

Dscn9726_640

画像は、仙台地区で事実上の古株となった719系です。仙台近郊区間の発足でいわゆる「大回り乗車」が可能になります。

例えば仙台-東仙台間の乗車券(現行:180円)で、東北線(福島)・奥羽線(新庄)・陸羽東線(小牛田)・東北線経由で乗車することが可能になります。なお、大都市近郊区間相互発着になるため、乗車券の有効期間は1日であり、途中下車もできなくなります(現行で、経路どおりに購入した場合の有効期間は3日間)。

この場合、福島-新庄間の少なくとも一部の区間で「つばさ」に乗車するかしないかで、乗車券の有効期間が異なることになります(「つばさ」乗車の場合は、大都市近郊区間相互発着の対象とはしないため)が、はたしてマルスやPOS端末で乗車券を売り分けることができるのか・・・

|

« みと鉄道ふれあいまつり | トップページ | 糸魚川駅橋上化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/54106913

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台近郊区間:

« みと鉄道ふれあいまつり | トップページ | 糸魚川駅橋上化 »