« 三連休乗車券を購入 | トップページ | モバイルSuicaで普通列車グリーン車乗車キャンペーン »

2013年10月11日 (金)

北陸新幹線の愛称名決定

JR東日本とJR西日本は共同で、平成26年度末に長野-金沢間開業を予定している北陸新幹線に使用される列車愛称名を以下のように発表しました。

・東京-金沢(速達タイプ)「かがやき」

・東京-金沢(停車タイプ)「はくたか」

・富山-金沢(シャトルタイプ)「つるぎ」

・東京-長野「あさま」(現行のまま)

Tsc4812302_640

画像はクハ481-2302(特急「はくたか」で使用されていたときのもの)です。

この車両はかつて特急「かがやき」のグリーン車に使用されていたことがあります。

特急「かがやき」は昭和63年3月改正時に金沢-長岡間の速達特急として運転された列車愛称名です。当初は4両編成・全車指定席・外部塗装は国鉄色から塗り替えと、当時としては異例の列車でした。後にグリーン車や自由席を連結し、平成9年まで運転されました。それ以来の愛称復活になります。

Exphakutakav_640

画像は特急「はくたか」(485系)です。現在は485系での運用列車はありませんが、かつてはJR東日本でも485系改造車で運転されていました。北陸新幹線金沢開業後の北越急行の経営が気になるところです・・・

Nanon12_640

画像はJR東日本のE2系N12編成です。金沢開業後も「あさま」の愛称名は長野県の顔を立てて(?)存続することになりました。なお、新幹線長野開業時の車両を今でも使用していますが、金沢開業後にはE2系の取り替えも予想されます。

富山-金沢間のシャトル列車の愛称は「つるぎ」になりましたが、かつての寝台特急(平成6年12月で定期列車からは引退)の愛称名を結果的に引き継ぐのは、最近の新幹線のトレンドになっているのでしょうか。「はやぶさ」、「さくら」、「みずほ」もそうです。

ところでプレスには記述がありませんが、東京-金沢間を「かがやき」に乗車する場合と「はくたか」に乗車する場合で、特急料金に差が出るのか・・・

|

« 三連休乗車券を購入 | トップページ | モバイルSuicaで普通列車グリーン車乗車キャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/53559302

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線の愛称名決定:

« 三連休乗車券を購入 | トップページ | モバイルSuicaで普通列車グリーン車乗車キャンペーン »