« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年4月28日 (日)

えきねっと列車限定割引(新幹線)

JR東日本には、インターネットによる列車予約システムである「えきねっと」があります。

「えきねっと」で予約する場合に、一定の条件を満たすことにより、割引で特急券等を購入することができます。JR東日本としては、割引で列車に乗車できることを呼び水に、「えきねっと」を利用して、受け取りを(「みどりの窓口」ではなく)指定席券売機で行うように推奨しています。

実際には窓口は長蛇の列で、その隣にある指定席券売機には利用客がほとんどいないという駅をいくつも見ていますが・・・・

Dscn0017_640

画像が「えきねっと列車限定割引 トクだ値40」で購入した「Maxたにがわ」の特急券です(運賃加算)。

券面に「4割」と表示されているように、4割引になっています。なお、割引率は乗車日・列車により異なります。乗車率が低い列車に割引率が高く設定されているようです。

発売日については

「えきねっとトクだ値」は、乗車当日の1時40分まで、「お先にトクだ値」は、乗車日13日前の1時40分までの発売になります。なお、「お先にトクだ値」は、「たにがわ」を除き、設定がない日がありますのでご注意ください(下りは4月27日・5月2・3日乗車分で、上りは4月29日・5月4~6日乗車分が設定除外日です)。

割引率は列車により異なりますが、

「はやぶさ」は5%(えきねっとトクだ値)か15%引き(お先にトクだ値)

「なすの」は15%(えきねっとトクだ値)か35%引き(お先にトクだ値)

「たにがわ」は20%(えきねっとトクだ値)か40%引き(お先にトクだ値)

その他の新幹線はは10か15%(えきねっとトクだ値)か30か35%引き(お先にトクだ値)

になっています。

なお、グランクラスや「つばさ」、「(スーパ-)こまち」のグリーン席には、トクだ値の設定はありません

乗車券受け取り前と受け取り後で、変更・払いもどしの扱いが異なります。

受け取り前では、

変更は何度でも可能(変更後の列車が「トクだ値」の対象列車であれば「トクだ値」で購入することも可能)で、払いもどしは1席につき、300円の手数料で払いもどし可能です。

受け取り後では

変更は不可、払いもどしは「トクだ値」の割引率になります(「トクだ値20」の場合は20%など)。一般の乗車券類の場合と異なり、乗車日2日以前に払いもどす場合も「トクだ値」の割引率分の手数料がかかりますので、ご注意ください。

乗り遅れの場合の救済もありません(一般の規則では、乗り遅れの場合、乗車券は有効期間内は有効、特急券は後続の列車の自由席に乗車可能)ので、ご注意ください。

決済はクレジットカードで行います(「えきねっと」に会員登録する際に、クレジットカード番号の登録が必要になります。なお、ビューカードで登録することが推奨されます)。クレジットカードを所持しないと割引で列車に乗車する機会が少なくなるようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

東海道本線新橋駅ホーム拡張工事

4月21日に、東海道本線新橋駅ホーム拡張工事が行われました。

当日は始発から18時30分頃まで東海道本線の東京品川間を区間運休しました。

Dscn8772_640

東京駅の7・8番線ホームへの階段の部分です。工事のためにホームに上がることができないようになっていました。山手線等で品川駅まで乗車して、東海道本線に乗り換える旨の案内表示がありました。

Dscn8780_640

東京駅丸の内北口にある案内表示です。18時30分頃まで運休となっていましたが、実際には18時25分発(879M)が、工事完了後の最初の営業列車になるようです。

Dscn8755_640

新橋駅銀座口改札を入ったところの画像です。東海道本線のホームには上がることができないように柵がついていました。

Dscn8756_640

新橋駅東海道本線のホーム有楽町寄りの画像です。ホーム拡張工事中の工事のようですが、一見では明らかに拡張しているようには見えません。

Dscn8766_640

新橋駅東海道本線のホームです。制限15km/hの表示が見えます。

Dscn8763_640_2

新橋駅3番線(京浜東北線南行)の画像です。矢印の部分の路盤が変わっているのが見えます。今回の工事と関係があるのでしょうか?

Dscn8760_640

新橋駅3番線のレール部分です。線路および枕木がバラストの上に直接載っていないようです。枕木が両側を固定されていて、その上にレールがひかれているのが見えます。

Dscn8783_640

品川駅11・12番線ホームへの入口にも画像のような表示がありました。8番線から東海道線の列車が発車する案内が見えます。

Dscn8784_640

当日は一部の列車を除き、通常はあまり使用しない7・8番線から発車していました。

Dscn8787_640

当日の品川駅東海道本線下り時刻表です。

Dscn8804_640

「普通品川」の表示が見えます。通常品川行きは深夜の一部でしか見ることはありません。

Dscn8809_640

品川駅8番線に到着する9871Mです。田町寄りから駅ホームに進入しました。この時間に8番線から営業列車が発車することはありませんので、貴重なシーンになります。なお、9871Mと臨時列車扱いになっています。

Dscn8815_640

品川駅発車直前の9869Mです。通常の日の列車よりも明らかに空いているのがわかります。

今回の新橋駅ホーム拡張工事は東北縦貫線の工事の一環ということになっているようです。今後もいくつかの駅のホーム改良工事が何度か行われる可能性があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

「さよなら200系」に乗車

平成25年4月14日に、上越新幹線で団体列車「さよなら200系」が新潟→東京間、および大宮→新潟間で運転されました。

Dscn0129_640

高崎駅停車中の「さよなら200系」(列車番号は9200C)です。K47編成を使用していました。列車の編成は以下のとおりです。

↑東京

① 221-1510(昭和59年東急車輌製造)

② 226-1061(昭和59年東急車輌製造)

③ 225-1413(昭和59年東急車輌製造)

④ 226-1062(昭和59年東急車輌製造)

⑤ 225-1025(昭和59年東急車輌製造)

⑥ 226-1063(昭和59年東急車輌製造)

⑦ 225-505 (平成8年仙台総合車両所改造)

⑧ 226-1065(昭和59年東急車輌製造)

⑨ 215-1013(昭和59年東急車輌製造)

⑩ 222-1510(昭和59年東急車輌製造)

↓新潟

Dscn0123_640_2

乗車後すぐに、高崎支社社員および新潟支社社員が来て、パンフレットおよび記念品を配布しました。

パンフレットは、JR東日本新潟支社主催の団体旅行の案内が入っていました。

記念品の方は、だるまです。

Dscn0125_640

配布されただるまの画像です。高崎名物のだるま(全国シェアの80%を高崎で生産している)を200系に見立ててたようです。現地では有名な「吉田だるま店」で生産されたようです。なお、職人の手作り(1日あたり30個くらいの生産が限度)のため、1月頃から本日配布するために生産していた旨の車内アナウンスがありました。なお、だるまの配布には「パウチャー券」との引き替えが必要になっていました。

Dscn0124_640

だるまの別角度の画像です。「さよなら200系」2013年4月14日とあり、その下に席番を記入するスペースが用意されていました。

Dscn8719_640

往路の列車内で配布された記念乗車証です。マルス券に準じた様式にしてあるようです。発行日(4月11日)にどのような意味があるのかは不明です。

Dscn8720_640

記念乗車証の裏面の画像です。

Dscn0142_640

本庄早稲田駅にも停車しました。8時59分発の表示も見えます。この駅で「あさま510号」の通過待ちをしました(本庄早稲田駅到着は8時54分)。

Dscn0144_640

本庄早稲田駅での停車時間中に撮影をしました。先頭車の乗務員扉脇には画像にあるようなイラストがありました。

Dscn0149_640

本庄早稲田駅停車中の列車先頭部分はこのような感じでした。

Dscn0180_640

車内販売要員は、いつもより多めに用意していたようで、デッキに購入者が殺到して、車内を巡回することができないというようなことがないような配慮が行われていたようです。

Dscn0184_640

「さよなら200系」(往路)の車内の画像です。

Dscn0199_640

9時48分に東京駅21番線に到着しました。たくさんの人がいるのが見えます。

Dscn0221_640

このような手書きのイラストを掲げている人がいました。

Dscn0222_640

非常にたくさんの人々が200系を撮影しているようです。

Dscn0225_640

東京駅停車中のK47編成です。

Dscn0239_640

折り返し回送列車(9733C)の発車直前の画像です。

Dscn0314_640

復路の「さよなら200系」は大宮駅が始発になっていました。

Dscn0302_640

復路の「さよなら200系」です。発車するかなり前に入線していたようです。

Dscn0313_640

大宮駅では記念セレモニーが行われたようです。

Dscn0320_640

大宮駅ホームで記念セレモニーが行われていました。

Dscn0331_640

発車案内にも「さよなら200系号」と入っていました(列車番号は9435C)。

Dscn0346_640

大宮駅発車後、新潟支社および東京支社社員により、記念乗車証および記念グッズの配布が行われました。

Dscn0362_640

熊谷駅で「あさま529号」の待避をする関係で4分ほど停車しました。

Dscn0374_640

本庄早稲田駅でも「Maxとき329号」の待避をする関係で4分ほど停車しました。

Dscn0399_640

「さよなら200系」を途中まで乗車して見送りました。

これで200系の営業運転は最後ということになりました。

数え切れないほど乗車した200系ももう乗車できないと思うと、非常に残念とは思いますが、これも時代の流れなのでしょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »