« 九州ネット早特 | トップページ | SUGOCAエリア拡大後 »

2013年1月20日 (日)

山手線団臨

1月19日に山手線で団体列車が運転されました。

みどり色の山手線が運転されて今年で50周年ということで、記念で運転されました。私は費用対効果を考えて、申し込みをしませんでした。

Dscn9941_640

大崎駅コンコース内の画像です。たくさんの人が並んでいますが、団体列車に乗車するための列のようです。

Dscn9946_640_4

大崎駅2番線に入線しようとしている団体列車です。

Dscn9949_640

大崎駅内回りホームではたくさんの人が撮影をしています。ロープが張ってるのが見えます。なお、大崎駅1番線と3番線ホームには、すでにホームドアが稼働しています。

Dscn9959_640

団体列車は、東京総合車両センター(東トウ)545編成を使用しました。列車番号は9330Gになっていました。

Dscn9961_640

前面には「50th」と「みどりの山手線103系電車誕生」の表示が見えます。

Dscn9974_640

各車両には「みどりの山手線103系電車誕生」と「50周年」のロゴが見えます。なお、電車のイラストは103系ではなく、それ以前に運転していた73系電車のようにも見えます。山手線での103系の運転は、昭和38年12月から昭和63年6月まで行われていました。

Dscn9967_640

車両番号も、いわゆる国鉄表記に書き換えてあります。

Dscn9968_640

所属表記も国鉄表記に書き換えてあります。なお、103系の時代には、当初は品川電車区(東シナ、昭和44年から南シナ)および池袋電車区(東イケ、昭和44年から北イケ)の配置になっていました。昭和60年に品川電車区は山手電車区(南ヤテ)に名称変更され、昭和61年には池袋電車区所属車は山手電車区に統合されました。国鉄民営化後、山手電車区の表記は(東ヤテ)と変わりました。現在の東トウは平成16年の組織変更により表記変更になったため、103系には東トウ表記の車両はありません。

Dscn9977_640

車内の吊り手の部分にも103系の写真が設置されています。

Rimg0_039_640

山手線103系を模したイベント展示です(東京総合車両センターのイベント時に撮影したもの)。画像の車両は103系3000番台のため、山手線での営業運転は行われていません(種車の73系時代にはあったかもしれません)。

Dscn9982_640

団体列車はE231系のため、車内にトイレの設置はありません。しかし、異常時を考慮して、このような非常用トイレをいくつか常備していたようです。乗車口は4・5号車のドア各1箇所のみに限定していました(一般旅客の誤乗を防止するためと思われます)。

Dscn9986_640

大崎駅2番線の表示です。団体のみ表示されています。

Dscn9999_640

田町駅ホームから撮影した画像です。左に見えるのは東海道本線です。

Dscn0009_640

田町駅を最徐行で通過していく9330Gです。日中の山手線は3分間隔で運転されており、その間を縫って運転するために徐行運転をせざるを得ないようです。

Dscn0013_640

京浜東北線の快速列車で追いかけて撮影した画像です。東京駅付近で9330Gに追いつきました。

Dscn0015_640

東京駅を通過する9330Gです。東京駅を通過する列車はまずお目にかかることはありません。

Dscn0021_640

秋葉原駅を通過する9330Gです。

Dscn0023_640

御徒町駅ホームでは、たくさんの撮影者等がいるのが見えます。

Dscn0025_640

上野駅で撮影した画像です。2番線の案内で「電車が通過します」の表示が見えます。画像の山手線は9330Gの1本前の電車です(列車番号:1300G)。

Dscn0034_640

大塚駅を通過する9330Gです。

Dscn0040_640

新宿駅に入線しようとしている9330Gです。この付近(中央線との立体交差の箇所)が山手線内で最も標高が高いとされている箇所です。

Dscn0042_640

新宿駅を通過する9330Gが見えます。

Dscn0046_640

原宿-渋谷間で湘南新宿ラインの列車と併走している9330Gです。

Dscn0048_640

渋谷駅(3番線)で9330Gの撮影を待っている人々のようです。

Dscn0052_640

目黒-五反田間で9330Gと併走しているところです。

Dscn0061_640

大崎駅の到着後の9330Gです。駅社員の一人が、口元に手を当てて注意を促していました。「危ないのでホームドアから身体を出さないでください」と。

東トウ545編成は、このラッピングのまま今年年末まで運転される予定です。一般の電車にも運用されるため、何度か乗車する機会があるものと思われます。

|

« 九州ネット早特 | トップページ | SUGOCAエリア拡大後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/48847068

この記事へのトラックバック一覧です: 山手線団臨:

« 九州ネット早特 | トップページ | SUGOCAエリア拡大後 »