« 平成25年3月JRダイヤ改正(その3) | トップページ | 平成25年3月JRダイヤ改正(その5) »

2012年12月25日 (火)

平成25年3月JRダイヤ改正(その4)

JR西日本は平成25年3月16日にダイヤ改正を行うことを、先日発表しました。

山陽新幹線:

のぞみ110号とのぞみ115号を福山駅にも停車します(110号:6時42分発、115号:18時37分着)。

のぞみ114号(広島発7時00分)を増発します。

のぞみ222号(新大阪始発)をのぞみ122号に変更し、岡山発9時18分とします。

のぞみ249号(東京発18時00分)をのぞみ121号に変更し、岡山着21時26分とします(新大阪-岡山間延長)。

のぞみ12号と45号を徳山駅に新たに停車します。

のぞみ53号を新山口に停車します(徳山は通過に変更)。

東京-博多間の「のぞみ」1往復を、広島-博多間臨時扱いとします。

新大阪-博多間で2時間25分かかっている「のぞみ」を約5分スピードアップします。

ひかり491号広島行きを博多まで延長運転します(博多着10時14分)。

ひかり441号(岡山発広島行き)を新大阪-博多間の運転とします(500系ではなくなります)。ひかり444号(博多20時30分-新大阪23時32分)を増発します。

Dscn0959_640

画像はひかり441号(500系ひかり)です。次期ダイヤ改正には、新大阪-博多間の運転で16両編成に変更され、500系ひかりの運用が別途新設される情報もないことから、500系ひかりの運用が消滅するようです。

東京-岡山間の「ひかり」の一部について、山陽新幹線内の運転を廃止します。

JR東海所属のN700系Aについて、山陽新幹線内でも運転します(運用はN700系と共通のため、特定できません)。

ミュージックチャンネルを廃止します(NHKラジオ第1放送の車内配信は継続)。

広島-鹿児島中央間に「さくら」を新設します(現在は下りのみ臨時列車で設定)。

さくら451号(広島7時36分-鹿児島中央10時21分)

さくら458号(鹿児島中央20時06分-広島22時56分)

新大阪-鹿児島中央間に臨時「みずほ」を設定します。

山陽新幹線内で新大阪-博多間を2時間45分ほどで結ぶ「さくら」を5分ほど短縮します。

在来線:

近畿統括本部:

海南6時16分発の「くろしお4号」(287系)を増発します(新大阪7時51分着)。これにともない「くろしお2号」(283系)の始発駅を和歌山に変更します。

寝台特急「トワイライトEXP」の5号車(B寝台個室)を禁煙とします。

特急「はるか」の料金を値下げします(区間により100~210円値下げ)。これにより、e5489においても、100~270円値下げになるようです。

225系16両を増備します。

大阪駅発6時52分~10時15分発、16時以降の大阪駅始発を除く新快速を12両編成で運転します(平日下り)。

大阪駅発6時33分~11時45分発、17時以降の大阪駅始発を除く新快速を12両編成で運転します(平日上り)。

現行の平日3404Mを姫路-大阪間延長運転します(姫路発5時57分)。

平日夕方通勤時間帯に大阪始発の快速を新快速に2本置き換えます。

現行の土休日3807Mの京都-大阪間を新快速として運転します(大阪着8時06分)。

土休日朝間の京都方面から大阪方面の快速を、京都-高槻間各駅停車化します。

土休日朝間に丹波路快速大阪行きを2本増発し、夜間に丹波路快速を1本増発します(夜間の増発は平日を含む)。

平日の朝間に東海道山陽線で運転している205系の運転を取りやめます。

福知山支社:

特急「はまかぜ」を3~12分スピードアップします。

183系を使用している特急列車は今回のダイヤ改正で引退します(381系に置き換え)。

一部の通過駅のある普通列車は、快速列車と案内表示を変更します。

和歌山支社:

海南6時16分発の「くろしお4号」(287系)を増発します(新大阪7時51分着)。これにともない「くろしお2号」(283系)の始発駅を和歌山に変更します。

白浜・紀伊田辺を始終着とする「くろしお」全列車を287系で運転します。

紀三井寺駅に快速列車が停車します。

金沢支社:

「サンダーバード12号」を津幡駅停車にします(7時56分着・57分発)。

「サンダーバード32号」の発車時刻を4分繰り下げ「はくたか10号」から接続できるようにします。

「サンダーバード9号」から富山方面への普通列車の接続を確保します(接続時間は10分)。

「サンダーバード13号」の七尾線内の所要時間を3~4分短縮します。

高岡駅で、城端線と氷見線の乗り換え時間を10分とするように時刻を変更します。

岡山支社:

現行の728M三石行きを姫路駅(21時21分着)まで延長運転します(列車番号を1334Mに変更)。

現行の734M吉永行きを三石駅(23時38分着)まで延長運転します(列車番号を732Mに変更)。

現行の1936M姫路行きを播州赤穂駅乗り換えに変更します。

備前片上発20時53分発岡山行きを新設します(岡山着は21時46分)。

津山線の岡山-法界院間、因美線の智頭-那岐間の1往復を廃止します。

米子支社:

すべての「やくも」が安来駅に停車します。

快速「とっとりライナー」全列車を鳥取大学前に停車します。

広島支社:

現行の呉線5925Mを糸崎-広間の普通列車と、安浦発広島行きの快速に系統変更します。

広島-岩国間の土休日の日中3本を8両編成にします。

土休日の広島-西条、白市-広島間上下2本を廃止します。

土休日の広島-岩国間1往復を廃止します。

土休日の安浦-広間で上下7本を廃止します。

岩徳線2往復を廃止します。

山口線の山口-益田間2往復を廃止し、山口-宮野間3往復増発します。

宇部線の1847Mを廃止します。また、宇部新川-宇部間の3往復廃止します。

「みすゞ潮騒3・4号」を廃止します。

福岡支社:

博多南線の736Aの時刻を土休日運休とします。

今回のダイヤ改正は割と地味なダイヤ改正になっています。地方都市では相変わらずの減便となっており、今後鉄道路線として維持していくのが難しくなっている路線もあるようです。

|

« 平成25年3月JRダイヤ改正(その3) | トップページ | 平成25年3月JRダイヤ改正(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/48459690

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年3月JRダイヤ改正(その4):

« 平成25年3月JRダイヤ改正(その3) | トップページ | 平成25年3月JRダイヤ改正(その5) »