« 平成25年3月JRダイヤ改正(その4) | トップページ | 平成25年3月JRダイヤ改正(その6) »

2012年12月26日 (水)

平成25年3月JRダイヤ改正(その5)

JR四国は平成25年3月16日にダイヤ改正を行うことを、先日発表しました。

特急「しおかぜ2号」を今治-伊予西条間延長運転します(今治発4時38分)。

夕方通勤時間帯の「しおかぜ」と「いしづち」、「南風」と「しまんと」の併結を宇多津駅から多度津駅に変更します。

現行の106Mを観音寺-多度津間延長運転します(観音寺発6時02分)。

多ノ郷(おおのごう)駅に、特急列車を上下4本停車します。

夜間の多度津-琴平間に下り列車を増発します。

現行の4302Dの引田発を4分繰り上げ、高松着を7分早くします(高松駅で「マリンライナー6号」に接続可能です)。

「むろと3号」の時刻を約30分繰り上げます。

Dsc05710_640

画像はJR四国の8000系です。「しおかぜ2号」が今治発4時38分発になります。ずいぶんと早くから列車を動かしますが、それだけの需要があるのか、あるいは少しでも集客をしたいためなのか、JR四国の現状がそうさせるのか・・・

|

« 平成25年3月JRダイヤ改正(その4) | トップページ | 平成25年3月JRダイヤ改正(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/48473553

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年3月JRダイヤ改正(その5):

« 平成25年3月JRダイヤ改正(その4) | トップページ | 平成25年3月JRダイヤ改正(その6) »