« 平成25年3月JRダイヤ改正(その5) | トップページ | 快速マリンライナーの指定券 »

2012年12月27日 (木)

平成25年3月JRダイヤ改正(その6)

JR九州は平成25年3月16日にダイヤ改正を行うことを、先日発表しました。

九州新幹線:

広島-鹿児島中央間に「さくら」を新設します(現在は下りのみ臨時列車で設定)。

さくら451号(広島7時36分発-博多8時55分着・57分発-鹿児島中央10時21分着)

さくら458号(鹿児島中央20時06分発-博多21時43分着・45分発・広島22時56分着)

新大阪-鹿児島中央間に臨時「みずほ」を設定します(金土日曜日などに運転予定)。

みずほ629号(新大阪10時22分発-鹿児島中央14時11分着)

みずほ628号(鹿児島中央14時32分発-新大阪18時21分着)

車内のオーディオサービスも廃止します。

Dscn1002_640

画像は九州新幹線800系です。3月ダイヤ改正以降、利用率が20%ほどと低迷している「さくら」上下4本が廃止されます。九州新幹線は利用率が好調な列車(博多-鹿児島中央直通)と低迷している列車(博多-熊本区間列車)・駅(筑後船小屋など)があります。

在来線特急:

三角線特急「A列車で行こう」を3往復にします(乗車率が66%と比較的順調なため)。

特急「きらめき」の戸畑駅停車を増やします。

特急「にちりん19号」を宮崎神宮駅に停車します。

「九州横断特急」は豊肥本線の災害復旧までは、ほぼ現行通りの運転になります(復旧は8月頃の予定)。

在来線(特急以外):

北部九州地域本社:

直方発5時31分発博多行き(6時33分着)を1本増発します。

博多-飯塚間に1本増発します。

817系(ロングシート車)を増備し、鹿児島本線上り博多方面の編成増強を行います(前回比較4%増)。

夕方の荒尾行き下り快速列車2本を6両から9両にします。

熊本支社:

快速「豊肥ライナー」を普通列車に格下げします。

熊本-肥後大津間に上下3本を増発します。光の森-肥後大津間に上下3本増発します。

夜間の熊本-八代間下り1本増発します。

長崎支社:

多良-肥前大浦間の9877Mを定期列車化します(現在は毎日運転の臨時列車)。

現行の121Dを小長井-湯江間延長運転します(小長井発7時10分)。

大分支社:

現行の4639Mを中津発9時56分とし、中津-中山香(なかやまが)間を延長運転します。

現行の4646M柳ヶ浦行きを中津行きにします。現行の650M日出(ひじ)行きを杵築(きつき)行きにします。

鹿児島支社:

現行の746M延岡行きを、南宮崎から4両編成にします。

Dscn0022_640

画像は、「九州横断特急」です。豊肥本線が災害から復旧していないため、宮地-豊後竹田間で分断されています。代行バスの時刻も若干変更される予定です。

|

« 平成25年3月JRダイヤ改正(その5) | トップページ | 快速マリンライナーの指定券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/48487242

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年3月JRダイヤ改正(その6):

« 平成25年3月JRダイヤ改正(その5) | トップページ | 快速マリンライナーの指定券 »