« 江差線(木古内-江差間)廃止へ・・・ | トップページ | ジョイフルトレイン「ジパング」に乗車 »

2012年9月 9日 (日)

485系引退へ・・・

JR東日本は、新潟車両センター(以下、「新ニイ」と表記)所属の485系を引退させる方針であると、複数の新聞のWEB版で報道されています。

485系の置き換え車両は、勝田車両センター(以下「水カツ」と表記)所属のE653系の内装を一部手直しして転用するようです。

Niir21inaho_640

現在、特急「いなほ」などで運用されている新ニイの485系です。現在485系を定期列車用として持っているのはJR東日本のみとなっています(運用区間ということであればJR北海道やJR西日本の一部も含まれます。そして、JR九州では臨時列車等で485系を使用することがあるようです)。リニューアルしているとはいえ、製造後30年以上経過しているので、置き換えることがあっても当然なのかもしれません。

Expfhitachi_640

現在、特急「フレッシュひたち」などで運用されている水カツのE653系です。常磐線(水カツ)では特急列車をE657系に順次置き換えています。そのため651系およびE653系が余剰となりますが、E653系が新ニイに転属ということになるようです。651系ではなくE653系が新ニイに転属になるのは、651系が交流60Hzに対応していないことがあるようです。

E653系は7両編成と4両編成がありますが、7両編成を6両編成化して転属させる可能性が高いようです(4号車のサハが廃車になるものと思われます)。4両編成はどのようになるか不明ですが(本来は、いわき-仙台間の特急列車として運用される予定でしたが、東日本大震災の影響で、どのようになるかが未定)、臨時・波動として残るか、651系の去就とともに注目されます・・・

|

« 江差線(木古内-江差間)廃止へ・・・ | トップページ | ジョイフルトレイン「ジパング」に乗車 »

コメント

>7両編成を6両編成化して転属させる可能性が高いようです

4号車のサハE653にはバリアフリー設備がありますのでそう簡単に廃車はできませんし、リニューアル改造も最低限しかしないことも予想されますので、あまりコストと時間のかかる改造はしないでしょう。

付属編成は当面用途は不明ですが勝田に残る見込みで651系が基本編成は大宮に転属する見込みです。

新ニイの485系はR編成とK編成・T18編成が特急北越・快速くびき野・おはよう信越・らくらくトレインに使われるでしょう。

T18編成は5・6号車がR51簡易リクライニングシートですので余ったT編成から3000番台のシートに変えると予想されます。

また、波動用としてはこれから先E657系が置き換わる時期くらいまでは現役でしょう。

投稿: Ayu | 2012年9月10日 (月) 00時35分

Ayu様
コメントをいただき、ありがとうございます。

リニューアル改造も最低限しかしないことも予想されますので、あまりコストと時間のかかる改造はしないでしょう。

この点については、そのようなお考えも当然想定されるものと思います。私の推測としては、先頭車のクハをクロハに改造し、普通車部分についてもバリアフリー化をするものと思います(新ニイ485系の編成には半室グリーン席があります)。
485系の車両数を考えると、全車E653系に置き換えることは不可能なため、どのような置き換え方になるか、注視したいと思います。
波動用については、私も当面存置するものと思っています。

投稿: SZH | 2012年9月15日 (土) 11時52分

>先頭車のクハをクロハに改造し、普通車部分についてもバリアフリー化をするものと思います

この計画には無理があるかと思います。
E653系は1号車のみ2ドア配置ですし、6号車も身体障害者対応の多目的トイレ設置は構造上無理があります。


投稿: Ayu | 2012年9月26日 (水) 01時18分

Ayu様
再度のご指摘ありがとうございます。
新ニイの485系はイベント用を除き、6両編成で1号車はクロハになっています。
E653系の転属の際に、グリーン席なしの7両編成のまま転属するか、組成を変更するか興味のあるところです。

投稿: SZH | 2012年9月29日 (土) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/47004636

この記事へのトラックバック一覧です: 485系引退へ・・・:

« 江差線(木古内-江差間)廃止へ・・・ | トップページ | ジョイフルトレイン「ジパング」に乗車 »