« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

三江線増便社会実験

先日、三江線活性化協議会とJR西日本米子支社は、10月から12月まで三江(さんこう)線の「増便社会実験」を行うことを発表しました。

三江線は、陰陽連絡線の一部として、昭和50年に全線開業したローカル線でしたが、すでに車社会になっていたため、実際問題として、陰陽連絡線としての役割はほとんど機能せず、国鉄時代から廃線の噂が出るような輸送人員でした。 民営化後も輸送力減少はとどまらず、昨年度の利用者数は20年前の6分の1に激減していると、JR西日本米子支社が地元で開催された「三江線改良利用促進期成同盟会」で説明されたようです(「山陰中央新報」の記事による)。

これを受けてか、自動車による試験増便を行い、利用促進に取り組むことを考えたようです(自動車とは、バスおよびタクシーのことです)。

時刻についてはJR西日本から発表されています。

Dsc00704_640_2

三江線の輸送人員の低下は、地元の人口が少ないこともありますが、線形が悪く、画像に出ているように、最高速度がかなり低く、旅行による移動に三江線が選択に上がらないこともあるようです(島根県西部から関西方面に公共交通機関で移動する場合、(浜田駅などから)広島駅まで高速バスで移動することが一般的なようです)。

今回の増便社会実験が自動車で行われるため、将来的には、(自動車で輸送力が確保されることを理由に)三江線がバスになることを危惧している人もいるようです(かつての国鉄士幌線の糠平-十勝三股間のように・・・)。

以前、JR西日本が赤字ローカル線を廃止などという話もあったため、今後どうなるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

今年は「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」が・・・

JR旅客鉄道会社は、毎年10月に利用できる「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」を発売していましたが、今年は「秋の乗り放題パス」として発売します。

発売額・効力等は以下のとおりです。

発売期間:10月5~19日

利用期間:10月6~21日

値段:7500円(小児半額)

乗車可能な列車:「青春18きっぷ」と同じ(「特例区間」についても同様)

有効期間:(連続する)3日間

1枚のきっぷで複数人の利用はできません

プレスには明確には書かれていませんが、自動改札対応券になるものと考えられます。

乗車日が翌日にまたがる場合は、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効です。ただし、東京付近及び大阪付近における電車特定区間内については、終電車まで(当日と見なすため)乗車可能。

列車の運休や遅れによる払戻しはいたしません。払戻しは未使用で有効期間内に限ります。(手数料210円が必要です。)

おまけ
お客様自身で下記連絡先にお申込みいただき、「秋の乗り放題パス」ご利用日にJRホテルグループ加盟ホテルに宿泊され、チェックイン時にきっぷをご提示いただくと、JRホテルグループ加盟各ホテルにおいて宿泊料金の割引などの特典が受けられます。(一部を除く)

アンケート券が配布されるようです。そのため「ご協力をお願いいたします」という要望が書いてあります。

なお、JR西日本は、今年も「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」を発売するようです(金額は3000円で、利用期間は「秋の乗り放題パス」と同じ)。

Dscn5643_640

画像は「JR発足20周年・青春18きっぷ」です。20周年を記念して8000円で発売しました。

今回の「秋の乗り放題パス」は「JR発足25周年を迎えたことから、装い新たに発売」したとされています。来年はどのように発売されるのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月21日 (火)

京王電鉄調布駅付近連続立体交差完成

8月19日に、京王線柴崎-西調布間、および相模原線調布-京王多摩川間の地下化に伴う線路切り替えが行われました。

Dscn1473_640

以前から告知されていた京王電鉄のポスターで、JR東日本など、他の鉄道会社の駅構内にも掲示がありました。

Dscn5272_640

柴崎(しばざき)駅を発車した下り列車から見た、前方の風景です。画像に見える踏切が柴崎4号踏切です。その先に工事区間があります。

Dscn1437_640

2週間ほど前に撮影した、同区間の画像です。向こう側に見える駅が国領(こくりょう)駅です。わずか一晩で立体交差化を完成させるとはたいしたものです。

Dscn5275_640

上り列車の前照灯が見えます。この場所に地下に移転した国領駅があります。

Dscn5606_640

国領駅ホームの柴崎寄りで撮影した画像です。上り勾配になっており、取り付け部分では制限速度があるのがわかります。

Dscn5591_640

国領駅ホームから見た布田(ふだ)駅方面側の画像です(上り線)。

Dscn5582_640

国領駅ホームの画像です。ホームドアの設置準備が行われていますが、ドアが稼働していないため、警備員が監視しています。

Dscn5593_640

エレベーターも設置されていました。

Dscn5618_640

階段部分の画像です。この右側にはエスカレーターがあります。仮設であるのがわかります。

Dscn5628_640

国領駅の改札部分の画像です。

Dscn5629_640

国領駅の画像です。仮設状態であるのがわかります。

Dscn5634_640

旧国領駅のホームの画像です。いずれ解体されるものと思われます。

Dscn5632_640

この部分は国領1号踏切であったところです。「この先踏切跡地注意」などの表示が見えます。

Dscn5340_640

布田駅ホームの画像です。京王八王子行きの各駅停車が発車するところです。画像にあるようにホームドアがすでに稼働しているようです。国領駅のホームドアと異なり、全面が覆ってあります(東京メトロ南北線のホームのような感じ)。

Dscn5342_640

布田駅ホームの別な画像です。エスカレーターが片側のみ稼働しています。左側が工事中であるのが見えます。

Dscn5346_640

布田駅ホームのベンチです。京王電鉄お得意(?)の、使用済みパスネットをリサイクルして造られている旨の表示はありません。

Dscn5351_640

布田駅はエレベーターも工事中です。布田駅で下車する場合、階段しか使用できない場合があります。

Dscn5359_640

仮設通路から見た旧布田駅のホームです。まだ線路が敷かれた状態なのがわかります。

Dscn5366_640

布田駅入口です。AEDが設置されているのが見えます。

Dscn5374_640

旧布田駅の入口です。すでに立ち入りできない状態にしてあります。

Dscn5387_640

調布付近から布田駅方面を見た画像です。左側に見える簡易ホームのような箇所は、上りの調布行きの電車がここまでいったん引き上げて、ここで折り返しをするために設置されています。このことがダイヤ上のネックになることがあったようです。

Dscn5576_640

調布行きの上り電車は、現在は調布からつつじヶ丘駅3番線に回送して、そこから折り返し回送列車として調布まで運転し、調布から客扱いというように変更されています。画像はつつじヶ丘3番線ホームから折り返し出発している下り回送列車です。これもダイヤ上のネックにならなければよいのですが(つつじヶ丘3番線がふさがれる時間が多くなるため)、京王電鉄のダイヤ設定も苦労があるようです。

Dscn5402_640

調布駅入口のように見えますが、実際には南北自由通路になっています。

Dscn5408_640

自由通路から旧調布駅を撮影している人が何人もいました。

Dscn5438_640

駅前のビルから撮影した調布駅全景です。緑の屋根の部分が旧通路です(現在は入れません)。

Dscn5439_640

入口の部分を拡大したところです。

Dscn1503_640

2週間前に撮影したほぼ同箇所です。このときは、緑色の屋根の箇所が通路として使用されていました。

Dscn5425_640

調布駅の西側にある、京王線と相模原線の分岐部分です。柵がしてあるのが見えます。

Dscn5433_640

調布1号踏切だった箇所の画像です。調布駅の方に向けて撮影している人がいるようです。

Dscn1523_640

2週間ほど前の調布1号踏切です。京王線上下列車が見えます。

Dscn1517_640

調布1号踏切から旧調布駅へ向けて撮影した画像です。相模原線上りと京王線下り列車は平面交差があるため同時に運転できないダイヤになっており、列車運転上のネックになっていました。

Dscn5446_640

地下化された調布駅入口です。

Dscn5447_640

改札までの通路です。左側に写真が見えますが、工事の進捗状況と京王電鉄の歴史が出ています。

Dscn5449_640

調布駅工事施工状況の写真が出ています。

Dscn5455_640

改札の手前に売店があり、画像のようなグッズ等を発売していました。

Dscn5461_640

調布駅改札内にある、行き先表示です。

Dscn5465_640

改札内からプラットホームへ降りる階段およびエスカレーターが見えます。調布駅は上りと下りで(平面交差を避けるために)フロアを変えてあります。

Dscn5467_640

調布駅改札内のエスカレーターです。手すりの部分の色が青色のものは下りホームへ、ピンク色のものは上りホームへ連絡するように配慮がなされています。

Dscn5472_640

調布駅1・2番線ホーム(下り)の画像です。3・4番線(上り)ホームへは、さらに下に降りる必要があります。

Dscn5474_640

別角度からの画像です。電車が見えるところは2番線です。エスカレーターの手すりはピンク色になっています。

Dscn5475_640

調布駅ホームでもホームドアが稼働予定になっています。なお、今回から京王線から特急列車がなくなり、「準特急」が最上位の種別になっています。

Dscn5494_640

調布駅上りホームから西調布側を見た画像です。前照灯の見える列車は京王線上り列車です。

Dscn5508_640

上り列車が到着します。左側に分岐しているのは、相模原線上りです。

Dscn5292_640

相模原線京王多摩川からの上り列車からの画像です。これより地下に入ります。

Dscn1478_640

2週間ほど前に撮影した同区間の画像です。

Dscn5527_640_2

京王線西調布からの上り列車からの画像です。これより地下に入ります。

Dscn1592_640

2週間ほど前に撮影した同区間の画像です。

Dscn5627_640

京王線の線路切り替え工事はとりあえず完了し、一部の駅はホームドアも稼働しています。今後は旧駅舎を解体し、線路跡は遊歩道等に活用される予定のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

北海道&東日本パスを購入(平成24年夏期版)

先日、JR北海道およびJR東日本の特別企画乗車券である北海道&東日本パスを購入しました。

Dscn1659_640

画像が北海道&東日本パス(平成24年夏期版)です。

毎シーズン恒例の発売ですが、今回分は、前回までとは効力が若干変わっています。

Dscn2522_640

画像は、北海道&東日本パスのご案内券です。

効力は以下のとおりです。

利用期間:平成24年9月30日まで

発売期間:平成24年9月24日まで

有効期間:連続する7日間(青春18きっぷと異なり、期間内の任意の日ではありませんのでご注意ください)。

発売価格:大人10000円、小児 5000円。

フリー区間:JR北海道、JR東日本(震災等による不通区間を除く)、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、北越急行、富士急行の各鉄道会社線全線

利用可能な設備:普通列車の普通車自由席(ここでいう普通列車とは、原則として乗車券のみで乗車可能な列車のことです)。

料金追加で利用可能な列車・設備:急行列車については、必要な料金券を別に購入した場合、北海道&東日本パスを乗車券として利用できます。

たとえば、急行「はまなす」のB寝台を利用する場合は、急行「はまなす」の急行券・B寝台券(青森-札幌間利用の場合は7560円)を別途購入することにより、乗車可能になります。なお、急行列車の自由席を利用する場合も、急行券が必要になりますので、ご注意ください。

普通列車の普通車指定席やグリーン車自由席も同様に、必要な料金券を別途購入することで北海道&東日本パスを乗車券として利用できます。

富士急行の「富士登山電車」の着席券(200円)は別途必要になります。

特急列車(新幹線を含む)は原則として利用できません。利用の際には、料金券のほかに、乗車区間の運賃も必要になるためです。

ただし、青森-函館間相互発着の場合で、特急列車に乗車する場合は、自由席に乗車する場合に限り、別途自由席特急券を購入することにより、乗車可能になります(この部分は「青春18きっぷ」と異なります)。

Dscn2523_640

ご案内券2の画像です。特例区間等について記述があります。

以下の区間で特急列車の自由席に乗車する場合は、特急料金の支払いを行わずに乗車できる、特例区間になっています(区間内相互発着の場合に限る)。

・石勝線(新夕張-新得間)

・海峡線(蟹田-木古内間)

奥羽本線青森-新青森間は今回版から、特急列車の自由席に北海道&東日本パスのみで乗車できることになりました。

なお、これらの区間外にまたがって同一の列車に乗車する場合は、乗車全区間の運賃・料金が必要になります。

案内券には、「新青森~函館間内相互発着の場合を除く」と書いてある部分がありますが、これは自由席特急券を青森-函館間で購入し、新青森~函館間を同一の特急列車の自由席に乗車することは問題ない、つまり、上記の「これらの区間外にまたがって同一の列車に乗車する場合は、乗車全区間の運賃・料金が必要になります。」には当たらないという意味で書いてあるものと思われます。

乗車中に、有効期間最終日翌日になった(午前0時を過ぎた)場合は、0時を過ぎて最初に停車する駅までは有効とします(電車特定区間内に関しては、終電車まで当日と見なす)。午前0時以降に電車特定区間内から区間外に乗車する場合は、電車特定区間内の最終駅からの運賃が必要になります。

払いもどしをする場合は、未使用で有効期間内であれば手数料210円を差し引いた残額が払いもどされます。

Dscn2524_640

「北海道&東日本パス」特典の画像です。ユースホステルが600円割引になるようです。

Dscn2525_640

アンケートの画像です。回答しても商品等をもらうことはできません。

Dscn2669_640

北海道&東日本パスのパンフレットの画像です。

北海道新幹線開業後の北海道&東日本パスの存続が気になるところです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

Blog40万アクセス達成

弊ブログは、昨日をもって開設以来400000アクセスを達成いたしました。

開設以来、100000アクセスを達成したのは3年くらい後になりましたが、100000から200000アクセスになるまでは9箇月ほど、200000から300000アクセスになるまでは7箇月弱、300000から400000アクセスになるまでは6箇月弱しかかかりませんでした。

皆様のアクセスに感謝しつつ、今後も多忙ながら更新していきますので、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »