« 青春18きっぷ(平成24年夏季・冬季用)の発売について | トップページ | 「鉄道テーマ検定」の合否結果 »

2012年6月24日 (日)

「東北新幹線大宮駅開業30周年記念号」に乗車

東北新幹線の大宮-盛岡間が開業してから6月23日で30年になりました。

これを記念して、大宮-盛岡間に「やまびこ235号」が運転されました。

Omiyae_640_3

大宮駅(東口側)の画像です。昭和57年6月23日に東北新幹線の駅になりました。昭和60年3月14日に上野-大宮間が開業するまで、東北新幹線の始発駅として機能しました。

Dscn0119_640

「やまびこ235号」は大宮駅16番線から発車しました。開業当時を再現するためか、大宮発盛岡行きで運転されました。

ここで簡単に東北新幹線の沿革を列挙します。

昭和57年6月23日:大宮-盛岡間開業。「やまびこ」、「あおば」運転開始。

昭和60年3月14日:上野-大宮間開業。最高速度を240km/hに向上。

昭和62年4月1日:国鉄民営化に伴い、東北新幹線はJR東日本に承継。

昭和62年夏:上野-仙台間ノンストップの「やまびこ」を臨時列車で設定。

平成2年6月23日:200系のグリーン車にダブルデッカー車が登場。

平成3年6月20日:東京-上野間が開業。

平成4年7月1日:福島-山形間のミニ新幹線化に伴い、「つばさ」営業開始。

平成6年7月15日:全車ダブルデッカーのE1系が営業運転開始。愛称名を「Max」とする。

平成7年12月1日:「なすの」運転開始。

平成9年3月22日:盛岡-秋田間のミニ新幹線化に伴い、「こまち」運転開始。

平成9年9月30日:この日をもって「あおば」営業運転廃止。

平成9年12月20日:全車ダブルデッカーのE4系が営業運転開始。

平成14年12月1日:盛岡-八戸間開業。「はやて」運転開始。

平成19年3月18日:全列車を禁煙化。

平成22年12月4日:八戸-新青森間開業。東北新幹線全線開通。

平成23年3月5日:「はやぶさ」営業運転開始。最高速度を300km/hに向上。

平成23年4月29日:「東日本大震災」以降、不通になっていた区間が全て復旧。

平成23年11月18日:200系の定期運用が終了。

Dscn0122_640

発車30分以上前にはすでに車両は入線しており、たくさんの人々が撮影をしていました。

使用した列車の編成は以下のとおりです(編成番号はK47)。

↑盛岡
⑩ 222-1510(昭和59年東急車輌製造)
⑨ 215-1013(昭和59年東急車輌製造)
⑧ 226-1065(昭和59年東急車輌製造)
⑦ 225-505  (平成8年仙台総合車両所改造)
⑥ 226-1063(昭和59年東急車輌製造)
⑤ 225-1025(昭和59年東急車輌製造)
④ 226-1062(昭和59年東急車輌製造)
③ 225-1413(昭和59年東急車輌製造)
② 226-1061(昭和59年東急車輌製造)
① 221-1510(昭和59年東急車輌製造)
↓大宮

なお、車内は平成11年にリニューアル改造されました。

Dscn0121_640_2

車両の側面には、「30th Anniversary」などの飾り付けがされていました。

Dscn0148_640

前面にも「30th Anniversary」の飾り付けが見えます。

Dscn0136_640

最新鋭のE5系と並んだところです。このように見ると、E5系の車高が低く感じます。

Dscn0149_640

ドア付近にも「東北新幹線30th Anniversary」の飾り付けがありました。

Dscn0150_640

車内の画像です。リニューアル改造が行われています。

Dscn0154_640

製造当初とは異なり、3人掛け座席も回転可能になっています。

Dscn0158_640

10号車付近では、記念セレモニーが行われていました。「やまびこ235号」は9時9分に発車しました。

Dscn0167_640

大宮駅(小山寄り)先頭部ホームの画像です。撮影者が何人もいるのが見えます。

Dscn0171_640

9時25分に小山駅に到着しました。ここにも撮影者が何人もいました。小山駅規模の駅にも停車しましたが、開業当時の停車駅を踏襲したためでしょうか?

Dscn0174_640

9時36分に宇都宮駅に到着しました。ここでも撮影者が何人もいました。

Dscn0179_640

9時52分に那須塩原駅に到着しました。ここで「はやて・こまち19号」を待避しました。この駅でも記念セレモニーが行われていたようです。なお、新幹線開業前は、東那須野駅といっていました。

Dscn0185_640

10時15分に郡山駅に到着しました。駅社員が横断幕を掲げていました。なお、新白河駅は通過しました。

Dscn0189_640

10時31分に福島駅に到着しました。ここでも撮影者が何人もいました。次の白石蔵王は通過しました。

Dscn0195_640

10時55分に仙台駅に到着しました。画像は上りホームに掲げてあったものです。小山駅のように開業当時の停車駅を踏襲している駅と、新白河駅・白石蔵王両駅の通過のようにそうではない駅とがありましたが、小山駅・那須塩原駅などが大宮支社管轄、新白河駅・白石蔵王駅が仙台支社管轄と関係があったのでしょうか?さすがに郡山駅・福島駅規模の駅を通過というわけにはいかないものと思いますが・・

Dscn0200_640

仙台駅を出てからしばらくすると、右側に新幹線総合車両センターが見えます。平成16年4月からそれまでの仙台総合車両所から名称変更されました。

Dscn0204_640

「やまびこ235号」車内グッズMENUの画像です。数種類購入している人が何人もいました。私は購入しませんでした。

Dscn0693_640

車内で大宮支社社員から配布された「記念乗車証」です。

Dscn0697_640

記念乗車証の裏面です。途中駅まで乗車、あるいは途中駅から乗車した乗客にも配布されていたようです。

Dscn0206_640

11時10分に古川駅に到着しました。この駅は陸羽東線の陸前古川駅を移転した上で開業しました。次のくりこま高原駅は通過しましたが、開業時には存在していません。

Dscn0213_640

一ノ関駅(11時26分着)停車後、開業当時には存在していない水沢江刺駅を通過し、北上駅に11時42分に到着しました。この駅でもセレモニーが行われていました。北上駅停車中に「はやぶさ3号」が通過しました。なお、一ノ関駅以北は、盛岡支社の管轄になります。見た限りでは、仙台支社管内ではセレモニーは特には行われなかったようです。

Dscn0224_640

北上駅でも駅社員による横断幕を掲げていました。なお、開業当時には存在していない新花巻駅は通過しました。

Dscn0245_640

「やまびこ235号」は、12時2分に盛岡駅11番線に到着しました。到着後にマスコミの取材が行われているところを見ました。画像はNHKの取材のようです。

Dscn0237_640

いろいろな局が取材していたようです。IBCとは岩手放送(TBS系列)のことのようです。

Dscn0264_640

盛岡駅到着後の「やまびこ235号」です。たくさんの人々が撮影しているのが見えます。

Dscn0262_640

このあとK47編成は、仙台方に向けて回送されました。上り列車も設定があってもよかったのに・・・

Dscn0296_640

盛岡駅構内にある「30年前なつかしの写真」です。

Dscn0314_640

盛岡駅の駅舎の画像です。東北新幹線開業当時は新幹線の終着駅でしたが、東北新幹線全線開業後は、東北本線(在来線)の終着駅になっています。

200系K47編成は、まだしばらくは存続するものと思われます。

11月15日頃には、上越新幹線で記念列車が運転されることは十分に想像できます。

|

« 青春18きっぷ(平成24年夏季・冬季用)の発売について | トップページ | 「鉄道テーマ検定」の合否結果 »

コメント

はじめまして、
私は武州・大宮近郊に居住してる者です。
新幹線の暫定始発開業という最大のエポックのお陰で、大宮は全国いや全世界から注目が集まったので、大宮に生まれ育った私(前年の昭和56年に他方へ一時期引っ越ししてた為、大宮を離れてた)は、TVの報道特別番組を食い入る様に見てた記憶は未だ忘れる事できないです。
今回の東北新幹線開業30周年に関する各種イベントに関しても、私はあいにく仕事の関係で大宮を離れてた為、行く事出来なかったですが、大宮の発展の起爆剤となった新幹線効果による影響は、様々な所にもたらしたから嬉しい限りであります。
それでは、この辺で失礼します。

投稿: 宮オオ | 2012年7月 5日 (木) 20時27分

宮オオ様
コメントありがとうございました。
11月15日前後にも上越新幹線開業30周年関係のイベントがあるものと思われます。
お時間があればご参加等なさるのもよいと思います。

投稿: SZH | 2012年7月 5日 (木) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/45800953

この記事へのトラックバック一覧です: 「東北新幹線大宮駅開業30周年記念号」に乗車:

« 青春18きっぷ(平成24年夏季・冬季用)の発売について | トップページ | 「鉄道テーマ検定」の合否結果 »