« 平成24年3月JRダイヤ改正(その6) | トップページ | 「A列車で行こう」に乗車 »

2012年1月26日 (木)

「ホリデーパス」廃止へ・・・

JR東日本は特企券「休日おでかけパス」の発売を発表しました。

「休日おでかけパス」の利用期間は土休日を中心に設定されます。

Dscn9746_640_2

画像は、特企券「ホリデーパス」です。旧東京近郊区間をベースに比較的長い間発売されてきましたが、「休日おでかけパス」の発売開始に伴い、3月11日利用分をもって発売終了になります。

「休日おでかけパス」のフリー区間は「ホリデーパス」と比べて、以下の区間が拡大されます。

・東海道本線:平塚-小田原間

・八高線:高麗川-寄居間

・上越新幹線:熊谷-本庄早稲田間

・高崎線:熊谷-神保原間

・両毛線:小山-足利間

・東北本線:小山-自治医大間

・水戸線:小山-下館間

・内房線:木更津-君津間

・久留里線:木更津-上総亀山間

利用期間は3月17日以降の土休日と4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日のうちの1日間で、利用日の1箇月前から発売されます(利用当日発売も可能)。

フリー区間の若干の拡大に伴い、価格も若干高くなります(大人2600円、小児1300円)

発売箇所は、フリー区間内のJRの駅(窓口や券売機)等で発売されます(私鉄の駅、旅行会社では発売しません)。

特急列車等、料金が必要な列車に乗車する場合は、別途、相当する料金を支払うことで乗車可能になります。

従来の「ホリデーパス」と比べて損得はどうなるか・・・

|

« 平成24年3月JRダイヤ改正(その6) | トップページ | 「A列車で行こう」に乗車 »

コメント

利用価値ない区間延長でホリデーパスは事実上の値上げです。
せこいぞJR!この調子でzどんどん値上げだろう。反対だ!!

投稿: miko | 2012年4月 2日 (月) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/43884170

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホリデーパス」廃止へ・・・:

« 平成24年3月JRダイヤ改正(その6) | トップページ | 「A列車で行こう」に乗車 »