« 特急「ゆふいんの森」(キハ71)に乗車 | トップページ | ゆうちょSuicaキャンペーンに当選! »

2011年7月 5日 (火)

グランクラス(新幹線「はやぶさ」)に乗車

先日、東北新幹線「はやぶさ」に乗車しました。「はやぶさ」は3月5日から運転を開始した、東北新幹線の最速達列車です。

しかし、3月11日に発生した「東日本大震災」の影響でしばらくの間運休していましたが、4月29日から運転を再開しました。しかし、震災の影響による徐行区間が多々あるため、現時点では暫定ダイヤになっています。

現行の「はやぶさ」の時刻は以下のとおりです(555・550号は臨時列車で、現在運転していません)。なお、以下に表記してある駅のみ停車します(その他の駅は通過)。

501号(東京8:44→大宮9:08-09→仙台10:50-51→盛岡12:00-01→新青森12:49)

555号(東京9:32→大宮9:56-57→仙台11:50-55→盛岡13:04-05→新青森13:56)

505号(東京20:36→大宮21:01-02→仙台22:42)

502号(仙台6:26→大宮8:07-08→東京8:32)

550号(新青森15:14→盛岡16:06-07→仙台17:17-23→大宮19:19-20→東京19:44)

506号(新青森16:17→盛岡17:07-08→仙台18:17-19→大宮19:59-20:00→東京20:24)

Dscn4625_640_2

画像は、東京駅の新幹線の発車案内表示です。「はやぶさ555号」の表示が見えますが、個人的には、その次の団体列車(さくらんぼ東根行き)が目を引きます。

Dscn4635_640_2

9時20分に折返し8555B(はやぶさ555号)となる列車(9640B)が、新幹線総合車両センターから回送されてきました。

Dscn4642_640_2

人気のある車両のようで、早速撮影している老若男女がいました。

Dscn4650_640

別角度からの画像です。隣の東海道新幹線のホームから撮影している人がいます。

Dscn4651_640

10号車のロゴの画像です。「がんばろう日本!がんばろう東北!」の赤い表示が目を引きます。

Dscn4654_640_2

10号車の「グランクラス」のロゴ付近の画像です。ロゴはアルファベットの「G」をデザイン化しているようです。Granclassとは、JR東日本のプレスによれば、「フランス語で「大きな」という意味を表す「Gran」と英語の「Class」を組み合わせた造語。」と書いてありますが、「大きな」という意味のフランス語は「grand」です(「gran」ではありません)。日本在住で、フランス語が分かる人は、それほど多くはないのかもしれませんが、あまり(ネガティブな意味で)適当なことは言わない方がよいのではないでしょうか。

Dscn4637_640

画像は「はやぶさ」の普通車(指定席)の画像です。N700系新幹線のように、窓側の座席の下側には、電源コンセントを設置してあり、PCの作業や携帯電話の充電等を行うことが考慮されています。

Dscn4655_640

画像は「はやぶさ」のグリーン車の画像です。各座席でコンセントを使用することを前提とした設備が備わっています。

Dscn4658_640

「はやぶさ」の洗面台の画像です。左から「水せっけん」、「手洗い」、「乾燥」の機能になっていて、手をかざすと反応するようになっています。

Dscn4660_640

9号車のトイレの画像です。車体間ダンパーが設置されている関係で、他の車両よりも揺れの低減が実現した関係か、シャワートイレ方式になっています。

Dscn4663_640

ボタン部分の拡大画像です。新幹線ならではということなのだと思われます。在来線のトイレでシャワートイレ方式を採用しているのは、私が知る限り、E655系のみではないでしょうか(新在直通車両を除く)。

Dscn4736_640

10号車の「グランクラス」の車内です。右側の1人掛けがA席、左側の2人掛けがBC席です(C席が窓側)。

Dscn4607_640

「はやぶさ555号」の新幹線特急券・グリーン券です。英語表記の券ですが、「グランクラス」は日本語のままの表記になっています(「GranClass」という言葉が造語のため、外国人には通じないことが考慮されているのでしょうか?)。

なお、特急料金が5990円と表示されています。市販の時刻表では東京→新青森間の料金は7000円と書いてあり、グリーン車利用の場合の特急料金は、通常期の特急料金から510円を控除した金額となっているため、6490円のはずですが、現在は「はやぶさ」の特急料金は「はやて」などと同額の料金にしていますので、「はやて」の東京→新青森間の料金である6500円から510円を控除した金額である、5990円になっています。

グリーン料金が10000円になっているのは、「グランクラス」料金のためです。なお、右下にG05000と表記されているのは、通常のグリーン料金に5000円が加えられているということです。

JR東日本は、「グランクラス」の料金のうち5000円分を東日本大震災の被災者への義援金に充当することを発表しています。しかしこのことと「G05000」の表記とは直接関係ありません(「G05000」の表記は、震災前からありました)。

主な区間の「グランクラス」を利用した場合の運賃・料金は以下のとおりです(当分の間)。

東京-新青森:25860円(運賃9870円+料金15990円)

東京-盛岡:22330円(運賃8190円+料金14140円)

東京-仙台:19080円(運賃5780円+料金13300円)

東京-大宮:8530円(運賃540円+料金7990円)

仙台-新青森:19190円(運賃6090円+料金13100円)

大宮-新青森:24160円(運賃9870円+料金14290円)

なお、この列車に乗車するための乗車券はJR東日本パスを使用しました。

Dscn4831_640

「グランクラス」の1人掛けの画像です。

Dscn4668_640

「座席機能のご案内」について説明書きがしてあります(和文英文併記になっています)。

Dscn4665_640

「座席機能のご案内」の裏面の説明書きです。

Dscn4670_640

「カクテルトレイ」と案内上言っている部分の画像です。乗車後、アテンダント(専任のアテンダントのようで、グリーン車のアテンダントとは異なるようです)が、おしぼりを用意してきました。画像のように、紙おしぼりではなく、タオルになっています。

Dscn4671_640

「カクテルトレイ」を広げたところの画像です。

Dscn4674_640

「軽食」が用意されました。事前にアテンダントが「軽食と飲み物」の注文に来ていました。

飲み物は画像のように、紙コップではなく、専用のグラスに入れて用意してきました。

Dscn4678_640

軽食の材料等が書いてあります。

Dscn4679_640

「GC和軽食」です。「お品書き」がついていました。「グランクラス」利用者のみが無料(別払いなし)でいただけます。

Dscn4685_640

「GC和定食」ですが、洋定食も選択できます。なお、下り列車は青森の食材、上り列車は東京の食材を使用しているようです(季節によるメニューの変更もあるようです)。

Dscn4688_640

食事後、飲み物を追加注文しました。これも無料で飲むことができます。

Dscn4700_640

9号車寄りには、新聞を収納するラックがあり、各紙読むことができます(「グランクラス」専用の表示があります)。

Dscn4711_640

新幹線から見た、仙台市内の車窓です。あまり震災前と変わっていないように見えますが、一部の家屋の屋根には、青いビニールシートが見えます。

Dscn4707_640

これも仙台市内で見た車窓です。規格化された建物がいくつも見えます。震災前にはなかったように思われますが、仮設住宅なのでしょうか?

Dscn4718_640

仙台駅に到着です。駅の屋根の部分が修復されたあとが見えます。震災で駅部分がかなり損傷を受けましたが、よく復旧したものです。関係者はかなり尽力したのでしょう。

Dscn4725_640

仙台駅で5分停車しました(震災による徐行運転を考慮して、停車時間をとっているのではないかと推測できます)。ここでも先頭部の撮影をしている人が何人もいます。

Dscn4728_640

私も撮影しました。E5系の先頭部です。上りホームから撮影している人もいるようです。

Dscn4740_640

ダイニングテーブルを広げている画像です。

Dscn4741_640

これもダイニングテーブルを広げている画像ですが、テーブルがスライドしています。テーブルを前後にスライドし、任意の箇所で使用できるようになっています。

Dscn4744_640

コンセント部分の画像です。各席で使用できるようになっています。

Dscn4746_640

座席の脇には雑誌(TrainShop)やスリッパ(右側の赤い部分に収納されている)があります。

Dscn4821_640

「シートコントローラー」です。座席のリクライニング、座面の高低調整、フットレスト、レッグレストがあります。なお、真ん中左側に「アテンダントコールボタン」がありますが、誤って押してしまう位置にあるような感じがします(実際に誤って押しました)ので、「アテンダントコールボタン」は別の位置に用意した方がよいような気がします。

Dscn4795_640

座席右側にある「読書灯」です。指で押さえている部分を回すことで、電源を入れたり切ったりすることができます。

Dscn4768_640

飲み物を追加注文しました。

Dscn4770_640

煎餅も注文しました。亀田製菓のおつまみですが、「Granclass」のロゴが(シールで貼っているのではなく)印刷されていました。

Dscn4803_640

デッキ部分にある防犯カメラ(左側の黒い部分)および非常用ドアコックです。「非常時以外に理由なく扱うと、法律により罰せられ、損害賠償を請求されます。」と書いてあります。

Dscn4806_640

「車内のご案内」の表示です。「車内は、デッキ・トイレを含めすべて禁煙です。」と書いてあります。JR東日本管内の新幹線の車内には、喫煙スペースはありません(JR東海・西日本・九州など、他の新幹線所属の会社線内には、全席禁煙でも喫煙スペースが設置されている車両が存在します)。

Dscn4818_640

「グランクラス」の座席をリクライニングして、座面高さを調整し、フットレストを稼働させているところです。

Dscn4837_640

「グランクラス」の座席を正面側から見た画像です。

Dscn4827_640_2

ハットラックの部分の画像です。左側に毛布があり、真ん中に鏡があるようです。

Dscn4828_640_2

真ん中の鏡を拡大した画像です。底の部分は見ることができないため、忘れ物防止の観点から設置してあるものと思われます。

Dscn4844_640_2

新青森駅構内の売店の画像です。「復興応援コーナー」が設置されています。

Dscn4848_640_2

新青森駅構内に掲示されている案内です。

新青森・青森間を特急列車に乗車する場合、自由席を利用する場合に限り、特急料金不要の特例が設けられています。

なお、ここに書いてありませんが、新青森・青森間で「青春18きっぷ」・「北海道&東日本パス」を使用する場合は、上記特例が適用されませんのでご注意ください。

7月9日から東北新幹線の時刻が、震災徐行区間が縮小する関係で、時刻が変更になります(スピードアップします)。

それに伴い「はやぶさ」の時刻が以下のように変更します。

401号(東京8:12→大宮8:36-37→仙台9:57-59→盛岡10:54-55→新青森11:44)

403号(東京10:04→大宮10:28-29→仙台11:48-50→盛岡12:45-46→新青森13:34)

405号(東京21:36→大宮22:00-01→仙台23:20)

402号(仙台6:15→大宮7:35-36→東京8:00)

404号(新青森6:14→八戸6:37-38→盛岡7:08-12→仙台8:06-08→大宮9:27-28→東京9:52)

406号(新青森17:38→盛岡18:27-28→仙台19:22-24→大宮20:43-44→東京21:08)

なお、当面の間「はやぶさ」の特急料金は「はやて」・「やまびこ」等と同額になります。

そのため、「はやぶさ」の特急料金を市販のソフトやインターネット検索をする場合に、異なった料金が算出される場合がありますのでご注意ください。

|

« 特急「ゆふいんの森」(キハ71)に乗車 | トップページ | ゆうちょSuicaキャンペーンに当選! »

コメント

グランクラスは1等車ですか。グリーン車は2等車ですか。普通車は3等車ですか。
グランクラスがある車両が増えたらどうしますか。

投稿: アルイクス | 2011年11月 6日 (日) 21時48分

シャワートイレつきの鉄道車輛は国内ではE2系1000、1020番台のグリーン車にもあります。

投稿: ANJ | 2012年1月 1日 (日) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/40657972

この記事へのトラックバック一覧です: グランクラス(新幹線「はやぶさ」)に乗車:

« 特急「ゆふいんの森」(キハ71)に乗車 | トップページ | ゆうちょSuicaキャンペーンに当選! »