« 肥薩線「しんぺい」に乗車 | トップページ | 特急「ゆふいんの森」(キハ72)に乗車 »

2011年6月12日 (日)

JR東日本パス

先日、「JR東日本パス」を購入しました。

Dscn4911_640

「JR東日本パス」のパンフレットの表面の画像です。金額と発売期間・有効期間・フリー区間が掲載されています。

Dscn4912_640

パンフレットの裏面です。利用エリアや効力等が掲載されています。

Dscn4601_640

特企券「JR東日本パス」の画像です(マルス商品番号:22077)。

券面の(指定席発行回数印字欄)の下にスペースがあるのは、「指定券」を交付すると、このスペースに「★」マークが印字されるようになっているようです。

Dscn4602_640

特企券と同時に出力される「ご案内1」の画像です。特企券の効力が掲載されています。

Dscn4603_640

特企券と同時に出力される「ご案内2」の画像です。指定席の変更や払いもどし等について掲載されています。

Dscn4604_640

特企券と同時に出力される「ご案内3」の画像です。レンタカーについての案内が掲載されています。

Dscn4605_640

特企券と同時に出力される「アンケート」です。かつては特企券のアンケートを引き渡すと、抽選で商品がいただけるサービスがありましたが、最近はそのようなサービスもなくなっています。

JR東日本パスの効力は以下のとおりです。

発売額:10000円(小児用は5000円)

有効期間:6月11~20日と7月9~18日のうち1日(利用開始日当日限り有効)

発売期間;利用開始日の1箇月前から前日まで(当日発売はありません)。なお、前日までに特企券本体を購入すれば、指定券の交付は利用日当日でも可能です。

フリー区間:JR東日本・北越急行・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道

利用列車:各列車の普通車自由席(指定席利用の場合は後述)

普通車指定席利用の場合:2回まで無料で「指定券」が交付される(新幹線「はやぶさ」を含む)。3回目以降は、運賃のみ有効と見なし、該当する列車の指定席料金を支払うことで乗車可能

グリーン車・寝台車に乗車する場合:運賃のみ有効で、該当する列車の料金が必要(「グランクラス」の場合を含む)

全車指定席列車の場合:「指定席」を交付することで乗車可能(「立席」の場合も「指定券(立席)」が必要)。ただし、「はやて」・「はやぶさ」の盛岡~新青森相互間のみと「こまち」の盛岡~秋田相互間のみ乗車する場合は、立席に乗車可能と見なし、「指定券(立席)」の交付なしで、盛岡~新青森・秋田間に乗車可能(盛岡~新青森・秋田相互間の「指定券(立席)」交付の場合でも同様)。この区間では、一部を除き全車指定席の特急列車しかないための措置です。

指定券の変更:該当列車の発車時刻前であれば変更可能(回数制限なし)

利用開始日の変更:開始日の前日までであれば変更可能(当日の変更は不可)。

この規定は、特企券本体の変更は利用開始日の前日までという意味であって、確保した指定券の変更は、当日でも可能

払いもどし:手数料630円(「指定券」が交付されている場合は、該当列車の発車時刻までに払いもどす必要がある)

東京~仙台間は新幹線利用で10590円(通常期乗車の場合)、東京~新潟間は新幹線利用で10270円(通常期乗車の場合)になるため、片道でも元が取れる計算になりますので、日程が合えば、利用価値があるものと思われます。

なお、「指定券」の交付は早めにした方がよいものと思います(満席になる列車が、意外にあるようです)。

|

« 肥薩線「しんぺい」に乗車 | トップページ | 特急「ゆふいんの森」(キハ72)に乗車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/40372413

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本パス:

« 肥薩線「しんぺい」に乗車 | トップページ | 特急「ゆふいんの森」(キハ72)に乗車 »