« 特急「指宿のたまて箱」に乗車(指宿枕崎線に乗車(その3)) | トップページ | 鹿児島本線(川内-鹿児島中央間)の車両運用 »

2011年5月18日 (水)

旅名人の九州満喫きっぷ(平成23年度用)

JR九州は、本年度も「旅名人の九州満喫きっぷ」を発売しています。

Dscn4301_640

画像は「旅名人の九州満喫きっぷ」のパンフレットの表側です。金額(10500円)と乗車できる区間の地図が略図で出ています。

Dscn4300_640

「旅名人の九州満喫きっぷ」のパンフレットの裏側の画像です。乗車できる区間と案内等が記述されています。

Dscn0695_640

画像は「旅名人の九州満喫きっぷ」(マルス商品番号:19600)です。平成23年度用と券面に表示されています。

なお、「旅名人の九州満喫きっぷ(平成23年度用)」の効力等は以下のとおりです。

発売条件:年齢制限はありません

発売箇所:JR九州の駅、旅行センター、JR九州旅行支店および旅行会社(マルスまたはE-POS様式)

発売期間及び設定期間:平成23年4月1日~平成24年3月31日

発売額:10500円(小児同額)

乗車区間:九州内の「鉄道」に乗車可能(新幹線・博多南線、南阿蘇鉄道のトロッコ列車を除く)

乗車できる車両種別:普通列車の普通車自由席(西日本鉄道は特急列車にも乗車可能)

普通列車の普通車指定席に乗車する場合は、別に座席指定券を購入することで乗車可能(平成筑豊鉄道の門司港レトロ観光列車「潮風号」を含む)

「潮風号」の指定席券は、乗車当日に九州鉄道記念館駅および関門海峡めかり駅で発売(JR九州の駅等では「潮風号」の指定席券は発売しない)。なお、事前に「潮風号」の乗車券・指定席券を用意して乗車した場合であっても、運賃部分の払いもどしは不可

門司港レトロ観光列車が満席の場合、途中駅からの乗車は不可

1券片に付き3回(人)まで利用可能。1回(人)あたり、乗車当日に限り有効。

有効期間満了日(平成24年3月31日)までに3回分使用できればよいということのようです

乗車日が翌日にまたがる場合は、午前0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効

払いもどす場合、未使用で有効期間内(平成24年3月31日)までであれば、手数料210円を支払うことで払いもどし可能

なお、発券時に「アンケート」券が交付されます。これは、乗車行程や誘客効果を調査する目的のようです(次年度以降の発売の参考にするようです)。

JR九州に乗車可能ということは、下関-門司間も可能と解することができます。九州内とJR九州内では乗車区間が異なります(たとえば「周遊きっぷ」の九州ゾーンは下関-門司間はフリー区間ではありません)。

宮崎-宮崎空港間の普通列車のグリーン車に乗車する場合の規定は記述がありません(運賃のみ有効なのか、乗車券も必要なのかの記述がありません。「青春18きっぷ」の場合では運賃のみ有効と解釈できますが・・・)。

|

« 特急「指宿のたまて箱」に乗車(指宿枕崎線に乗車(その3)) | トップページ | 鹿児島本線(川内-鹿児島中央間)の車両運用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/40042062

この記事へのトラックバック一覧です: 旅名人の九州満喫きっぷ(平成23年度用):

« 特急「指宿のたまて箱」に乗車(指宿枕崎線に乗車(その3)) | トップページ | 鹿児島本線(川内-鹿児島中央間)の車両運用 »