« 「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」を購入 | トップページ | 紀勢本線に乗車(和歌山-新宮) »

2010年10月18日 (月)

紀勢本線に乗車(和歌山-和歌山市)

先日、鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷを使用して、紀勢本線に乗車しました。

紀勢本線は、亀山駅と和歌山市駅とを紀伊半島沿いに結ぶ路線で、昨年、全通50周年を迎えた路線です。

三重県部分はJR東海三重支店、和歌山県部分はJR西日本和歌山支社の管轄になっています。

もっと厳密に言えば、新宮駅下り場内信号機の付近に、JR東海とJR西日本の境界があり、和歌山市場内信号機の少し手前にJR西日本と南海電鉄との境界があるようです。

亀山駅から和歌山市駅へ向かうのが下りになるのですが、都合でJR西日本側から乗車することになりました。

Dsc08006_640

画像が和歌山市駅の駅舎です。この駅は南海電鉄所属の駅で、駅社員も南海電鉄の社員です。JR線はこの駅に乗り入れているという形になっています。本来の和歌山市内の中心駅ですが、次第にJR和歌山駅が中心になりつつあるようです。かつてJR和歌山駅は東和歌山と称していた時期があったことからも窺えます。

なお、JRの全線フリー乗車券類による和歌山市駅の乗降は問題なく可能です。

Dsc08014_640

JRホームは、和歌山市駅2番線のみです。券売機や自動改札機が見えますが、南海電鉄とJR西日本との乗り換え時の精算等のために設置されているようです。

Dsc07998_640

画像の右側にはPiTaPa(ICOCAと相互利用可能)などの交通系ICカードの出場処理のための簡易改札機が用意されています。

なお、JR線和歌山市-和歌山間はICカード類での乗車はできません

Dsc08000_640

交通系ICカード簡易改札機の画像です。ここでは南海電鉄線出場処理(及び精算)のために設置されています。JR線に乗車の場合には、自動券売機で乗車券を購入するか、事前に用意するかして乗車します。

Dsc07994_640

JRホーム側にある、南海電鉄入場用交通系ICカード簡易改札機です。

この改札機で南海電鉄和歌山市駅入場処理が行われます。

Dsc08017_640

和歌山市-和歌山間で使用されている105系です。この区間は全列車105系2両ワンマン運転が行われます。105系は3ドア車と4ドア車がありますが、3ドア車は新製車(一部同系列の先頭車改造あり)で、4ドア車は103系からの改造車(ほとんどの車両が元松戸電車区所属の常磐緩行線・地下鉄千代田線直通車両)になっています。

この区間は、1時間に1~2本くらいは列車がありますが、利用客はあまり多くありません

Dsc08021_640

和歌山市駅を発車すると、しばらくは南海本線と並行します(JR側は単線です)。

Dsc08022_640

この付近から南海電鉄の敷地内から離れ、南海本線と分かれて、高架線を走行します。

Dsc08025_640

紀和駅に到着します。ここは開業以来、昭和43年まで和歌山駅を名乗っていました。かつての市の中心駅のような存在でしたが、現在では市街地にあるにもかかわらず、1日の乗降客は70人ほどのようです。無人駅です(ICカード簡易改札機もありません)が、列車のドアは後の車両も開きます。ワンマン運転区間ですが、運転士は集札には関与しません。

Dsc08031_640

右に曲がり、阪和線の高架下をくぐり、和歌山線と合流すると、和歌山駅の場内に入ります。

Dsc08034_640

和歌山駅構内にもICOCAで乗車できない旨の掲示が出ていました。

Dsc07971_640

和歌山駅に停車中の和歌山市行きの列車です。

通常は、和歌山駅8番線から発着します。

私はこのあと、御坊行きの列車に乗り換えました。

|

« 「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」を購入 | トップページ | 紀勢本線に乗車(和歌山-新宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/37285862

この記事へのトラックバック一覧です: 紀勢本線に乗車(和歌山-和歌山市):

« 「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」を購入 | トップページ | 紀勢本線に乗車(和歌山-新宮) »