« 東北新幹線新青森開業後のダイヤ | トップページ | 平成22年12月JRダイヤ改正(その2) »

2010年9月24日 (金)

平成22年12月JRダイヤ改正(その1)

本日、JR東日本とJR北海道が12月4日ダイヤ改正の詳細を発表しました。

東北新幹線が全線開業するのに合わせてダイヤ改正が行われますが、基本的には、暫定的なダイヤ改正ではないかと思われます。来年3月12日から「はやぶさ」が運転されることが決定している関係であるものと思います。

「はやて」が八戸から新青森に延長運転されたかたちで設定されています。東京-新青森間は15往復設定されていますが、これは、現行の東京-八戸間の本数と同数です。

なお、最速時間は上りが3時間20分、下りが3時間23分です。

特急料金については、現行の「特定特急券」の設定区間が、盛岡-八戸間から、盛岡-新青森間に拡大します(「はやて」は従来通り、全車指定席)。

現在運転中の「スーパー白鳥」、「白鳥」については、運転区間が八戸・青森-函館間を、新青森・青森-函館間に変更になります。

12月4日以降の東京-函館間の接続は以下のようになります(始発と最終のみ掲載)。

下り

東京(6:28)-はやて11号-新青森(10:01乗り換え10:16)-スーパー白鳥11号-函館(10:01)

東京(15:56)-はやて33号-新青森(19:28乗り換え19:38)-スーパー白鳥33号-函館(21:41)

上り

函館(7:24)-スーパー白鳥20号-新青森(9:27乗り換え9:42)-はやて20号-東京(13:08)

函館(17:07)-スーパー白鳥42号-新青森(19:11乗り換え19:33)-はやて42号-東京(23:08)

特急料金については、新青森又は青森駅で新幹線と在来線特急列車を乗り継ぐときには、乗継割引が適用になります(寝台特急を除く)。なお、新青森-青森間の一駅のみを特急列車に乗車する場合は(自由席の場合に限り)特急券不要で乗車できるようにするようです。

Dsc03030_640

画像は特急「スーパー白鳥」です。12月4日以降は、定期列車はほとんど「スーパー白鳥」として運転されるようです。

Dsc02957_640

こちらは特急「白鳥」です。12月4日以降はについては、2往復のみになります(臨時列車として、さらに2往復運転されることがあるようです)。なお、789系に合わせて、方向転換してグリーン車の向きをそろえるようです。

夜行急行列車「はまなす」については、ほぼ現行通りの運転になるようです。

その他の列車については、後日・・・

|

« 東北新幹線新青森開業後のダイヤ | トップページ | 平成22年12月JRダイヤ改正(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/36909342

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年12月JRダイヤ改正(その1):

« 東北新幹線新青森開業後のダイヤ | トップページ | 平成22年12月JRダイヤ改正(その2) »