« RAILWAYS | トップページ | はまなすカーペット »

2010年5月27日 (木)

スリーデーパス

JR東日本は、「スリーデーパス」の発売を6月17日から発売することを発表しました。
「スリーデーパス」は従来の「三連休パス」にとって換わる、まがいものフリーきっぷのようです。
以下、効力等です。

発売価格:大人13000円、小児4000円
フリー区間:JR東日本、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、三陸鉄道、北越急行、富士急行、伊豆急行の各鉄道会社全線、及びJR北海道の中小国-函館及び木古内-江差間(木古内-江差間は「三連休パス」のフリー区間にはなかった部分です)。

利用期間は以下のとおりです。なお、「三連休パス」とは違い、利用開始日初日までは発売可能です(有効期間が平成22年7月17~19日の場合は、平成22年6月17日~7月17日までが発売期間になります)。

平成22年7月17~19日
平成22年9月18~20日
平成22年9月23~25日
平成22年9月24~26日
平成22年10月9~11日
平成22年11月20~22日
平成22年11月21~23日
平成22年12月23~25日
平成22年12月24~26日
平成23年1月8~10日
平成23年2月11~13日
平成23年3月19~21日

なお、特急列車等に乗車する場合は、(自由席乗車の場合を含めて)特急券等が別途必要になります。

たとえば、通常期に東京から函館まで往復する場合(「はやて」と「(スーパー)白鳥」との乗り継ぎで普通車指定席を利用)
通常の購入:35180円(東京都区内-函館間往復乗車券込み)
「スリーデーパス」と特急料金別途:27400円
「三連休パス」:26000円(「三連休パス」は今後発売しません)
となります。
計算上、「三連休パス」のときと比べて1400円値上げということになります。

7月17~19日に東京から八戸まで新幹線で往復する場合は
通常の購入:28820円(東京都区内-八戸間往復乗車券込み)
「スリーデーパス」と特急料金別途:25000円
「えきねっとトクだ値」:24560円(発売時間、枚数に制限があるようです。PCかケータイ、及び決済用のクレジットカードが必要です。ケータイで利用する場合は、一部制限があります)
となります。
計算上、この場合は「えきねっとトクだ値」が一番安いようです。

なお、払いもどしの場合、手数料は210円です。

JR東日本(に限りませんが)としても、売り上げが下がっている中で、金は取りたいということで、このような特企券を発売することにしたものと思いますが、多少なりとも(特急料金込みなど)安くして、利用促進を図り、乗車人員を増やした方が、結果的に売り上げ増になるような気がしますが・・・

 

|

« RAILWAYS | トップページ | はまなすカーペット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/34912439

この記事へのトラックバック一覧です: スリーデーパス:

« RAILWAYS | トップページ | はまなすカーペット »