« 「北陸」・「能登」廃止へ・・・ | トップページ | 「つばさ」&「つばさ」満喫の旅 »

2009年12月 8日 (火)

飯坂温泉に宿泊

先日、飯坂温泉に宿泊しました。

新幹線で大宮駅から福島駅まで乗車しました。

Dsc02314_640
画像は乗車した新幹線「つばさ」号のグリーン車です。400系取り替え用に増備された、E3系2000番台です。
JR東日本のグリーン車は4列シートで定着した感がありますが、在来線仕様の場合では、3列でもよいと思います。なお、グリーン席のC席はマルス発売をしていません。

Dsc02315_640
こちらはE3系2000番台の普通車の車内です。

Dsc02321_640
こちらはE3系2000番台の洋式トイレの画像です。

Dsc02320_640
よく見ると、温水洗浄便座(一般には、「ウォシュレット」や「シャワートイレ」といわれていますが、これらの名称は登録商標です)の設備が付いているのがわかります。在来線でも走行可能な車両で、温水洗浄便座が設置されているのは、ほかにはE655系くらいと思われます。

Dsc02342_640
E3系2000番台のグリーン車(E311-2005)の外観です。400系の置き換えで増備された車両で、400系はこの時点で1編成(L3編成)しか残っていません。

Dsc02371_640
福島駅の阿武隈急行及び福島交通のプラットホームです。改札も共通です。なお、JR線から乗り換えの場合は、連絡通路が設定されて、入口に簡易Suica改札機が設置されています。ちなみに、福島-飯坂温泉間の運賃は360円です。

Dsc02376_640
福島交通で使用されている7000系(元東急電鉄7000系の改造)です。なお、来年以降に東急1000系で置き換える話があるようです。

Dsc02428_640
福島交通7000系の車内です。東急電鉄時代とあまり変わっていません。なお、ワンマン運転ではなく、車掌が乗務しています。

Dsc02423_640
飯坂温泉駅の駅舎です。

Dsc02377_640
今回宿泊した部屋の画像です。美又温泉のときのように、昔ながらの宿という感じです。

Dsc02410_640
宿泊した宿にある、「源泉掛け流しの露天風呂」です。

Dsc02412_640
「露天風呂」の画像です。内湯もありましたが、私にとっては浸かるのが苦手なほど熱い風呂でしたが、露天風呂は多少ぬるいくらいでちょうどよかったと感じました。

Dsc02419_640
宿泊した宿の近くにある、公衆浴場です。時間がなかったため、入浴はしませんでした。
入浴料金は200円(大人)になっていました。なお、バリアフリーには対応していませんので、高齢者の方には、多少歩くのがきついと思われます。

Dsc02420_640
これも、宿泊した宿の近くにある足湯処です。昨今の景気低迷を反映しているのか(?)人通りがほとんどありませんでした。

翌日チェックアウト後に福島駅に戻り、団体列車に乗車しました。

 

|

« 「北陸」・「能登」廃止へ・・・ | トップページ | 「つばさ」&「つばさ」満喫の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/32538575

この記事へのトラックバック一覧です: 飯坂温泉に宿泊:

« 「北陸」・「能登」廃止へ・・・ | トップページ | 「つばさ」&「つばさ」満喫の旅 »