« 平成22年3月JRダイヤ改正(その2) | トップページ | ICいーカード »

2009年12月26日 (土)

平成22年3月JRダイヤ改正(その3)

JR旅客鉄道各社は平成22年3月13日(土曜日)に、ダイヤ改正を行うことを発表しました。

JR四国管内では、景気低迷と高速道路無料化等による収益減が旅客鉄道会社中でもっとも影響を被っていることを踏まえた変更になっているようで(その一部は9月1日に実施されています)、以下の内容になっています。

「いしづち33号」と「しおかぜ29号」を多度津-松山間で併結します。
「いしづち33号」の時刻変更に伴い、快速列車を設定し、「南風27号」への接続を確保します。
「南風6・23号」の中村-宿毛間を延長運転します。
「あしずり51号」と「南風8号」の須崎-高知間を廃止します。

牟岐線のホーム杠上完了により、1500・1200形の運転を拡大することにより、スピードアップをします。
ワンマン運転区間を拡大します(今回新たに、高松-多度津間の列車の一部もワンマン化します)。

Dsc02862_640
画像は、JR四国の電化区間(児島-宇多津間を除く)で見られる、7000系です。高松-多度津間にも数本が発着していますが、今回同区間で初めてワンマン運転を行います。なお、121系ではワンマン運転対応になっていないため、ワンマン運転を行うことはないようです。

8000系の2号車を(多客期を除き)欠車にします(利用者の減少に伴う措置と思われます)。
なお、改造された車両から、順次変更を行います。

JR九州管内では、平成23年の九州新幹線全面開業時に大規模なダイヤ改正を行う予定があるため、今回は時刻修正程度に留めるようです。

北部九州地域本社
筑豊本線・篠栗線始発列車から、吉塚駅で小倉方面の列車への接続を改善します。

長崎支社
早岐・喜々津駅の一部の列車の発着番線を変更します。

大分支社
「ソニック45号」から久大本線普通列車への接続を改善します。
現行の4624Mを2両から4両に変更します。

熊本支社
新八代駅での鹿児島本線と九州新幹線との接続を改善します。
「SL人吉」の白石駅時刻を見直します。

鹿児島支社
朝の吉松発鹿児島中央行きの列車の時刻を見直します。
「海幸山幸」の上り列車の時刻を見直し、日南海岸の景色を満喫できるように改善します。
「ドリームにちりん」(上り)の延岡駅停車時間を5分に拡大します(延岡駅での乗り過ごし防止対策のようです)。

新駅開業
新宮中央(しんぐうちゅうおう):鹿児島本線ししぶ~福工大前間:有人駅
神村学園前(かみむらがくえんまえ):鹿児島本線串木野~市来間:無人駅

|

« 平成22年3月JRダイヤ改正(その2) | トップページ | ICいーカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/32749491

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年3月JRダイヤ改正(その3):

« 平成22年3月JRダイヤ改正(その2) | トップページ | ICいーカード »