« 「つばさ」&「つばさ」満喫の旅 | トップページ | 平成22年3月JRダイヤ改正(その1) »

2009年12月14日 (月)

209系が京浜東北・根岸線から引退

平成5年から京浜東北・根岸線で運用されてきた209系が、平成22年1月24日をもって、京浜東北・根岸線から引退することになりました。
これに伴い、大宮支社や横浜支社ではイベントを行うようです

Ura70_640
209系の画像です。さいたま新都心駅開業を記念したヘッドマーク(というよりシール)が貼ってあります。

Ura81_640
209系500番台の画像です。車体幅が在来車よりも拡大し、収容スペースが若干広がった車両です。
元々は中央・総武緩行線に投入された車両ですが、浦和電車区(以下「宮ウラ」と表記)にも転属で投入されました。現在は宮ウラから撤退し、京葉線などで運用されています。

Ura120_640
こちらが、現在置き換え中(近日中に置き換え完了予定)のE233系1000番台です。
中央快速線で運用されている車両のモデルチェンジ車です。
平成19年12月22日より京浜東北・根岸線で営業運転が開始されました。

「使い捨て電車」や「走るんデス」などと揶揄されて来た車両もなくなるようで、JR東日本からすると、国鉄時代からある車両と、現行の最新車両の間にある、過渡期の車両なのでしょう。
しかし、平成生まれの車両がなくなるとは、時代の流れの速さを感じます。

 

|

« 「つばさ」&「つばさ」満喫の旅 | トップページ | 平成22年3月JRダイヤ改正(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/32611619

この記事へのトラックバック一覧です: 209系が京浜東北・根岸線から引退:

« 「つばさ」&「つばさ」満喫の旅 | トップページ | 平成22年3月JRダイヤ改正(その1) »