« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月22日 (火)

「オンリーワンの車両」に乗車

九州新幹線800系車両は今年度初めには6編成ありましたが、今年度は、全線開業をにらんでデザインを進化させた車両が増備されました。

Dsc09213_640
鹿児島中央駅に到着する九州新幹線U007編成です。今年度増備車から、若干デザイン等が変更されています。
JR九州によれば「九州にしかないオンリーワンのデザイン」と言っています。

Dsc09214_640
U007編成の1号車、821-1007です。検測機能が搭載可能な車両のため、1000番台としているようです。
以前の車両と違い、前照灯の形状及び先頭部側の赤帯に曲線が入っている(JR九州によれば、「つばめの飛行軌跡」をイメージしている)のが変更点です。

Dsc09220_640
U007編成の1号車と2号車の連結面の画像です。赤帯に曲線が入っていること及び「TSUBAME」のロゴが金色になっている(金箔をイメージ?)のが以前の車両との違いです。

Dsc09255_640
U007編成の6号車、822-1107の車内の画像です。
以前の車両との違いは、車内の情報案内表示が中央部にも設置され、車両後方からの視認性が向上していることです。

Dsc09256_640_2
車内の情報案内表示の部分の拡大画像です。

Dsc09250_640
U007編成の4号車、827-1107の座席の画像です。
以前の車両との違いは、色柄の変更と、座面を深く、リクライニングの角度を拡大しているようです。

Dsc09302_640
U007編成の4号車、827-1107の妻壁の画像です。金箔貼りにしています。

Dsc09269_640_2
川内新幹線車両センターの脇を通ると、新幹線800系と「フリーゲージトレイン」が見えます。

Dsc09283_640_2
新八代駅に到着した、新幹線U007編成です。

Dsc09631_640_2
九州新幹線の「熊本新幹線車両センター?」の建設現場です(在来線の宇土駅に近い)。

2011年には全線開業する予定の九州新幹線ですが、どのようなダイヤになるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

「クリスタルEXP」に乗車

先日、JR北海道のリゾート車両「クリスタルEXP」に乗車しました。

Dsc08618_640
「クリスタルEXP」に乗車するために使用した特急券です。
列車名に「フララベンEXP1号」とありますが、「フラノラベンダーEXP1号」です。マルス券の印字数に制限があるため、このような一見わかりにくい表記になっているものと思われます。

Dsc06250_640
札幌駅停車中の「フラノラベンダーEXP1号」(クリスタルEXP)です。

Dsc06253_640
「クリスタルEXP」の車内です(1号車)。回転リクライニングシートを装備し、モニターも装備され、モニターから前方の景色を見ることができます。

Dsc06255_640
1号車1番D席に着席して撮影した画像です。展望席は景色が広く見えますが、その一方で日差しが入りすぎるというデメリットもあります。夏は冷房がかかりますが、冬はもちろんかかりませんので、展望席は天気がよいと、真冬でも暑く感じます。

Dsc06225_640
クリスタルEXP車内にあるラウンジです。かつては喫煙所として使用されてきましたが、現在は全車禁煙になっています。

Dsc06248_640
3号車1階部分にある4人用個室です。かつては「グリーン個室」でしたが、現在は普通個室になっています。なお、車両は現在でも「キサロハ」のままです。

Dsc06326_640
3号車2階部分にある4人用ボックスシートです。「フラノラベンダーEXP」では自由席として利用されていました。

Dsc06325_640
4人用ボックスシートの別な画像です。一般の列車のボックスシートよりも幅が広くとってあります。テーブルも広げることができる構造になっています。

Dsc06273_640
展望席からいろいろな列車を見ることができます。
画像は789系1000番台です。L特急「スーパーカムイ」、快速「エアポート」等に使用されています。

Dsc06279_640
画像は785系です。L特急「スーパーカムイ」、「すずらん」、快速「エアポート」等に使用されています。
なお、快速「エアポート」に789系を使用するか、785系を使用するかは、共通運用のため決まっていません。

Dsc06272_640
画像は711系です。北海道電化時に導入された形式ですが老朽化による廃車が進み、現在は千歳線電化時に導入された100番台が残っています。現在も使用されている車両については、大半が冷房改造されています。
日中の運用は、ローカル運用が主体になっています(函館本線岩見沢-旭川間、室蘭本線室蘭-苫小牧間)。

Dsc06261_640
画像は721系です。JR北海道発足後に導入された形式です。3ドア(デッキ付き)転換クロスシートですが、後期に導入された車両はデッキなし、ドア横ロングシートに仕様変更されている車両もあります。

Dsc06268_640
画像は731系です。北海道の車両としては異例の、デッキなしロングシート車です。一部の列車は721系やキハ201系と併結する運用もあります。

Dsc06296_640
画像はキハ40系です。JR北海道発足後にワンマン改造された形式です。「快速ワンマン」で単行というところに、北海道のローカル線の現実があります。ローカル線の廃止がかなり進んだため、結果としてキハ40系以前の気動車はJR北海道では稼働していません。

Dsc06321_640
富良野駅に到着したところです。列車に向けて一礼をしているのは、駅長です。

Dsc06350_640
富良野駅の側線に留置してある「クリスタルEXP」です。3号車はダブルデッカーになっています。

Dsc06385_640
画像右側の車両は「ノースレインボーEXP」です。JR北海道最新(といっても今年で17年たちますが)のリゾート列車です。2本並んだところを撮影しました。

Dsc06349_640
終着駅富良野駅の駅舎です。有名な駅のためか、外国人が思ったよりも多いような気がしました。

「クリスタルEXP」もまもなく製造後20年になります。当面は廃車されることもないものと思われますが、一般の183系がある程度廃車になっている現状があるため(定期運用がないこともありますが)、機会があるうちに乗車されるのがよいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »