« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月11日 (土)

東急大井町線溝の口へ

平成21年7月11日(土曜日)、東急大井町線の二子玉川-溝の口間が延伸開業しました。
二子玉川-溝の口間は複々線化されることになり、東急田園都市線の混雑緩和が期待されます。
早速乗車しました。

Dsc04425_640
東急電鉄6000系の急行電車です。急行で大井町-溝の口間を19分で結びます(日中所要時間)。
左側の電車には「祝 延伸」のヘッドマークがついています。
なお、大井町-溝の口間の区間運転の電車は昭和41年まで存在していましたので、それ以来のことです。
大井町線の大井町-溝の口間の区間運転の電車ということであれば、昭和38年10月以来の復活ということになります。

二子玉川-溝の口間の略歴は以下のとおりです。
昭和2年7月15日:玉川電気鉄道溝ノ口線として開業(当時は玉川-溝ノ口間として開業)
昭和18年7月1日:東急大井町線に編入(大井町から直通電車と通すために改軌される。なお玉川駅は二子読売園駅に昭和15年に改称)
昭和38年10月11日:大井町線を田園都市線に改称(すでに二子読売園駅は、二子玉川を経て、二子玉川園駅に改称)
昭和41年1月20日:溝ノ口駅を溝の口駅に改称
昭和54年8月12日:二子玉川園-溝の口間の電車は、基本的に新玉川線(昭和52年開業)直通に運転系統を変更(大井町-二子玉川園間は大井町線に改称)
平成12年8月6日:二子玉川園駅を二子玉川駅に改称(同日、新玉川線を田園都市線に編入)
平成21年7月11日:大井町線の二子玉川-溝の口間延伸開業(大井町線は大井町-溝の口間になる)

大井町線の列車種別は、急行と各停ですが、各停が2種類できることになりました。

Dsc04471_640
上記画像のように、各停を緑色で表示してあるものは、二子新地・高津の両駅を通過する電車です(以後「G各」と表記します)。各駅停車であるにも関わらず、通過駅があるというのはおかしいような気もしますが、二子新地・高津両駅の配線と、線路容量、運転間隔を勘案して設置されたものと思われます。

Dsc04489_640
上記画像のように、各停を青色で表示してあるものは、二子新地・高津の両駅を含め各駅に停車する電車です(以後「B各」と表記します)。「B各」の電車は日中の各駅停車の半数と、鷺沼発着の電車に(急行を除く)使用されるようです。なお、二子玉川始終着の列車は早朝の上りと深夜の下り列車1往復のみになります。

Dsc04411_640
下り「G各」の先頭から撮影した二子玉川発車直後の画像です。左側のLED表示が「G」と表示されています。
なお、複々線部分は外側が田園都市線、内側が大井町線の列車が走行するのが原則ですが、「B各」の電車は、二子玉川発車後に外側の線路に転線します。

Dsc04413_640
二子新地駅を通過するところです。ホームは田園都市線側にしかありません。なお、田園都市線の電車は、二子新地・高津両駅を通過する列車でも、ホームのある側を通過します。

Dsc04415_640
高津駅を通過するところです。ホームは田園都市線側にしかありません。なお、高津駅を出たところに、外側線から内側線への渡り線があります。

Dsc04416_640
高津駅を出たところの渡り線の部分です。渡り線は「B各」の電車が通ります。

Dsc04417_640
溝の口駅到着直前の画像です。乗車している電車は2番線に到着します。なお、田園都市線の上り列車は4番線しか使用しません。

Dsc04428_640
溝の口駅の梶が谷側にある引き上げ線です。後方に見える隧道の直前で、田園都市線の線路とつながっていますが、日中の列車はそのような列車はありませんので、引き上げ線として使用されています。

Dsc04468_640
溝の口駅で撮影した大井町線の8500系(左側)と8090系(右側)です。右側の8090系は、東横線の急行として導入された車両ですが、現在では大井町線で使用されています。なお、前面に延伸記念のシールが貼ってあります。

Dsc04482_640
延伸記念のシールの拡大画像です。

Dsc04463_640
溝の口駅構内にある発車案内表示です。2番線の案内がありませんが、大井町線到着用のホームのため、表示がありません。なお、1番線の案内で種別の左側に「1」とわざわざLED表示されているのは、大井町線からの直通電車(鷺沼行きなど)がある際には、2番線から発車するためと思われます。

Dsc04610_640
二子新地駅を通過する田園都市線の急行電車です。先ほど指摘したように、田園都市線の電車は二子新地・高津両駅を通過するかどうかにかかわらず、ホームのある側を使用します。そのため、二子新地・高津両駅での
乗降には、通過列車および(特に上り列車は)行き先に注意する必要があります。

Dsc04549_640
高津駅を通過する大井町線「G各」です。

Dsc04575_640
高津駅に到着する大井町線「B各」です。渡り線を使用しているのがわかります。

Dsc04564_640
高津駅で撮影した大井町線上下列車(「B各」)です。

Dsc04629_640
溝の口発車直前の列車の運転台の画像です。右側のLED表示に「B各」と表示されています。

Dsc04639_640
溝の口発車直後の画像です。「B」の表示が見えるとおり、「B各」の列車です。

Dsc04642_640
大井町線「B各」が高津駅に到着するところです。渡り線を使用しているのがわかります。

Dsc04658_640
大井町線「B各」の二子玉川駅到着しようとするところです。「3」の表示のとおり、渡り線を使用して、大井町線側のホームに到着します。

Dsc04600_640
画像は田園都市線の5000系6ドア車です。右側の車両も6ドア車で、この編成には6ドア車が3両連結されています。6ドア車が1つの編成に3両ついているのは、本家(?)のJR東日本でも存在しません。現在JR東日本では6ドア車を製造していませんので(6ドア車は基本的になくす方向のようです)、東急田園都市線のみに6ドア車が新製されています。

大井町線の延伸開業で、田園都市線の混雑緩和がどうなるか、13日(延伸開業後、最初の平日)の旅客の動向が注目されます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 5日 (日)

モバイルSuica会員登録

本日より、PHS事業者のWillcomがモバイルSuicaサービスを開始しました。
早速、モバイルSuicaの会員登録を行いました。

Dsc04177_640
「おサイフケータイ一覧」をあけると、画像のような表示が現れます。
モバイルSuicaスタートキャンペーンについてはこちら

Dsc04179_640
5番目に「モバイルSuica」の項目があり、これを選択します。

Dsc04180_640
キャンペーン情報の記述が現れ、下の方へスクロールすると・・・

Dsc04181_640
「アプリをダウンロードして会員登録」を選択すると・・・

Dsc04194_640
会員登録の画面が出てきます。ここで、モバイルSuicaの種類等の注意書きがあるため、よく読みながらスクロールしていくと・・・

Dsc04195_640
上記画面が現れます。WillcomのモバイルSuicaでは、一部の機能が現時点で使用できないものがあることがわかります。最下段にある「アプリをダウンロードして会員登録」を選択すると・・・

Dsc04200_640
「モバイルSuicaセットアップ」の画面が現れます。「モバイルSuicaアプリダウンロード」を選択すると、ダウンロードの確認画面が現れます。その下にある「通信料の目安はこちら」を選択しても、Willcomの料金プランが表示されるのみで、「アプリのダウンロード」の費用が表示されるわけではありません。

Dsc04202_640
確認画面です。「情報」を選択すると、アプリ名、作成会社、バージョン等が表示されます。「はい」を選択すると、ダウンロードが開始されます。

Dsc04207_640
1分くらいで、上記画面が表示されます。「はい」を選択すると・・・

Dsc04208_640
上記画像が表示され・・・

Dsc04210_640
データ処理中の画面になります。約1分後に・・・

Dsc04211_640
モバイルSuica初期設定の説明文が表示されます。スクロールしていくと・・・

Dsc04212_640
下の方に、会員登録あるいはログインの選択メニューが現れます。なお、PHS上での操作が難しい場合は、PC上で、仮会員登録を事前に行うこともできます。私はあえて、PHS上で作業を続けました。

Dsc04216_640
会員登録の画面が現れます。クレジットカード情報を登録するモバイルSuica会員と、クレジットカード情報を入れないEASYモバイルSuica会員が選択できます。

Dsc04217_640
クレジットカード情報を登録すると、モバイルSuicaのすべての機能が使用できます。年会費は1000円かかりますが、VIEWカードを登録した場合は当面の間、年会費は無料になります。

Dsc04218_640
クレジットカード情報を登録しない場合は、モバイルSuicaの一部の機能が使用できます。「利用不可サービス」はクレジットカードからの決済になる関係で、クレジットカード情報を登録しない場合は、「利用不可サービス」が出てくるということになります。なお、EASYモバイルSuicaの場合は、年会費は無料です。

Dsc04219_640
会員登録入力画面です。氏名、生年月日を入力します。

Dsc04220_640
携帯電話アドレス等を入力します。

Dsc04221_640
クレジットカード情報を入力します。

Dsc04232_640
セキュリティーコードによる認証を行います。

Dsc04234_640
これで仮会員登録が完了しましたが、初期設定はまだ続きます。
ここで、カードタイプのSuica定期券を所持している場合は、モバイルSuica定期券に切り替えることも可能です。
なお、切り替えた場合は、所持していたSuica定期券は使用できなくなります。使用できなくなったSuica定期券は翌日以降に、Suicaエリア内のみどりの窓口に返却するとデポジット分(500円)が返金されます。

Dsc04239_640
すべての操作が終了すると、「Suicaの設定処理」が行われ、数分後に・・・

Dsc04240_640
「初期設定が完了しました」の画面が出て、初期設定が終了します。
このときに、登録した携帯メールアドレスに(My JR-EASTにも登録してある場合はPCのメールアドレスにも)、
「モバイルSuica」にご登録いただきありがとうございました。
というメールが送られます。
そこで「Suicaポイントクラブ」への入会が勧められます。
なお、EASYモバイルSuica会員であっても、「Suicaポイントクラブ」への入会は可能です(ポイント交換に一部制限があります)。

Dsc04243_640
改めてモバイルSuicaアプリを起動させると、上記画像が現れます。当然のことながら、Suica残額は0円のため、ここでチャージを行うことにしました。そのため、上記画面で2(SF電子マネー)を選択しました。

Dsc04245_640
すると、上記画像が現れます。2~5のいずれを選択しても、上記画像が現れます。なお、6の「エクスプレス予約(JR東海)」はWillcomのモバイルSuicaでは、現時点で対応していません。

Dsc04248_640
パスワードを入力し、「SF電子マネー」で入金(チャージ)を選択すると、上記画像が現れます。
ここで5000円をチャージするため入金(チャージ)額の欄に5000と入れると・・・

Dsc04250_640
確認画面が現れます。クレジットカード登録をしたため、1を選択すると・・・

Dsc04252_640
データ処理中の画面が表示され、1分ほど待ちます。

Dsc04256_640
「入金(チャージ)が完了しました。」の表示が現れます。

Dsc04257_640
メニューに戻ると、Suica残額が5000円と表示されています。

これでモバイルSuicaが使用できるようになりました。

後日、Suicaグリーン券やモバイルSuica特急券を使用する予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 4日 (土)

国鉄色復活(千葉支社)

JR東日本千葉支社幕張車両センター(以下、千マリと表記します)所属車両で、国鉄時代に製造された車両のうち、復活塗装された車両が登場しました。
一つは、久留里線で運用されているキハ3098(千マリ)で、もう一つは、千マリ117編成(4両編成)です。

いずれの車両にも乗車してきました。

Dsc04175_640
木更津駅で配布していた乗車記念証(?)です。

Dsc04105_640
木更津駅で販売していた「復活記念弁当」です。

Dsc04106_640
「復活記念弁当」の中身です。

Dsc04107_640
「復活記念弁当」のおしながきです。

Dsc04033_640
幕張車両センター木更津派出から出てきた、キハ3098(昭和41年日本車輌製造)です。後方に、久留里線所属車両が止まっているのが見えます。

Dsc04036_640
別角度から撮影した、キハ3098です。この列車は臨時列車として運転されました。
下りが9921D、上りが9922Dです。

Dsc04049_640
横田駅に到着直前の9921Dの車内から撮影した画像です。木更津-久留里間で列車交換ができる駅は、横田駅のみです。この駅で、932Dと交換しました。

Dsc04057_640
運転台にあるタブレットです。久留里線は、現在でもタブレット閉塞が行われている、全国的にも珍しい路線になっています。

Dsc04072_640
久留里駅停車中のキハ3098です。この駅で折り返し、9922Dとして運転します。

Dsc04080_640
運転台に見える、タブレットと業務用携帯電話がミスマッチのように感じられます。

Dsc04090_640
9922Dも横田駅で下り列車と交換しました。左側の列車は931Dです。

Dsc04096_640
登場して40年以上たちますが、細かい改良は施されているようで、優先席付近の吊り手が首都圏の他の路線と同様に、オレンジ色に変わっています。

Dsc04110_640
久留里線乗車後、千葉駅に戻り、撮影をしました。画像は房総ローカルで運用中の211系(左側の列車:千マリ406編成)と113系(右側の列車:千マリ203編成)です。

Dsc04125_640
画像は八街駅で撮影した、千マリ406編成と、千マリ117編成です。この千マリ117編成が、スカ色から湘南色に塗り替えられました。なお、千マリ117編成は、かつて国府津車両センター(横コツ)所属で、東海道本線等で長らく運用されてきた車両編成を組み替えて誕生しました。
塗り替えたのは、113系の置き換えも時間の問題となっているからでしょうか。

Dsc04140_640
千マリ113系湘南色は後ろ側にスカ色の車両を連結していました。湘南色の方に「千マリ」と入っているのがわかると思います。

Dsc04162_640
千葉駅で撮影した、113系湘南色とスカ色の並びです。

あと若干数、かつての塗装で走る車両が出るようです。
もうそれほど遠くないと想像される113系、キハ30系などの撤退の前に、何度か乗車してみたいと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »