« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

みどりの窓口廃止(八王子支社管内)

JR東日本八王子支社管内で、本日をもってみどりの窓口の営業が終了する駅が5つあります。5つとも行ってきました。

Dsc03731_640_3
上記画像は四方津駅の入場券です。マルス端末はMEMです。

Dsc03676_640
四方津駅の窓口と改札口です。簡易Suica改札機が設置されていました。

Dsc03671_640
四方津駅の自動券売機です。窓口が廃止されますが、指定席券売機(MV)は設置されないようです。

Dsc03736_640
四方津駅にあった「ご案内」です。旅客にとっては不便になるようですが、救済措置は執られるのでしょうか?

Dsc03733_640
上記画像は鳥沢駅の入場券です。マルス端末はMEMです。

Dsc03657_640
鳥沢駅の窓口及び自動券売機です。窓口が廃止されますが、ここも指定席券売機(MV)は設置されないようです。

Dsc03653_640
鳥沢駅に掲示されていた「ご案内」です。

Dsc03648_640
鳥沢駅の通路にあった掲示です。サービスダウン後、今後はどのような「サービス」に努めるのでしょうか?

Dsc03732_640
上記画像は猿橋駅の入場券です。マルス端末はMEMです。

Dsc03664_640
猿橋駅の窓口及び自動券売機の画像です。窓口が廃止されますが、ここも指定席券売機(MV)は設置されないようです。すでに「みどりの窓口」の掲示のところは、「券売機をご利用下さい」と書いた紙が貼ってあります。

Dsc03665_640
拡大画像です。「みどりの窓口」の掲示の箇所に紙が貼ってあるのがわかります。

Dsc03734_640
上記画像は南多摩駅の入場券です。マルス端末はMEMです。

Dsc03695_640
南多摩駅に掲示されていた「ご案内」です。

Dsc03694_640
南多摩駅の自動券売機です。窓口は廃止されますが、MVが設置されており、代替措置は最小限はとられているようです。

Dsc03735_640
上記画像は北府中駅の入場券です。マルス端末はMEMです。

Dsc03698_640
北府中駅の窓口及び自動券売機です。窓口は廃止されますが、MVが設置されており、代替措置は最小限はとられているようです。

Dsc03696_640
北府中駅に掲示されていた「ご案内」です。とういうわけか、窓口廃止は、「便利でオトクなお知らせ」の箇所に貼ってあります。
一連のJR東日本の窓口廃止の施策は「便利でオトク」と考えているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

今でも現役!国鉄車両

先月、北陸本線に乗車しました。

Dsc01292_640
敦賀駅に停車中の253M(3両編成)の画像です。

編成は以下のとおりです。


直江津
クモハ419-3(昭和43年近畿車輛製造・昭和60年盛岡工場改造)
モハ418-3(昭和43年近畿車輛製造・昭和60年盛岡工場改造)
クハ418-3(昭和45年日立製作所製造・昭和60年松任工場改造)
敦賀

Dsc01296_640
モハ418-3の車内の画像です。網棚の斜め上方に、寝台が格納されていたという構造が見てとれます。当時の国鉄の財政事情から、あまりかっこよいデザインではないようです。
なお、種車で存在した年数よりも、改造後の年数の方が長くなっています。おそらく、北陸新幹線金沢駅開業までは、使用されるものと思われます。

Dsc01297_640
福井駅停車中の253Mの画像です(左側の列車)。このあと、列車番号を371Mに変更して、直江津行きになります。なお、福井駅では、いったん列車から降りる必要はありません。事実上、敦賀発直江津行きの列車ということになります。

Dsc01320_640
翌日、東富山駅から乗車した535Mです。このアングルから撮影すると、今時のバリアフリーの設備のある列車とは時代が違うように感じられます(プラットホームと列車の底面にも高さの差が出ています)。

Dsc01346_640
糸魚川駅停車中の535M~539Mです。かつての国鉄急行列車を再現した外部塗装になっています。この列車の編成は以下のとおりです。


直江津
クモハ475-46(昭和42年汽車會社製造)
モハ474-46(昭和42年汽車會社製造)
クハ455-60(昭和42年汽車會社製造)
富山

Dsc01351_640
クハ455-60の車内の画像です。かつての急行列車ですが、デッキ付近は、吊り手設置及びロングシート化が行われています。

Dsc01352_640
クハ455-60の座席の画像です。近郊型の座席と違い、窓側にも肘掛けが設置されています。窓側には製造当初から、テーブルが設置され、その下には・・・

Dsc01354_640
「センヌキ」が設置されています。現在、使用する人は皆無と思われますが、昭和40年代中頃までは、ビールやジュース等の飲料は、ビンが一般的であったため、このようなものが設置されていました。

Dsc01356_640
洗面所の画像です。現在普及されているような自動水栓ではなく、時代を感じさせます。

Dsc01357_640
くずもの入れの画像です。「国鉄」の文字が今でも見ることができます。

Dsc01366_640
製造銘板の画像です。「日本国有鉄道」の銘板が見えます。

Dsc01369_640
バリアフリーなど想定されていない頃に製造された車両でしたが、数年前から「配慮した」表示がなされるようになりました。日本語の表示に、英・中・韓の各言語の表記が入っています。

この車両も製造後40年以上経過していますが、北陸新幹線金沢駅開業までは、使用されるものと思われます。前述の419系とは違い、他の型式とも併結できるため、新幹線金沢駅開業以降も、場合によっては、若干数が生き残る可能性もあり得ます。

北陸本線の普通列車に乗車すると、「国鉄」を今でも感じさせます。昭和レトロを体感するのも、たまにはよいのではないでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »